« 本日より正式オープン! | トップページ | 電子情報ボードメーカー7社のご紹介 »

2005年12月 1日 (木)

先進IT活用教育シンポジウムin宮城

CEC5176財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)主催の「先進IT活用教育シンポジウムin宮城」が仙台市情報・産業プラザで開催されました。参加者は380名というアナウンスがありました。
e-黒板(電子情報ボード)関連を中心に報告します。

1.全体会 ご挨拶・事業説明

2.基調講演:「ポスト2005年のIT活用教育と子どもの学び」
CEC5169講師:聖心女子大学教授 永野和男氏
これからの学力として、「基礎的な知識・技術(知見の伝承)」「論理的な思考」「グローバルな視点」「コミュニケーション(人に伝える・人から学ぶ)」「情報の活用(情報をクリエートできる・道具を使いこなす)」「他人への配慮、自己への気づき」の6点を挙げられた。 (基調講演の概要は別記事で掲載

3.全体会 提案授業「普通教室の中でITを効果的に活用した教科の学習」
(1)気軽なIT活用で子どもたちに力をつける
(2)中学校社会科の授業でITの活用を加えた指導の報告

4.分科会 事例発表1
(1)新聞データベース活用
(2)宮城IT教育推進事業プロジェクト発表
 宮城県教育研修センターの成瀬啓主任指導主事がプロジェクト趣旨説明を行った。
CEC5188平成17年度「学力向上プロジェクト」の概要
《e-黒板活用 実践検証》
目的:普通教室での学力向上に資するIT活用授業の一つの形としてe-黒板を活用した実践検証を深めることと、
e-黒板を活用した事例を、みやぎIT教育ポータルサイトに蓄積し、IT活用の普及・啓発を図ることである。

宮城県IT活用実践コンクールの最優秀実践事例が表彰された
CEC5193◎小学校部門:角田市立角田小学校
◎中学校部門:塩竃市立玉川中学校
◎高等学校部門:宮城県石巻商業高等学校
◎特殊教育諸学校部門:宮城県立石巻養護学校
(3)確かな学力をはぐくむ交流学習の一試み
(4)課題研究におけるITを活用した異校種間連携
(5) ITを用いたコミュニケーション力の育成
(6)確かな学力を向上させる学校と家庭を結ぶネットワーク

5.分科会2
(1)数学的な見方や考え方を育むためのIT活用
(2)デジタルコンテンツを活用した授業実践
(3)伝え合う力を育むためのメディアの活用
(4)このIT活用が学力を伸ばす
(5)相手を思いやる心をはぐくむ情報教育
(6)小規模校における総合的な学習の時間のモデル開発
(7)聾学校間のインターネットを活用した共同実験による数学学習

6.分科会 ワークショック
(1)ワークショップ1
 「日本にふれよう」ものづくりを中心とした総合的な学習
(2)ワークショップ2
 ペイントソフトで手軽に表現力育成
(3) ワークショップ3
 携帯電話を活用した情報モラル授業作り
(4)ワークショップ4
 プレゼンテーションソフトで教材作成
(5)ワークショップ5
CEC5199「e-黒板で教材作成」
南三陸町立歌津中学校教諭三浦伸敏氏と石巻市立蛇田小学校教諭大西守氏が
「実践事例」の発表をし、「e-黒板とは」を解説した。
三浦教諭の説明:
◇e-黒板の特徴
 ・生徒の顔を見ながら、黒板の面でコンピュータを操作しながら、教師の目線で授業ができる。
 ・動画やアニメーションなどの「動き」を使って発表ができる
 ・教科書をスキャンして表示し、それに「書き込み」や「アンダーラインを引くこと」ができる
 ・画面を「保存」することができる。次の時間にその画面を呼び出すことができるので前の時間の「振り返り」が簡単にできる
大西教諭の説明:
◇e-黒板にできること
 ・画面で操作できる
 ・児童・生徒と顔を合わせて授業ができる
 ・アプリケーションの切り替えができる
 ・板書を保存し、いつでも再表示できる
 ・表現や処理の仕方を繰り返し提示できる
 ・拡大できる
その後、二人の先生が講師となってワークショップに参加した先生方に「e-黒板で教材作成」を指導した。
(6)ワークショップ6
 新聞データベース活用

7.全体会 パネルディスカッション
テーマ:「子どもの学びを豊かにするIT教育のあり方」
コーディネータ:宮城教育大学教授 鵜川義弘氏
パネリスト:宮城大学助手 田代久美氏、宮城県教育研修センター情報教育班 高橋琢哉氏 、宮城県小牛田農林高等学校校長 佐々木修規氏、仙台市立七北田中学校教諭 津谷泰公氏、仙台インターネット推進研究会運営委員長 男澤亨氏

8.併設)教育関係団体・企業展示
CEC5151CEC5216パイオニアが電子情報ボードの展示をしていた。光村図書ではデジタル教科書のデモを電子情報ボードを使って行っていた。

9.情報交換会
 発表者の先生方を中心に約70名が参加した。企業からの参加は少なかった。

10.その他
 来年3月3日(金)4日(土)に東京ファッションタウンで成果発表会開催。
 来年度のCEC主催地域シンポジウムは、和歌山県と高知県が予定されているというお知らせがあった。


|

« 本日より正式オープン! | トップページ | 電子情報ボードメーカー7社のご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先進IT活用教育シンポジウムin宮城:

« 本日より正式オープン! | トップページ | 電子情報ボードメーカー7社のご紹介 »