« e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 | トップページ | 電子情報ボードとG-TaKで分かる授業:「ぐんま教育フェスタ」 »

2006年1月26日 (木)

電子情報ボードの活用による『わかる授業』の実現

tokyoui6tokyoui7本日、東京都教職員研修センターで「平成17年度情報教育担当指導主事連絡協議会(第2回)」が開催されました。
私はその中で、「電子情報ボードの活用による『わかる授業』の実現」というお話をしました。

第一部は情報モラル教育がテーマで、
(1)情報モラル教育にかかわる資料提供について
(2)講演「ケータイ安全教室に学ぶ情報モラル教育の推進」
(3)区市等における情報モラル教育の実践報告(江戸川区、日野市)
が実施されました。

tokyoui0第二部は文部科学省・東京都教育委員会「IT活用促進キャンペーン」で、
(1)文部科学省初等中等教育局参事官(産業教育・情報教育担当) 嶋貫和男氏のご挨拶
(2)総務省情報通信政策局情報通信利用促進課長 上原仁氏のお話
に続いて、私(関)が、
(3)電子情報ボードの活用による「わかる授業」の実現
というテーマでお話をしました。

嶋貫参事官は、私のお話の時、来賓席から私の目の前の席に移られて、熱心に聴いてくださいました。
上原課長は、プログラム終了後、「電子黒板はいいですね。わたしもこういうのがあればいいのにと常々思っていました」「メールマガジンを発行されているそうですが、私も読みたいです」と言ってくれました。

文部科学省の参事官と総務省の課長に、そして東京都の区市の情報担当指導主事に直接、電子情報ボードをアピールすることができてよかったと思います。
これが少しでも普及につながることを祈っています。


|

« e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 | トップページ | 電子情報ボードとG-TaKで分かる授業:「ぐんま教育フェスタ」 »

コメント

嶋貫参事官、上原課長が直接電子情報ボードの話を聞き、関心を持っていただけたのですね。関さん、よかったですね!
”電子情報ボードを使うと勉強が楽しくなり成績も上がる”ということを、もっともっと多くの先生方に知ってもらいたいですね。
一緒にがんばりましょう!

投稿: 大輪彰一 | 2006年1月27日 (金) 16時18分

大輪さん(日本電子情報ボード普及協議会会長):ブログへのコメントありがとうございました。
これからも「日本の教育のために」、そして「子どもたちの未来のために」、電子情報ボード(電子黒板)の普及に務めたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: 関 幸一 | 2006年1月28日 (土) 23時51分

日本における「電子黒板」の普及が遅々として進まぬ中、英国についでメキシコでは国のリーダーシップのもとで「電子黒板」の導入が着々と進んでいます。すでに120,761台がメキシコ全国の学校の普通教室に導入されました。Enciclomediaというプロジェクト名で2006年5月までに計画の146,000教室への、「電子黒板」、コンピュータ、プロジェクタ、コンピュータ用スピーカー、UPS、コンピュータ用机、プリンター等の導入が完成する予定です。国のこのプロジェクトへの予算規模はなんと総額US$1.8Billionです。日本円で2,160億円以上です。詳しくは以下のサイトをご参照ください。http://www2.smarttech.com/st/en-US/About+Us/Press+Room/Press+Releases/2006+Press+Releases.htm?guid={0BDDE3F5-FB30-4673-9EE1-4DE42FC7DC9E} 

投稿: 針生 文樹 | 2006年2月 4日 (土) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子情報ボードの活用による『わかる授業』の実現:

« e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 | トップページ | 電子情報ボードとG-TaKで分かる授業:「ぐんま教育フェスタ」 »