« 【イベントのお知らせ】清水康敬先生の出版記念パーティ | トップページ | 私の学校では電子黒板とデジタル教科書の活用を日常化することができました!(上原先生からのメール) »

2007年1月26日 (金)

清水康敬先生の「電子黒板で授業が変わる」の本、出版記念パーティ

Simizu82今日は内田洋行潮見オフィスで、清水康敬先生の執筆・編集による「電子黒板で授業が変わる」という本の出版記念イベントがありました。
超多忙の中、全編執筆&編集された清水先生の情熱とご努力には頭がさがります。そして、18名の事例執筆者のみなさんと電子情報ボードのスペックなどをまとめられた各メーカーの方の総力も結集されているわけですから、とても感慨深いものがあります。
この本は、CEC時代に’e-黒板研究会’(委員長が清水先生)を実施した2年間と、2年前の3月のCEC成果発表会のe-黒板分科会終了後に清水先生から、「電子情報ボードのさらなる普及に向けて本(市販本)を書きたい」と言われてから昨年10月の出版まで、ほぼ1年半かかったわけです。私にとっても、いわば4年間の集大成と言えます。

Simizu24Simizu27今日は、CECの’e-黒板研究会’を引き継いだ形のJAPET第4プロジェクトが主催という形で開催されました。約50名の方が集まってくださいました。ありがとうございました。
第1部は、
Simizu02Simizu13_1(1)本日、東京国際交流館で開催された「文部科学省委託事業成果発表フォーラム「ICTを活用した教育効果の検証結果の報告」の要約

(2)「教育の情報化に関する最近の動き」と題した清水先生のミニ講演です。

Simizu92冒頭に、清水先生から直筆サイン入りの本「電子黒板で授業が変わる」が参加者全員に、直々に手渡されました。

来年度の文部科学省予算の解説もしてくださいました。
-----------------------

Simizu10「学校教育情報化推進総合プラン」
◆先導的教育情報化推進プログラム:536百万円
 ICT教育の実施の支援
 学校の先進的なICT環境の整備の支援
 教員のICT指導力の向上の支援
 校務の情報化の支援
◆教育の情報化促進のための調査研究事業:47百万円
◆ICT人材育成プロジェクト:51百万円
◆情報モラル教育のための調査研究:37百万円
◇教育情報化対策(地方財政処置):1500億円
-------------------------------------------
が目玉だそうです。特に「先導的教育情報化推進プログラム」(536百万円)は、「14テーマで3年間の継続プロジェクト。1つのテーマで10校程度を含むプロジェクトが望ましい」ともおっしゃっていました。

Simizu29Simizu58第2部は、出版を祝う立食形式のパーティです。
JAPET会長の坂元昂先生からのお祝いの言葉もあり、和やかに進行していきました。
CECの’e-黒板研究会’で委員をされていた岡山の平松校長もご挨拶されました。
いずれも日本の「教育の情報化」を推進されている方ばかりです。
私も懐かしい人々にたくさんお会いすることができました。

本の実践事例執筆をされた先生方も多く参加されました。
鐘淵中学校の市倉茂雄先生や群馬の上原永護先生、葛飾の神田哲雄先生、そしてつくば市の毛利靖先生です。
Simizu40横浜の佐藤幸江先生は急に参加できなくなったということで、清水先生に花束を送ってくださいました。内田洋行の女性が代わりに花束贈呈をされました。その花束には佐藤先生のメッセージがしたためられていました。

「素敵な本に仕上がり、おめでとうございます」とありました。
simizu50 

|

« 【イベントのお知らせ】清水康敬先生の出版記念パーティ | トップページ | 私の学校では電子黒板とデジタル教科書の活用を日常化することができました!(上原先生からのメール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水康敬先生の「電子黒板で授業が変わる」の本、出版記念パーティ:

« 【イベントのお知らせ】清水康敬先生の出版記念パーティ | トップページ | 私の学校では電子黒板とデジタル教科書の活用を日常化することができました!(上原先生からのメール) »