« 【インタビュー】堀田龍也先生に聞く:電子黒板のメリットとは? | トップページ | 【学校訪問】日の出町立大久野中学校研修会で講師 »

2007年6月27日 (水)

【学校訪問】墨田区立文花中学校の校内研修会

Bunka037今日は渡部校長にご案内をいただいたので、墨田区立文花中学校の校内研修会に参加しました。渡部校長はあのNHK’おはよう日本’電子黒板特集で生中継(2005年11月18日)をした時の鐘淵中学校の校長先生でもありました。

◇研究授業:14:00~14:50
Bunka018今日の研究授業は、中野真理教諭による国語科『相手を意識して伝えよう「わかりやすく話す」』です。3年4組の生徒は6つの班に分かれていました。最初は各班の「発表練習」、そして中野先生による「評価方法の説明」、「発表方法」の説明がありました。そして、6つの班の内、今日は2つの班が発表しました。

◇研究協議:15:00~15:45
Bunka022先生方と企業からの参加者による研究協議がありました。

私は、「発表をすること(プレゼンテーション)は社会人にとっても一つの重要な技能(スキル)である。今日の授業の評価項目である関心・意欲・態度という観点では、’授業に積極的に参加すること’という点では充分に達成できていた。また、’話すときに、聞きやすい話し方をしている’という観点では、『本番では緊張するので、もっと練習すればいい発表ができた』『声が小さかった』『操作をしっかり確認しておけばよかった』などの’気づき’が得られたことは大きな成果であったので、そういう意味でとてもいい授業だったと思う。」と感想を述べました。

◇講義&ディスカッション:15:45~16:30
Bunka020Bunka026講師:光村図書 黒川弘一氏、中川珠貴氏
「国語科におけるICTの効果的な活用をめぐって ~デジタル教科書と電子黒板を活用して~」

デジタル教科書による授業改善
・生徒とのコミュニケーション力がアップ
・学習情報の共有化で分かる授業が実現
・教材の視覚化により理解力がアップ
・学年を超えた活用により系統性を意識した学習が可能に
・授業準備の効率化と教材研究の活性化

最後に・・・
・はじめに授業(デザイン)ありき
・教科書を立体的に活用できます
・ぜひ、先生方の創意工夫でお使いください


◆その他:
電子黒板(スマートボード)の提供&協力:日本スマートテクノロジーズ)針生社長

渡部校長は、学校を変わられてもリーダーシップを大いに発揮されて、ICT活用においても中学校における最先端の実践に挑戦されている様子を垣間見ることができました。
(頑張ってください。応援しています。)

|

« 【インタビュー】堀田龍也先生に聞く:電子黒板のメリットとは? | トップページ | 【学校訪問】日の出町立大久野中学校研修会で講師 »

コメント

先日、あるところで渡部校長に会い一度文化中に行ってみたいとお伝えしました。今回の研究発表は良い機会でしたがあいにく都合がつかず、拝見することが出来ませんでした。関さんの報告では良い成果を挙げている様子です。次の機会には是非授業の様子を拝見しに伺います。

投稿: 大輪彰一 | 2007年6月27日 (水) 23時52分

大輪さん:
関です。
コメントありがとうございます。文花中学校は渡部校長のリーダーシップにより、すべての先生が電子黒板の活用に挑戦しつつあります。いろいろなメーカーの電子黒板が導入されており、JEIBAのみなさんのさらなるご協力が期待されます。よろしくお願いします。

投稿: 関 幸一 | 2007年6月28日 (木) 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【学校訪問】墨田区立文花中学校の校内研修会:

« 【インタビュー】堀田龍也先生に聞く:電子黒板のメリットとは? | トップページ | 【学校訪問】日の出町立大久野中学校研修会で講師 »