2008年11月27日 (木)

【おすすめサイト】でじたる教室日記

ブログ「でじたる教室日記」は、(社)日本教育工学振興会のICT教育利用研究開発委員会の第3プロジェクト「提示用ICT機器とデジタル教科書などのデジタルコンテンツの有効活用事例の調査研究プロジェクト」が、この度新しく立ち上げたブログです。

このブログ「でじたる教室日記」を通じて、電子情報ボードとデジタル教科書等の普及促進を図っていくこととなりました。
先生方の日々の授業に役立つようにと、プロジェクトのメンバー社が協力し、企画、制作しているブログです。
ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

光ヶ丘中学校の「e-黒板等活用の様子」

愛知県小牧市立光ヶ丘中学校の玉置崇校長から、同校の「e-黒板等活用の様子」がまとめて紹介されているページをお知らせいただきました。玉置校長の了解を得て、ご案内させていただきます。
後藤真一さんの「授業レポート」と、多くの写真とともに掲載されています。

ぜひ、ご覧ください。
・ http://www1.odn.ne.jp/~cjs00760/index.html
・ パスワード hikari1122
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

電子情報ボードの検証(多田小学校のブログ)

佐野市立多田小学校の金井信夫先生から、「多田小学校ブログ上の電子情報ボードの検証の記事がリニューアルされています。」とのご連絡をいただきました。
フロント型・リア型・一体型のすべてを日常的に活用されていて、それらの機器の特徴が写真付で説明されています。
電子情報ボードだけでなく、提示装置やスキャナなどの周辺装置も検証・紹介されているので、今後電子情報ボードを活用しようとしている先生方にたいへん参考になると思います。是非、ご覧ください。

50V型プラズマ電子情報ボード:EPD-C504A(Pioneer製)、インタラクティブユニット:eB-3(内田洋行製)、リア型プロジェクターインタラクティブユニット付、TG-520RC(内田洋行製)などが「メーカへのリンク付き」で紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

電子情報ボードメーカー7社のご紹介

JEIBAに参加している電子情報ボードメーカー7社は以下の通りです。
(企業名をクリックしてください。各社のホームページにリンクしています。五十音順)

内田洋行
コクヨS&T
日本スマートテクノロジーズ
パイオニアソリューションズ
パナソニック コミュニケーションズ
日立ソフトウェアエンジニアリング
プラスビジョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

「情報教育実践者Blogめぐり」

情報教育実践者BlogめぐりというWebサイトを見つけました。最近、毎日のようにめぐっています。
どなたが作られたのでしょうか?

中でも私のお勧めは、
「自主研究グループ」
熊本県情報教育研究会  熊本県情報教育研究会のblog

「大学研究者」
イナガキタダシのdiary  稲垣@東北学院大学さんのblog
メディアと教育を考える  メディア教育開発センター 堀田龍也先生のblog
中川一史のひとりごと  金沢大学 中川一史先生のblog
木原俊行@大阪市立大学です  大阪市立大学 木原俊行先生のblog

「学校現場」
yamachin . com  山脇@鳥取さんのblog
教育工房 あいでぃあ・るーむ  中川@徳島さんのHP
授業研究空間  前田@熊本さんのblog(授業日記)

「教育委員会・センター」
kodaman's Diary  児玉@宮崎市教育情報研修センターさんのblog
堀博文のポートフォリオ  堀@丹波市教育委員会のblog
です。

「その他」として
そよ風  関@富士通さんのblog
が唯一紹介されているのは、なぜかうれしいです。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

堀田先生が英国レポート発信中!

私はほとんど毎日、堀田龍也先生のブログを読んでいます。

堀田龍也先生のロンドンレポートを読むと、素晴らしいですね!
IWB(電子黒板)の活用状況や教育技術省が出す資料の卓越性についても書かれています。

> 今回視察した小学校には,"普通に"教室にITがあった。ほぼ全学級に,天井吊り下げのプロジェクタと,インタラクティブボード。ボード上をタッチして動かす機能も,ボード上に手書きをしてPCに取り込む機能などを,子どもも先生もどんどん使っていた。
> 日本では,文部科学省から出される出版物はおよそオシャレとはいえないデザインだが,諸外国に来ると,これらがとてもきれいに,「読んでみたくなる」ようにデザインされていることを感じる。

堀田先生の情報発信力・表現力、そして影響力。
これで、さらに日本も変わっていくのではないかとの期待感を抱いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)