« 多摩動物公園見所八選 | トップページ | 「解決思考で学校が変わる」赤堀侃司教授 »

2005年8月15日 (月)

「わくわく授業」でe-黒板活用

昨日、NHK教育TVの「わくわく授業」 自然に力がつく“音読パワー” ~藤井弘之先生の英語~を見ました。あの陰山校長のいらっしゃる尾道市立土堂小学校の藤井弘之先生は、「音読」による英語教育に取り組んでいます。声に出し英文を丁寧に読むことを繰り返して、英語を音から学んでいこうという取り組みでした。
この授業では、しっかりe-黒板(電子黒板)が活用されていました。音読する単語や語句を示したり、ネイティブスピーカーの音声出力を指示するなどの場面で、e-黒板はとても効果的でした。
e-黒板の普及には、このように教具が前面にでないでさりげない裏方に徹した方がいいですね。きっと。

関連サイト:e-黒板研究会HP 土堂小学校(陰山校長)訪問報告

|

« 多摩動物公園見所八選 | トップページ | 「解決思考で学校が変わる」赤堀侃司教授 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わくわく授業」でe-黒板活用:

« 多摩動物公園見所八選 | トップページ | 「解決思考で学校が変わる」赤堀侃司教授 »