« 坪田耕三先生の「『なぜ』に培うハンズオン・マス」 | トップページ | もんじゃ »

2005年8月21日 (日)

陰山英男校長の「解決!学力低下問題」

ryomou752005両毛教育祭【第7回でき学セミナーinぐんま】講演録(4)
日時:2005年8月20日14:10~15:15
場所:群馬県太田市民会館
講師:陰山英男氏(尾道市立土堂小学校校長、中央教育審議会義務教育特別部会臨時委員)
「間違いだらけの学力向上」「落ちているのは学力だけではない」「社会の夜型化が最大の原因」。その解決策は「早寝・早起き・朝ごはん、家族の対話」「読み書き計算、音読」。そして、『学力テストの成績を上げるために学校でもできる裏わざ・力わざ』公開。

◆「間違いだらけの学力向上」
今言われている学力低下問題で、正しいのはどれでしょう。
・日本の子どもの学力低下は深刻だ
・東大は裕福層でないと合格するのは難しい
・ゆとり教育で、学力は低下した
・夜遅くまで受験勉強しないと学力は向上しない
・子どもの知能はそう簡単に伸びない
・昔の子どもはゆとりがあった
  ・・・
実は、これらはすべてウソ(間違い)です。考え方がトンチンカンなんです。
たとえば、最近では東大合格者は、地方出身者が増加しており、低所得層の家庭からの合格者が急増している。
東大HP・広報・新入生のアンケート結果 家庭の状況:参照】

◆「落ちているのは学力だけではない」
2003年の調査結果を国は「もはや世界のトップではない」と表現している。
「家庭の教育力(家庭での学習時間)」や「TVの視聴時間」が世界最低水準であり、「子どものお手伝い」世界平均の半分以下であることを考慮すると、この学力は深刻ではない。「崖に落ちていく一歩手前」といえる。
落ちているのは学力だけではない。50m走は、20年前に比べて、10年前は受験時(15歳・18歳)で落ちていても19歳で回復していたが、現在は、落ちたままで回復しないまま大人になっている。体力も落ちているし、心もすさんでおり気力も落ちている。
(詳しいデータは、9月17日号の文藝春秋に掲載されるそうだ)

学力低下よりも12万にとも言われている不登校の急増が深刻な問題。昭和41年から10倍に増えている。校内暴力も平成7~8年から急増している。

◆「社会の夜型化が最大の原因」
昭和60年から問題は始まった。社会的背景として、「昭和57年:ファミコン」「昭和63年:ドラクエ発売」等があり、子どもたちの睡眠不足の進行が始まった。

◆「早寝・早起き・朝ごはん、家庭の協力」
「寝る子は育つ」と言われるが、平均睡眠時間と国語・算数の点数の相関関係の調査がある。27,000人を対象に実施された調査である。

睡眠 4 5 6 7  8 9 10時間~
ーーーーーーーーーーーーー
国語 52 62 66 70 71 70 65
算数 53 64 70 74 74 74 68

朝食で「ご飯食」「パン食」「たべない」という子どもの成績との相関関係を調べた調査もある。「朝御飯」を食べている子どもの成績が有意に高いこともわかってきている。一食あたりの摂取食品量が学習成績および教科学力テスト偏差値に関係しているようだ。

「学力向上とは、子どもを元気にすること」と考え土堂小学校の挑戦が始まった。
家庭の協力も得て、「早寝・早起き・朝ごはん」を実践し、基礎学力向上においても具体的な成果が得られてた。「基礎学力向上は一年で十分」である。「改革はスピードが命」
成功の要因は、朝型に切り替えることである。朝が早いと夜も早い。朝食は御飯が多い。家族に対話がある。「読み書き計算」「音読」が脳を活性化する。

◆『裏わざ・力わざ』
学力テストの成績を上げるために学校でできる『裏わざ・力わざ』(ノウハウ)を公開する。

◎モジュール授業の実践
 ⇒宿題はプリントで出す
◎ペーパーテストの学力低下
 ⇒忘れさせないための宿題
◎子どもは忘れる天才
 ⇒漢字力は学力 漢字の前倒し学習
◎つまずきを見抜く眼力
 ⇒徹底した個別指導
◎テストを受ける技術指導
 ⇒受験テクニックも生きる力。小学校段階でも指導すべき

|

« 坪田耕三先生の「『なぜ』に培うハンズオン・マス」 | トップページ | もんじゃ »

コメント

実は、最近小学生向けの勉強まんがブログをたちあげたものですから、教育界の情報はきになっております。このような、現状のリアルタイムな分析情報を知ることができてとても参考になります。
自分にもこどもがうまれて自分ができることはないかと思い、はじめたことで、自分の子どもに限らず生きていくために学び、考え、そして行動するきっかけとなるようになればと思っています。
これからも、こういったホットな情報をぜひ書いて下さい。

投稿: キム | 2005年8月21日 (日) 23時39分

関様、ご参加有り難うございました。
次回は、来年8月に仙台開催です。
どなたがご登壇されるか、今から楽しみです!

投稿: 塚田直樹 | 2005年8月22日 (月) 11時00分

久しぶりの算数をみました。関さん有難う。
2時間の通勤ま大変でしょうが私の知っている人は清水から新大阪まで通っています。時間は3時間ですが、距離が大変。
今年11月の同期会では宜しく。

投稿: 渡部 孟 | 2005年8月22日 (月) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰山英男校長の「解決!学力低下問題」:

« 坪田耕三先生の「『なぜ』に培うハンズオン・マス」 | トップページ | もんじゃ »