« 川崎工場の白鷺(?) | トップページ | 第4回「宮島サロン」:座禅草の不思議 »

2005年11月26日 (土)

ゆみちゃん日記(その6):「効率の悪いパン屋さん」編

今日は土曜日です。久しぶりに午前中からゆみちゃんが遊びに来ました。
「おさんぽ、行こうか?」と私。風は冷たそうですが、日差しは暖かそうです。
「とくちゃん、行こうか?」とゆみちゃん。

tokuta84とくちゃんとは「トクタロウ」という近所のパン屋さんです。パンはとても美味しいのですが、いつも行列ができていて、いつも食べたいパンが品切れで、それになんといってもパンを選んだり、お金を払ったりするシステムの効率が悪く、いつもイライラするので私はそのお店にあまりいい印象を持っていません。

tokuta87お店に着くと、やっぱり10人ほどの人が行列をつくっています。お店の中にも5人ほどの人が待っています。
でも、みんな楽しそうです。おしゃべりをしながら順番を待っている人、大きな包みにパンをいっぱい抱えて帰る人、みんなニコニコしています。「ゆみちゃん、こんにちは。きょうは、おじちゃんといっしょでいいね。」と声がかかります。ゆみちゃんも「ママがね。ごようなの」「おねえちゃんがね。ピアノのレッスンなの」「パパがかえってきたら、おでかけするの。」と話が弾んでいるようです。やっとお店の中にはいれました。
ここのお店のシステムは問題があります。まず、店主らしいのですが、上品な話し振りの老婦人がお客の注文を聞いてパンを袋に詰めていきます。その袋を覗きながら会計係りが金額を計算します。
そして最後にレジ係がお金を受取り精算します。とにかく、時間がかかるので効率が悪いのです。

tokuta86でも、顔をしかめているのは、私だけのようです。「ゆみちゃん、きょうは何にしますか。ミルクパンはいくついりますか。」とおばあさん。
「おじちゃんとおばちゃんとひでくん、パパとママとおねえちゃんとゆみ。」
「それじゃあ7つですね」とおばあさんがミルクパンを7つ袋にいれました。
お店は家族全員で働いているそうです。だから、日曜日と祝日はお休み。奥でパンを焼いているお兄さんがときどき焼きたてのパンを持って出てきます。
「ゆみちゃん、ブルーベリーのパンはいかが?できたてだよ」と声をかけます。ゆみちゃんはそのパンを覗き込んで「1つください」と注文します。レジの横にゆみちゃん大好物の「りんごジュースの瓶詰め」があります。「おじちゃん、ジュースかってもいい?」とゆみちゃん。「いいよ」というと、にっこり笑いました。

土曜日のお昼前、わくわくしながら列に並び、焼きたてのパンの匂いをかぎながら「どれにしようかな」とじっくり迷い、たとえ効率は悪くても家族全員がそれぞれの役割をもって生き生きと働いているのを見ることができるお店。こんな素敵なパン屋さんをゆみちゃんは好きなのです。そして、なによりも「おいしい!」。

私もこんな「効率の悪いパン屋さん」のファンになりました。

(つづく)

|

« 川崎工場の白鷺(?) | トップページ | 第4回「宮島サロン」:座禅草の不思議 »

コメント

久しぶりにトクタロウにいきました。6年前の場所からは引越ししたのですが、まだ団地から歩いていけるところにあります。
あいかわらず効率の悪さはかわっていませんでしたが、パンのおいしさと人気も変わっていませんでした。私はミルククリームパンを一つだけ買いました。とてもおいしかったです!

投稿: 関 幸一 | 2005年11月26日 (土) 16時02分

目の回るように忙しい毎日。久しぶりに関さんのそよ風に吹かれに来ました。効率の悪いパン屋さんのお話。とっても素敵ですね。日本は,高度成長期に効率のよさばかりを追い求めた結果,心のコミュニケーションまで忘れてしまたかのように感じます。こんなやりとりをしながら,しかもおいしいパンが買えるなんて,ゆみちゃんは幸せですね。私もゆみちゃんのおかげで,ちょっぴり幸せな気分で出勤ですそうです。(^^)

投稿: さとうゆきえ | 2005年12月 2日 (金) 05時51分

さとうゆきえ様:
出勤前の慌しい時間に、コメントをいただきとてもうれしいです。(^_^)

子どもたちをめぐる「困った事件」の多い昨今、「ゆみちゃん」日記も変な目で見られてしまうのは残念なのですが、私はあえて発信しています。

この日記は、私自身のコメントもありますように、6~7年前に書いたエッセイ(?)です。
写真だけは、ブログのためにその都度撮影しています。
写真ではなく、イラスト入りで自費出版するのが私の「夢」でもあります。

子どもたちに教えられることは多いですね。
自然の素晴らしさ、人の素晴らしさ、人生の素晴らしさを気づかせてくれます。

コメント、本当にありがとうございました。とても勇気付けられました。
これからもよろしくお願いします。

 仙台のホテルにて(関)

投稿: 関 幸一 | 2005年12月 2日 (金) 06時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆみちゃん日記(その6):「効率の悪いパン屋さん」編:

« 川崎工場の白鷺(?) | トップページ | 第4回「宮島サロン」:座禅草の不思議 »