« 三木市立教育センター訪問 | トップページ | 多摩動物公園の年末・年始 »

2005年12月17日 (土)

「タブレットPC」のセミナご案内

「世界最小・最軽量コンバーチブル型タブレットPC」のセミナご案内です。

日本の教育の情報化も「教員一人一台パソコン」に向けて動き始めました。教員向けパソコンは「タブレットPC」が最適だと私は考えています。
また、土堂小学校の陰山校長は、「タブレットPC+手書き電子教材」こそ学力向上につながるとおっしゃっています。

タブレットPCは国内外において受発注や在庫照会、接客業務、検針業務、医療電子カルテ、教育用途など幅広いシーンで活用されています。
海外では、学習ソリューションを提供する有数企業である米国のThomson Learningにおいて、電子カタログによるセールス業務や受発注業務などに活用されています。また、シンガポールのCrescent Girls' Schoolにおいては、教育用パソコンとして活用されています。
今後日本でも、教員用パソコンとして、また、児童・生徒の学習用パソコンとしての活用が大いに期待されます。

FMVP8210新発売の「FMV-P8210」は、ペン入力が可能なコンバーチブル型タブレットPCで、コンバーチブル型でありながら、軽さ約990gを実現しています。

(参加希望者は、当日会場にお越しください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<セミナー概要>>
・日時:2005年12月21日(水) 14:00~17:00
・場所:富士通(株)汐留本社 汐留シティセンタービル6階 ユーザフォーラム
・申し込み締切日:12月20日(火)
・セミナー内容 :
 - タブレットPC製品と事例のご紹介
 - タブレットPC製品の開発のこだわりご紹介
 - マイクロソフトのモバイル戦略と活用事例(マイクロソフト)
 - タッチ & トライ(実機展示)

<<関連情報>>
・『FMV-P8210』のプレスリリース
・マイクロソフトのTablet PC Editionホームページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« 三木市立教育センター訪問 | トップページ | 多摩動物公園の年末・年始 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「タブレットPC」のセミナご案内:

« 三木市立教育センター訪問 | トップページ | 多摩動物公園の年末・年始 »