« 多摩動物公園の年末・年始 | トップページ | 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 »

2005年12月21日 (水)

「世界最小・最軽量コンバーチブル型タブレットPC」のセミナ

TPC5403本日、「世界最小・最軽量コンバーチブル型タブレットPC」のセミナに参加しましたので報告します。

参加者は70名程度でしたが、直前に私からお声をかけた、小泉先生、上田さん、島田さん、そして高田さんも参加してくれました。ありがたいことです。

タブレットPCは、国が2010年を目標にしている「教員一人一台パソコン」にも最適なパソコンであるだけでなく、富士通研究所の「手書き文字認識技術」を組み込んだモデルは、「児童・生徒一人一台の学習用パソコン」としても大きな可能性を秘めていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TPC5409<<セミナー概要>>
・日時:2005年12月21日(水) 14:00~17:00
・場所:富士通(株)汐留本社 汐留シティセンタービル6階 ユーザフォーラム
・セミナー内容 :
TPC5407 - タブレットPC製品と事例のご紹介
 - タブレットPC製品の開発のこだわりご紹介
 - マイクロソフトのモバイル戦略と活用事例(マイクロソフト)
 - タッチ & トライ(実機展示)

<<関連情報>>
・『FMV-P8210』のプレスリリース
・マイクロソフトのTablet PC Editionホームページ


|

« 多摩動物公園の年末・年始 | トップページ | 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世界最小・最軽量コンバーチブル型タブレットPC」のセミナ:

« 多摩動物公園の年末・年始 | トップページ | 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 »