« 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 | トップページ | e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 »

2005年12月23日 (金)

ブログ「タブレットPC教育利用研究会」を開設しました

本日、ブログ「タブレットPC教育利用研究会」を開設しました。
FMVP8210「タブレットPC教育利用研究会」は、タブレットPCの「教育や学習のために、適切にかつ効果的に活用する方法の研究」とそれを普及させることを目的として活動していきます。
興味・関心のある方は、コメント、リンク、トラックバック等で自由に参加ください。

|

« 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 | トップページ | e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 »

コメント

NHKで取り上げられた電子黒板ですが、その後もNHKの番組で活用されていますね。天気予報がそうです。棒で低気圧のアイコンを選び、日本地図の上にポンとやるとマークされたり、その低気圧マークをなぞると動いたり。先日は一般の番組で、パネル(専門用語ではなんとかというもの)の代わりに使われていました。多くの番組で解説用にパネルを使っていますが、これが電子黒板だと、動きや変化を入れられるので、よりわかりやすい提示ができると思いました。学校でも同じですね。某民放でも、新聞記事の解説番組で使っていて、移動、拡大、切り替えなどを瞬時に行っていますね。すばらしいと思って見ています。

投稿: こうへい父 | 2005年12月24日 (土) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ「タブレットPC教育利用研究会」を開設しました:

« 「一番大切なことを、一番大切にする」:横田英毅氏講演 | トップページ | e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究 »