« MicrosoftがCeBIT 2006で「ライフスタイルPC」の戦略を発表(3月9日) | トップページ | だんちの桜だより »

2006年3月16日 (木)

ゆみちゃん日記(その8):「子どもの城で遊ぶ」編

Kodomo02 今日は、ゆみちゃんとお姉さんのみほちゃんと妻と私の4人で、「子どもの城」に行きました。渋谷まで電車で約30分。宮益坂を登り切ったところを、左の青山一丁目方面に少し歩くと、青山劇場などがある「子どもの城」です。
 お目当ては、歌のおねえさんといっしょに歌えるミュージックフェスティバルです。

 午後1時開始なので、それまで1階の食堂でお昼ご飯を食べることにしました。
みほちゃんは「お子様ランチ」、ゆみちゃんは「きつねうどん」、妻は「親子どんぶり」、私は「ハヤシライス」を注文しました。ゆみちゃんは小さいときからお箸の使い方が上手です。どんな料理もこぼさずにきれいに食べてしまいます。
 お待ちかねの1時になりました。3階のミュージックコーナーの入口で、みんなにタイコとバチを配っています。歌のおねえさんは、シンセサイザーの前に座っています。そして、始まりました。最初の曲は「ぞうさん」です。
 「ぞうさん、ぞうさん、おはながながいのね、・・・」30人ほどの子どもたちもいっせいに大声で歌いはじめました。ゆみちゃんはいつのまにか、タイコをもって最前列まで行っていました。もちろん、みほちゃんもいっしょです。
 そして、リズムに合わせて「ドーンドドン、ドーンドドン、ドーンドドド、ドドドドドン」と何人かがタイコをたたきはじめると、それにつられて全員がタイコをたたきだしました。何という大きな音でしょう。まわりで見ていたおとなたちは、おどろいて耳をふさぎました。がまんできずに、部屋を出ていく人もいました。

 次々に楽しい曲が演奏されていきます。「大きなくりの木の下で」「アイアイ」だんだんテンポの早い曲になると、子どもたちの歌声(というよりも叫び)もタイコの音も絶好調となります。しらないうちに、こどもたちも50人ほどに増えていました。そして、クライマックスはゆみちゃんの大好きな「おさんぽ」です。「あるこ あるこ わたしは元気、あるくの大好き どんどんあるこ、・・・」。
 そうです。映画「となりのトトロ」のテーマ曲です。ビデオで何十回と「トトロ」を見ているゆみちゃんは、すべてのシーンとすべての「せりふ」を覚えています。「ひとやすみ、ひとやすみ」とか「なくでねえ、なくでねえ」とかおばあちゃんのセリフを絶妙のタイミングでまねしてみんなを笑わせます。
 最後の曲は「きょうの日は、さようなら・・・」でした。あっという間の30分。歌のおねえさんは、楽譜を見ながら10数曲を演奏し、歌い、子どもたちを楽しい夢の世界に連れていってくれました。タイコのたたき方とか、歌の歌い方とか、何の指示もなく、ただ歌い、ただタイコをたたき、それぞれがそれぞれに夢中になった30分間でした。

Kodomo06Kodom04 そのあと、工作教室で紙と石でカスタネットを作ったり、パソコン教室をのぞいたり、屋上で変わり種自転車に乗ったりして遊んだゆみちゃんでした。途中、迷子になりそうになりましたが、すぐにみつかってよかったです。

 そして今、駅から団地への帰り道、ゆみちゃんは私の背中でお昼ね中です。
どんな夢をみているのでしょう。
トトロのおなかの上で眠ってしまった夢でしょうか。(つづく)

|

« MicrosoftがCeBIT 2006で「ライフスタイルPC」の戦略を発表(3月9日) | トップページ | だんちの桜だより »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆみちゃん日記(その8):「子どもの城で遊ぶ」編:

« MicrosoftがCeBIT 2006で「ライフスタイルPC」の戦略を発表(3月9日) | トップページ | だんちの桜だより »