« マイタウンマップ・コンクール表彰式 | トップページ | 第22回流通情報システム総合展 »

2006年3月 6日 (月)

「大学に於ける講義の改革」と「キャンパスライフの革新」を実現する最新タブレットPC

イベントのお知らせです。
3月10日(金)に立正大学大崎キャンパスにおいて、「第23回パソコン利用技術研究集会」が開催されます。
この中で私(関幸一)が、『「大学に於ける講義の改革」と「キャンパスライフの革新」を実現する最新タブレットPC(FMV-P8210)の開発のこだわりと活用事例をご紹介』と題したプレゼンテーションを行います。

第23回パソコン利用技術研究集会
■日時:2006年3月10日(金) 9:30~
■会場:立正大学 大崎キャンパス 総合学術情報センター(11号館)
 東京都品川区大崎4-2-16  交通アクセス
■主催:社団法人パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会
■参加申込:申込期限 3月8日(水) 申込はこちらから

この研究集会は,個人,企業,教育機関等の参加を求め,パーソナルコンピュータ・マルチメディアの利用技術向上を図ることを目的に,パソコンの利用者が研究・開発した成果を発表する場であります。

・分科会[午前の部,午後の部](参加無料)
・特別講演,スポンサーセッション(参加無料)
・懇親会[分科会終了後](参加無料)

●第23回パソコン利用技術研究集会 プログラム(詳細)
・ 9:30-11:40 分科会A,B,C(午前の部)
・11:45-12:30 休憩 昼食
・12:30-13:45 特別講演,スポンサーセッション 会場:5階1151(参加無料)
・13:50-16:15 分科会A,B,C,D(午後の部)
・16:30-17:45 懇親会 会場:構内「トークパレット」(参加無料)

◇[特別講演] 12:30-13:15
無常感
 吉田 夏彦 氏(東京工業大学 名誉教授)
マイコンといはれた時代からのPERSONAL COMPUTERの機能と利用状況の變化とを振返りながら、此の變化が無常感を養ふのに貢獻して來たとするテーゼについて述べる。いふまでもないが、無常を感ずること自體は、必ずしも消極的な態度に向ふことにはつながらない。

◇[スポンサーセッション]
 13:15-13:30
☆世界最小・最軽量コンバーチブル型タブレットPCのご紹介
 関 幸一 氏(富士通株式会社 文教ソリューション事業本部 文教ソリューション統括部 専任部長)
「大学に於ける講義の改革」と「キャンパスライフの革新」を実現する最新タブレットPC『FMV-P8210』の開発のこだわりと活用事例をご紹介。

 13:30-13:45
・カルキングのスクリプト機能について
 西野 秀毅 氏(株式会社シンプレックス 代表取締役)
カルキングにはスクリプト機能(プログラミング機能)があります。インタープリタで実行するために興味深い長所があります。これらをうまく活用することにより多くの応用が可能になります。
------------------------------------

|

« マイタウンマップ・コンクール表彰式 | トップページ | 第22回流通情報システム総合展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大学に於ける講義の改革」と「キャンパスライフの革新」を実現する最新タブレットPC:

« マイタウンマップ・コンクール表彰式 | トップページ | 第22回流通情報システム総合展 »