« これから中国に行ってきます! | トップページ | 世界遺産にも登録されている世界最大の磨崖仏「楽山大仏」 »

2006年10月22日 (日)

中国「成都パンダ繁殖センター」でパンダと一緒に記念撮影!

Photo
パンダのツーショット(成都パンダ繁殖センター)


今日は朝7時のホテルを出発して、いきなり今回の旅のメインテーマ「成都パンダ繁殖センターでパンダと一緒に記念撮影!」です。

◇「成都パンダ繁殖センター」(パンダといっしょに記念撮影)
China034China038ホテルから車で約30分。今年、9頭のパンダの赤ちゃんが生まれた成都パンダ繁殖センターに向かいます。
とにかく広いのです。静かで排気ガスの出ない電気自動車で移動します。

China043China064China071まずは、3頭のパンダがお出迎え。ササを一生懸命食べていました。観光客の歓声が上がります。とてもカワイイです。
ガイドさんについて広い園内を歩きます。

China062China227China059この成都パンダ繁殖センターには全部で35頭のパンダがいるそうです。自然に近い環境でパンダの生態を見ることができるようにいろいろと工夫がされています。

9頭生まれたというパンダの赤ちゃんもガラス越しに4頭見ることができました。(残念ながら「撮影禁止」でしたので公開できません。)

China099China108そして、「パンダといっしょに記念撮影」。それは、とてもエキサイティングな出来事でした。
ガイドのヨウさんが、「それでは、パンダと一緒に写真とりますよ!」というと、係員の人が竹でできた橋を回転させて、目の前のパンダの柵の方に道を作ります。(写真の券は、そのための「副券」です。カメラは自分たちのものを飼育員に渡して写真をとってもらいます。それぞれ10枚以上撮ってくれました。)

ガイドのヨウさんがいいました。「お二人がパンダといっしょに写真を撮るために払ったお金は、パンダの保護と繁殖のための寄付金になりますヨ」と。とても嬉しい気持ちになりました。

◇「三星堆博物館」
China289China296China293三星堆博物館は、20年前に発見された3000年前の青銅文化遺跡から発掘された青銅器や装飾品などを展示しています。
顔の形や文様が中南米のインカ文明を彷彿とさせます。何かしらの繋がりがあったのでしょうか?

◇「杜甫草堂」
China317China330China323成都の人たちに尊敬されている詩聖杜甫が祀られています。お昼もここのレストランで食べました。
中国では、みんなで食事するのが習慣のようです。ほとんどのテーブルは8人から10人で囲みます。
老いも若きも、ワイワイがやがやとにぎやかな食事風景です。

最近、日本では「食育」が注目されていますが、「何を食べるか」とか「テーブルマナー」が重要なのではなくて、「どのように食べるか」が大切なのだと思います。

◇「茶館」でゆったりとお茶の時間
China351China346ガイドさんに「あまりアチラコチラに出かけるのではなくて、のんびりと過ごしたい」とお願いしました。
夕食までの時間は、どこにも行かずに「茶館」でゆったりとお茶の時間です。
妻は、隣のテーブル席の子どもたちに持ってきていたキャンディを一つずつあげました。こどもたちはとても喜んでくれました。
大人たちも、嫌な顔をせず話しかけてくれました。もちろん中国語でしたので、会話にはなりませんでした。

◇夜は「陳麻婆豆腐」で辛い四川料理
China359China361「陳麻婆豆腐」は、日本の自宅で徒歩5分の東急デパートの5階にあり、ときどき食事をします。
辛いことで有名な「麻婆豆腐」も日本では食べたことがあります。でも、成都の「陳麻婆豆腐」はそれに比べて量が多いので食べきれませんでした。

◇宿泊はクラウン・プラザ成都
3日間とも繁華街の中心にあるクラウン・プラザ・ホテルに泊まりました。
五つ星ホテルで、バイキング形式の朝食も満足でした。


|

« これから中国に行ってきます! | トップページ | 世界遺産にも登録されている世界最大の磨崖仏「楽山大仏」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国「成都パンダ繁殖センター」でパンダと一緒に記念撮影!:

« これから中国に行ってきます! | トップページ | 世界遺産にも登録されている世界最大の磨崖仏「楽山大仏」 »