« 清水康敬先生の出版記念食事会 | トップページ | 「生き物には、メリハリが必要なんです」:鈴木さんの言葉 »

2006年12月 2日 (土)

多摩動物公園:コアラの赤ちゃん顔を出す&ボランティア・ガイドの忘年会

今日は土曜日。先週に続いて多摩動物公園に来ています。
今日の担当は、コアラ館です。コアラの’ミリー’に赤ちゃんができたらしいことは、前にお伝えしましたが、今週の11月27日に初めて赤ちゃんがお母さんのお腹の袋から顔を出したそうです。’ミリー’は一番奥の小屋から入り口を入って2番目の小屋に移されました。
Tzoo2016Tzoo2015前面のガラスには「ミリーの子どもが袋から顔を出したところです」という説明とともに写真が貼られていました。
今日も、飼育員の方が赤ちゃんの写真を撮っていました。
12月4日(月)には広報されるそうです。

Tzoo2026動物園正門前のレストランで、忘年会がありました。19名の仲間が集いました。
そして、みんなで今年一年の思い出を語り合いました。楽しいこともいっぱいあったけど、悲しいこともありました。
小象のマオちゃんが盛岡市立動物園に行ってしまったことと、その父親のタカオが8月8日に亡くなったことです。
そして、みんなの最大の悲しみは、仲間の一人が亡くなったことです。第1期生で81歳でした。素晴らしい先輩でした。

|

« 清水康敬先生の出版記念食事会 | トップページ | 「生き物には、メリハリが必要なんです」:鈴木さんの言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126340/12863763

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩動物公園:コアラの赤ちゃん顔を出す&ボランティア・ガイドの忘年会:

« 清水康敬先生の出版記念食事会 | トップページ | 「生き物には、メリハリが必要なんです」:鈴木さんの言葉 »