« 【ニュース】マイタウンマップ・コンクール作品募集中!応募締切は12月31日 | トップページ | 小樽の巽鮨と札幌のクリスマス・イルミネーション »

2006年12月16日 (土)

イノシシで年賀状を作ろう!:多摩動物公園がイノシシの写真を提供中

Tzoo6053_1◆多摩動物公園もクリスマスモード
今日は、2週間ぶりに多摩動物公園に来ています。
東京動物公園ボランティアーズのサービスガイド多摩グループの土曜班です。
正門前の巨大なゾウの像の前には、オランウータンのぬいぐるみがサンタクロースやトナカイの衣装を着てクリスマスモードになりました。

Tzoo1211◆イノシシの写真公開中
来年は、亥(イノシシ)年。多摩動物公園では、特別展「イノシシ展」を2006年12月7日から開催中!(2007年2月27日まで。)
イノシシ舎もリニューアルしました! イノシシシがこれまでよりもずっと間近で見られます。
そこで!その多摩動物公園では年賀状用にイノシシの写真を公開中。こちらのページにアクセスして、イノシシの画像(2匹、計3枚)をダウンロードして、年賀状に利用できるようにしています(ただし、個人の非営利使用にかぎります)。
なお、日本にはイノシシの亜種が二つ(ニホンイノシシとリュウキュウイノシ)生息していますが、多摩動物公園で飼育しているのはニホンイノシシです。現在2頭を飼育中。ただし、展示場で見られるのは、メスの「キントン」です。 キントンは、2002年10月1日生まれの4歳です。もう1頭は2006年11月に来園したメスの「クロマメ」。
キントンの母親の名前が「オセチ」だったため、正月の料理にちなんで、娘にはキントン、もう一頭にもクロマメとつけました。キントンは人気があり、声をかけると近寄ってくるほど人なつっこいイノシシです。

◆コアラの赤ちゃんがお母さんの袋から出てきました
コアラはカンガルーと同じように有袋類なので、生まれるとすぐにお母さんのおなかの袋に入ります。そして、5ヶ月くらいでやっと顔をだすようになります。多摩動物公園の’ミリー’に赤ちゃんが誕生し11月29日から顔を出すようになっていましたが、今日は完全に袋から出てお母さんの方に乗っかったりしていました。

|

« 【ニュース】マイタウンマップ・コンクール作品募集中!応募締切は12月31日 | トップページ | 小樽の巽鮨と札幌のクリスマス・イルミネーション »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イノシシで年賀状を作ろう!:多摩動物公園がイノシシの写真を提供中:

« 【ニュース】マイタウンマップ・コンクール作品募集中!応募締切は12月31日 | トップページ | 小樽の巽鮨と札幌のクリスマス・イルミネーション »