« 初出:幕張から蒲田へ | トップページ | 【イベントのお知らせ】平成18年度CEC成果発表会 »

2007年1月 5日 (金)

文部科学省平成19年度予算案について

平成19年度予算に関して、昨年8月末に各省庁の概算要求が出されたが、昨年末政府予算案として決定された。
この予算案は、例年新年度開始前後(3月末~4月初め)に国会で承認されると正式な予算となるが、与党が過半数を維持している場合この予算案が予算として承認されることが多い。
文部科学省平成19年度予算案の内、教育情報化関連では、学校教育情報化推進総合プランとして6.7億円、新教育システム開発プログラム(ICT 導入等新しい学校教育の在り方検討)として15.4億円などが計上されている。また、「学校教育の情報化」の推進(教育用コンピュータの整備、校内LAN の整備等)については例年通り地方交付税措置となっている。

Ⅰ. 予算額
・ 予算額:5 兆2,705 億円(前年度予算5 兆1,324 億円 前年度比2.7%増)
文部科学省は科学技術と教育という安倍政権の重要政策を担っているため、増額となった。

Ⅱ. 平成19 年度予算案のポイント
(1) 科学技術関係
【国際競争力強化とイノベーション】

① 第3 期科学技術基本計画(平成18-22 年度)に基づき、国際競争力強化を目指し、国家基幹技術を含む戦略重点科学技術に重点的に予算配分。
② 情報通信分野は、継続的なイノベーションを支える研究開発基盤の実現等を柱に、今年度当初予算比4.9%増を計上。特に、国家基幹技術として位置付けられた「次世代スーパーコンピュータ」は42 億円増額の77 億円となった。また、新規では「高機能・超低消費電力デバイス・システム基盤技術」(5.3 億円)の研究開発が計画されている。
③ 産学連携によるイノベーション・システムの強化に重点を置き、シーズを生み出す世界トップレベルの研究拠点(35 億円)の構築を新たに手掛ける。他に、優秀な研究成果を実用化に切れ目なくつなぐ地域イノベーションの強化(253 億円)等を推進する。
④ 競争的資金(公募型)を拡充し(106 億円増)、予算のバラ撒きから競争的な研究開発環境の整備を加速する。

(2) 学校教育・人材育成関係
【「人財立国」の実現】

① 義務教育の質的向上を目指し、全国学力・学習状況調査を新規に実施し、その分析結果に基づく教育改善サイクル(PDCA サイクル)の確立を図る。また、教育再生会議の最初の成果として、「放課後子ども教室」の新設(68.2 億円)を盛り込んだ。
② 科学技術関係人材の確保に向けて、初等中等教育段階から大学学部・大学院、社会人に至るまでの連続性を持った取組みとして「科学技術関係人材総合プラン2006」に取り纏め、総合的な推進を図る。理数教育の充実等の他に、産学連携による高度な人材育成のために、「先導的IT スペシャリスト育成推進プログラム」(8.0 億円)に加えて、新規に「ものづくり技術者育成支援事業」(1.5 億円)、「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」(1.5 億円)に取組む。
③ 高等教育分野における人材育成機能の強化のために、「21 世紀COE プログラム」の成果の内、世界的に卓越した教育研究拠点を重点的に支援する「グローバルCOE プログラム」(158 億円)を始める。

(3) 平成18 年度補正予算関連
教育関連施設の耐震関係に2,341億円、社会問題化しているいじめ対策関係に31円、科学技術振興(地震観測やがん対策等)として148億円。

Ⅲ. 主な要求項目       (数字は金額[単位:億円] )
≪科学技術創造立国の実現≫
1.科学技術関係人材の養成、確保、活躍の推進
(1)大学における人材育成機能の強化と産学が協働した人材育成 862.3
①グローバルCOE プログラム(21 世紀COE プログラムの重点化) 157.6 新規
②ものづくり技術者育成支援事業 1.5 新規
③ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業 3.8 新規
④先導的IT スペシャリスト育成推進プログラム 8.0
⑤科学技術関係人材のキャリアパス多様化推進事業 4.2

2.基礎研究の充実とイノベーション・システムの強化
(1)独創的・先端的基礎研究の推進
①大学・大学共同利用機関等における独創的・先端的基礎研究推進 928.8
 -「大型ヘリカル装置」による核融合科学研究の推進 等
②世界トップレベル国際研究拠点形成促進プログラムの推進 35.0 新規

(2)競争的資金の拡充等による研究開発の推進 3,690.4
①科学研究費補助金(民間による直接利用も可能) 1,913.0
②科学技術振興調整費 368.0
 (重点課題解決型研究、地域再生人材創出拠点形成 等)
③グローバルCOE プログラム(21 世紀COE プログラムの重点化) 157.6

(3)イノベーションを生み出すシステムの強化
①基礎研究からの技術シーズの創出 529.9
 ・先端融合領域イノベーション創出拠点の形成 56.0
②産学官連携の本格化と加速(マッチングファンド(振興調整費)等) 324.8
 ・産学共同シーズイノベーション化事業 18.0
 ・革新的研究開発型ベンチャー活用企業化開発推進 1.5 新規
③地域イノベーションの強化 252.7
 ・知的クラスター創成事業(第Ⅱ期) 55.2

(4)科学技術振興のための基盤の強化 545.5
①先端研究施設共用型イノベーション創出プログラム 31.8 新規
②特定先端大型研究施設(SPring-8,次世代スパコン等)の整備・共用推進 251.5
③研究開発に関する情報化の推進 48.4

3.国家基幹技術など戦略重点科学技術への重点投資
(1)分野別研究開発の戦略的推進
①ライフサイエンス 687.6
 ・ターゲットタンパク研究プログラム 55.3 新規
②情報通信 545.3
 ・最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用 77.4
 ・次世代IT基盤構築のための研究開発 19.3
 -将来のスーパーコンピューティングのための要素技術の研究開発
 -安全なユビキタス社会を支える基盤技術の研究開発
 -革新的なシミュレーションソフトウェアの研究開発
 ・高機能・超低消費電力コンピューティングのためのデバイス・システム基盤技術5.3 新規
 ・革新的な実行原理に基づく超高性能データベース基盤ソフトウェアの開発 1.5
 ・知的資産の電子的な保存・活用を支援するソフトウェア技術基盤構築3.2
 ・先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム 8.0
③環境 770.0
 ・21 世紀気候変動予測革新プログラム 23.1 新規
 ・全地球規模観測研究の推進(データ統合・解析システム) 6.2
④ナノテクノロジー・材料 333.2
 ・ナノテクノロジー・材料を中心とした融合新興分野研究開発 21.4
⑤原子力(日本原子力研究開発機構等含む) 2,621.0
 ・ITER 計画等の推進 53.8
 ・大強度陽子加速器(J-PARC)計画の推進 268.1
⑥宇宙・航空(宇宙航空研究開発機構含む) 1,840.0
 ・民間等との連携の推進(準天頂衛星システム等) 74.1
⑦地震・防災 192.3
 ・首都直下地震防災・減災特別プロジェクト 14.5 新規
 ・地震調査研究推進本部の方針に基づく地震調査研究の推進 30.3
⑧ものづくり技術 55.1
 ・先端計測分析技術・機器開発事業 48.0
⑨新興・融合分野 298.2

(2) 国家基幹技術への集中投資
①海洋地球観測探査システム 212.0
 ・衛星観測監視システム 62.5
 ・データ統合・解析システム 6.2
②次世代スーパーコンピュータ 77.4

(3) 安全・安心に資する科学技術の推進
①安全・安心に資する科学技術の推進 4.1 新規

(4) 経済活性化のための研究開発プロジェクトの推進 622.7
  (次世代スパコン、X線自由電子レーザー等含む)

* 各項には独立行政法人等運営費交付金中の推計額が含まれる。

≪教育・文化立国の実現≫
1.初等中等教育の充実-どの子どもにも豊かな教育を-
 金額[単位:億円] 備考
(1)世界トップレベルの義務教育の質の保証
①全国学力・学習状況調査の実施(実施元公募済) 62.0 新規
②学力・学習改善プロジェクト(技術基盤構築等開発事業 含) 3.9 新規
③総合的な学力向上策の推進 120.5

(2)充実した教育を支える環境の整備
①学校教育情報化推進総合プラン 6.7
 ・先導的教育情報化推進プログラム(校務情報化、SW を活用した効果的な授業、無線LAN 等先導的な環境整備など) 5.4 新規
■「学校教育の情報化」の推進(教育用コンピュータの整備、校内LAN の整備等) 地方交付税措置
②新教育システム開発プログラム(ICT 導入等新しい学校教育の在り方検討) 15.4

2.学校・家庭・地域等の連携による「人間力」の向上-家庭・地域の教育力の向上-
(1)放課後子どもプランの創設(子ども教室 10,000 箇所) 68.2

(2)子ども安心プロジェクトの充実 19.7
①子どもの安全に関する情報の効果的な共有システムに関する調査研究 内数

3.自立し挑戦する人材の育成-再チャレンジに資する教育の推進及び職業能力の向上-
(1)教育分野における再チャレンジの支援 178.0
①再チャレンジのための学習支援システムの構築(IT 基盤整備含む) 5.3 新規

(2)地域産業等との連携によるものづくり人材の育成
②ものづくり人材育成のための専門学校・地域産業連携事業(クラフトマン21:経済省との共同推進事業) 3.8 新規
③ものづくり技術者育成支援事業 1.5 新規

4.大学改革の推進-教育研究・人材養成機能の強化-
(1)国公私立大学を通じた大学教育改革の支援の充実 150.0
(現代GP:地域活性化(新規)、特色GP、学生支援(新規)等)

(2)世界最高水準の卓越した教育研究拠点形成と大学院教育の抜本的強化 425.0
①グローバルCOE プログラム(21 世紀COE プログラムの重点化) 157.6 新規

(3)国立大学等における教育研究の充実と活性化 (1,204.4)

(4)産学連携による高度人材育成の充実 13.3
①先導的IT スペシャリスト育成推進プログラム 8.0
②ものづくり技術者育成支援事業 1.5
③サービス・イノベーション人材育成推進プログラム 1.5 新規

5.私学助成の充実-個性豊かで活力ある私学へ-
(2)私立学校施設・設備の高度化・高機能化の支援 227.8

                 以 上

|

« 初出:幕張から蒲田へ | トップページ | 【イベントのお知らせ】平成18年度CEC成果発表会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学省平成19年度予算案について:

« 初出:幕張から蒲田へ | トップページ | 【イベントのお知らせ】平成18年度CEC成果発表会 »