« タブレットPCと東京大学:MEETプロジェクト | トップページ | 堀田龍也先生に聞く:「電子黒板+デジタル教科書」のメリットと活用のポイント »

2007年2月23日 (金)

【イベントのお知らせ】D-project春の公開研究:3月18日(日)

金沢大学の中川 一史先生から、メールをいただきました。
’D-project春の公開研究’のお知らせです。私もさっそく参加申込をしました。

----------------------
毎年恒例の’D-project春の公開研究’がやってきました。

◇日時:2007年3月18日(日)
◇場所:東京・コクヨホール
◇テーマ:「メディアで創造する力は、こうやってつける!」
 具体的な実践提案や模擬授業を通して、考えていきます。

今回も「もったいないおばけ(D-project用語で、どこに参加するか迷うほど、一度に中身の濃い内容が同時進行すること)」が出ることまちがいありません。
今回は、アップとルーズを通して映像と言葉の行き来を考えさせる小学校国語の授業やCM研究の制作活動を含んだ高等学校情報の授業などの「実践バトルセッション」、金沢大学附属小学校6年1組全員がコクヨ担当者とともに、文具作りを進めてきた授業の終盤として最終プレゼンを行う「公開授業」など、見逃せない内容満載の1日になります。

申し込みがスタートしました!
会場のスペースに限りがありますので、定員になり次第、締めきらせていただきます。
お早めに申し込みください。

◇参加申し込みは
http://www.d-project.jp/2006/induction/2007spring/index.html
にて!

D-project会長/中川 一史(金沢大学教育学部附属実践総合センター)
----------------------

なお、中川一史先生は、今春からメディア教育開発センターに移られるそうです。ご自身のブログ「中川一史のひとりごと」に書かれています。

|

« タブレットPCと東京大学:MEETプロジェクト | トップページ | 堀田龍也先生に聞く:「電子黒板+デジタル教科書」のメリットと活用のポイント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【イベントのお知らせ】D-project春の公開研究:3月18日(日):

« タブレットPCと東京大学:MEETプロジェクト | トップページ | 堀田龍也先生に聞く:「電子黒板+デジタル教科書」のメリットと活用のポイント »