« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

思い出の天王寺動物園&大阪の夏祭り第一弾’愛染まつり’

Ooji0003Ooji0005Ooji0075今日は大阪の天王寺動物園に来ています。
通天閣の見える天王寺駅前にあります。
大道芸も人気を集めていました。

Ooji0038Ooji031Ooji0032カリフォルニアアシカの池に、1皿100円のエサが投げ入れられますが、子どもが投げるとほとんど池に届かないので、鳥が先に獲って食べてしまいます。

Ooji0053Ooji0074ゾウは、春子(1948年・タイ生まれ)、ラニー博子(1969年・インド生まれ)です。
ゾウの形のベビーカーは二人乗りで1日500円(普通の形は300円)で貸し出していました。でもそれを押しているお父さんはとても重そうです。

Ooji0101Ooji0093Ooji0083ちょうどペンギンとキリンがエサやりの時間でした。他に、カンムリツルのカンムリが素敵でした。

天王寺動物園は、’青春の思い出’のある動物園なんです。

Ooji0096久しぶりの天王寺動物園でしたが、都会の真ん中にあるのに熱帯のサバンナを思わせる風景があって、瞬時に別世界にワープできるのが魅力です。

動物園の出口を出ると、そこは’新世界’という名のもう一つの別世界です。
(^_^)


-----------------------------
Ooji0125夕方には、以前から予定していた「愛染まつり」を見に行きました。
目指す愛染堂は、天王寺動物園の天王寺駅から地下鉄谷町線で1駅、四天王寺前夕陽ケ丘駅からすぐのところにありました。
大阪三大夏祭りの一つで、大阪に夏を告げる風物詩。別名「浴衣祭り」とも言われているそうです。
今日6月30日から7月2日まで。

Aizen143Aizen132初日の今日は17時から四天王寺管長以下一山僧侶による厄除開運・良縁成就の大法要が行われました。
なぜ、6月30日かというと、元旦(1月1日)に願をかけても半年も経つともう効果が薄れてしまうそうです。
だから1年のちょうど半分を経過したこの日に、再度こころを込めて願をかけるそうです。

Aizen142会場となった愛染堂(勝鬘院)は、聖徳太子が建立し、豊臣秀吉が戦勝を祈念して再建したということです。
解説によると、仏教と神道が合体した方式で儀式が執り行われるというのも興味深いところです。
僧侶が神式の’御祓い’もするそうです。

Aizen146Aizen129愛敬・人気・縁結びの神、愛染さんの夏祭り。夫婦和合にもご利益があるそうです。
’おみくじ’や’花守’を売っていた浴衣姿の巫女さん(?)がそう言っていました。

-----------------------------
昭和13年(1938年)に公開された松竹映画『愛染かつら』は、川口松太郎が雑誌『婦人倶楽部』に連載した小説を映画化したもので、爆発的な人気を集めたそうだ。この映画の主題歌が’旅の夜風’。(団塊世代の私も、映画は見ていないが歌は耳にしたことがある。)
金堂に愛染明王が奉安されているが、愛染明王信仰の普及とともに寺全体が愛染堂と通称されるようになったとのこと。縁結びの霊木として信仰を集める’愛染かつら’も有名。境内の多宝塔は国の重要文化財。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

神戸の王子動物園:パンダとコアラ、そしてゾウの諏訪子

Oji2001Oji2104Oji2003今日は神戸の王子動物園に来ています。
王子動物園ではゾウの’諏訪子’もいます。1943年生まれだから今年で64歳です。すごい長寿ですね。そして、90年生まれのズゼ(メス)と92年生まれの’マック’(オス)がいます。

Oji2009Oji2017パンダの旦旦(タンタン・95年臥龍生まれ・メス)と興興(コウコウ・95年臥龍生まれ・オス)です。

Oji2018Oji2027カリフォルニアアシカが元気に泳ぎ回っていました。一夫多妻で繁殖期は、5月~8月。野生での主食は魚やタコ、イカなどだそうです。ホッキョクグマは暑さにまいっているようでした。

Oji2030_1Oji2037_2’動物とこどもの国’にはコアラ舎や‘リスと小鳥たちの森’などがあります。コアラ舎では、丁度飼育係の人が4人、聴診器で診察したり爪切りでコアラの爪を切ったりしていました。

Oji2038Oji2045Oji2044王子動物園のコアラといえば、多摩動物公園で去年生まれた’モミジ’のお父さん’モモジ’がいた動物園です。
王子動物園のコアラ舎は、見せ方が上手だと思います。外の光も取り入れてあり明るいのと、ガラスがとても綺麗に磨かれていて見やすいのです。

Oji2064Oji2059Oji2074リスが目の前でエサを食べています。
たくさんの鳥たちといっしょに遊んでいます。

Oji2084Oji2085Oji2125フラミンゴの池には、丁度生まれたばかりのヒナがいました。母親(?)に見守られていました。
コモンリスザルにも6月24日にあかちゃんが生まれたばかりでした。お母さんザルの背中につかまったままで移動します。

Oji2136Oji2142大きな声を出すカバや、大きな口をあけて脅すダチョウもいましたヨ。

子どものころ両親に連れられてよく行ったので、神戸に20年住んでいた私にとっては、王子動物園は’一番懐かしい動物園’なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

夕方の多摩動物公園

Tzoo1204今日は木曜日ですが’第2回マニュアル委員会’があったので、多摩動物公園に来ています。いつもの土曜日とちがってお客さんが少ないです。
委員会が終わった午後3時過ぎから動物園をまわってみました。涼しくてなかなかいいものです。普段見馴れない動物たちの様子を見ることができました。

Tzoo1205Tzoo1210Tzoo1212まずバスに乗って、一番奥のオランウータンのところまで行きました。ちょうどチャッピーが森からスカイウォークでもどってくるところに出会いました。

Tzoo1219Tzoo1230Tzoo1229オランウータンのところから左にまがった奥には、ユキヒョウとレッサーパンダがいます。
レッサーパンダのこどもがじゃれあって1匹は風太くんのように立ち上がっていました。

Tzoo1241Tzoo1249Tzoo1250そこから右にもどってオーストラリア園に行くと、パルマワラビーとお母さんの袋から顔を出しているカンガルーのあかちゃんとギョロリと睨んでいるダチョウに会いました。

Tzoo1256Tzoo1259Tzoo1265その先は、アフリカ園です。キリンの集団の前を通り過ぎると、いつもおなじみのアフリカゾウです。
器用に鼻でオレンジをかかえていました。ゾウのハナは自由自在です。

Tzoo1290Tzoo1285Tzoo1288その先では、ライオンのツーショットと池を覗き込んでいるカモと、フラミンゴの親子に出会いました。
池に映った影が揺れて面白い模様ができていました。(親鳥の足元に見える小さなものがフラミンゴのあかちゃんです。画像をクリックして大きくしてみてください。)

今日はいつもと違った動物園を楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アクセス解析】10万アクセスを突破!

お陰さまで本日、ブログ開設から約2年で「10万アクセスを突破!」しました。
ブログ「そよ風」ブログ「タブレットPC教育利用研究会」ブログ「JEIBBA分室」の合計です。)

最近4ヶ月の「1.ページ別アクセス数」「2.リンク元ページ・サイト」「3.検索ワード/フレーズ」「4.曜日別統計」「5.訪問周期」などの統計データを公開します。
これからも記事の充実に努めてまいります。アクセス・コメント・トラックバックなど、ご愛顧よろしくお願いします。(関 幸一)

---------------------------------------------------------------
◇過去4ヶ月のアクセス分析◇
解析対象期間: 2007年3月1日(木) ~ 2007年6月28日(木)

1.ページ別アクセス数
どのページが多く見られているかがわかります。

アクセス数: 24,820
訪問者数: 18,589

1 そよ風: トップページ 2,4224,121 13.0% 16.6%
2 タブレットPC教育利用研究会: トップページ 9371,307 5.0% 5.3%
3 そよ風: ’ららポート豊洲’に’キッザニア’誕生! 739891 4.0% 3.6%
4 プロフィールページ 410594 2.2% 2.4%
5 そよ風: 第13回マイタウンマップ・コンクールの表彰式:「うちのお父さん、お母さんたちはすごいということがわかった」 284490 1.5% 2.0%
6 そよ風: 3.未来の教室&教育の情報化 335437 1.8% 1.8%
7 そよ風: 1.多摩動物公園日記 301371 1.6% 1.5%
8 そよ風: 【イベント参加報告】「UNIQUEプロジェクト」成果発表会:未来の教室を創ろう! 209348 1.1% 1.4%
9 そよ風: 文部科学省平成19年度予算案について 269334 1.4% 1.3%
10 JEIBA分室: トップページ 203291 1.1% 1.2%
11 そよ風: 旅行・地域 233271 1.3% 1.1%
12 そよ風: キッザニア・パビリオン案内 206254 1.1% 1.0%
13 そよ風: 8.国の施策 160227 0.9% 0.9%
14 そよ風: 楽しみにしていたキッザニア、本当に楽しかったようです!! 174223 0.9% 0.9%
15 そよ風: 平成19年度文部科学省概算要求の概要 185220 1.0% 0.9%
16 タブレットPC教育利用研究会: FAQ(よくある質問とその回答) 159197 0.9% 0.8%
17 そよ風: 5.講演録 153194 0.8% 0.8%
18 そよ風: 日記・コラム・つぶやき 175188 0.9% 0.8%
19 そよ風: 坪田耕三先生の「『なぜ』に培うハンズオン・マス」 150184 0.8% 0.7%
20 そよ風: 文科省「先導的教育情報化推進プログラム」実施団体決まる:MSN毎日インタラクティブニュースより 102173 0.5% 0.7%
21 そよ風: 7.学校訪問 141172 0.8% 0.7%


2.検索ワード/フレーズ
訪問者がどのような言葉を組み合わせて検索して訪れたかがわかります。
検索時に入力された語句をそのまま集計しています。

集計対象アクセス数:11,452

検索ワード/フレーズ
割合
1 先導的教育情報化推進プログラム  G Y M 265 2.3%
2 ららポート  G Y M 264 2.3%
3 ららポート豊洲  G Y M 151 1.3%
4 豊洲 キッザニア  G Y M 143 1.2%
5 そよ風  G Y M 114 1.0%
6 堀田龍也  G Y M 99 0.9%
7 関幸一  G Y M 82 0.7%
8 麻生養護学校  G Y M 77 0.7%
9 ドラゼミ  G Y M 70 0.6%
10 みんなちがってみんないい  G Y M 64 0.6%
11 ららポート 豊洲  G Y M 63 0.6%
12 関 幸一  G Y M 61 0.5%
13 デジタルドラゼミ  G Y M 56 0.5%
14 連除法  G Y M 51 0.4%
15 内田洋行 ショールーム  G Y M 49 0.4%
16 タブレットPC  G Y M 45 0.4%
17 クラフトマン21  G Y M 44 0.4%
18 堀田龍也 ブログ  G Y M 38 0.3%
19 キッザニア 豊洲  G Y M 37 0.3%
19 坪田耕三  G Y M 37 0.3%
21 タブレットPC 教育  G Y M 31 0.3%
22 メディククエスト  G Y M 30 0.3%
23 キッザニア 当日券  G Y M 29 0.3%
23 群馬県 教材 Gtak  G Y M 29 0.3%
23 電子黒板とは  G Y M 29 0.3%
26 EduCanvas  G Y M 27 0.2%
27 多摩動物園 レストラン  G Y M 26 0.2%
27 清水康敬  G Y M 26 0.2%
27 豊洲 ららポート  G Y M 26 0.2%
27 ICT機器  G Y M 26

3.リンク元ページ・サイト
訪問者がどこから来たのかがわかります(検索結果は含みません)。

集計対象アクセス数:12,223

リンク元
割合
1 サイト内 6,045 49.5%
2 ブックマーク/URL直接入力 4,673 38.2%
3 http://swa.komaki-aic.ed.jp/weblog/index.php?id=hi... 106 0.9%
4 http://a.hatena.ne.jp/hirasen/ 101 0.8%
5 http://www.enpitu.ne.jp/usr9/98434/diary.html 41 0.3%
6 http://arcadia.cocolog-nifty.com/nikko81_fsi/2006/... 37 0.3%
7 http://www.jeiba.org/modules/news/article.php?stor... 35 0.3%
8 http://app.cocolog-nifty.com/t/comments 34 0.3%
8 http://fish.miracle.ne.jp/adaken/link/blog.html 34 0.3%
10 http://members.aol.com/sekichan/ 33 0.3%
11 http://tanapon.net/ 24 0.2%
12 http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14001367/ 21 0.2%
13 http://www.jeiba.org/modules/news/ 20 0.2%
13 http://www.enpitu.ne.jp/usr9/bin/day?id=98434&pg=2... 20 0.2%
13 http://www.enpitu.ne.jp/usr9/bin/day?id=98434&pg=2... 20 0.2%
16 http://nonobudou.iro2navi.com/cat5/post_15.php 18 0.1%
17 http://hitorin2.exblog.jp/5067323/ 16 0.1%
17 http://satomasa5.cocolog-nifty.com/ 16 0.1%
19 http://a.hatena.ne.jp/ino-ken/ 15 0.1%
19 http://a.hatena.ne.jp/hiro-h/?gid=207338 15 0.1%

4.曜日別統計
曜日別のアクセス傾向がわかります。

曜日
訪問者 アクセス
日 103193 12.3% 13.2%
月 127226 15.2% 15.5%
火 129219 15.4% 15.0%
水 126209 15.1% 14.3%
木 123210 14.7% 14.4%
金 131228 15.7% 15.6%
土 97175 11.6% 12.0%

※過去4ヶ月分のデータから、1日あたりの平均アクセス数を出しています。

5.訪問周期
1人の訪問者が何日に一回の割合で訪れているかがわかります。

集計対象訪問者数:1,265
訪問周期
割合
毎日 2 0.2%
2日 20 1.6%
3日 10 0.8%
4日 12 0.9%
5日 17 1.3%
6日 18 1.4%
7日 19 1.5%
8日 17 1.3%
9日 20 1.6%
10日 12 0.9%
2週間 106 8.4%
3週間 99 7.8%
1ヶ月 96 7.6%
5週間 95 7.5%
6週間 101 8.0%
7週間 78 6.2%
2ヶ月 111 8.8%
9週間 100 7.9%
10週間 96 7.6%
11週間 61 4.8%
3ヶ月 67 5.3%
13週間 27 2.1%
14週間 22 1.7%
15週間 23 1.8%
4ヶ月 9 0.7%
4ヶ月以上 27 2.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

【学校訪問】墨田区立文花中学校の校内研修会

Bunka037今日は渡部校長にご案内をいただいたので、墨田区立文花中学校の校内研修会に参加しました。渡部校長はあのNHK’おはよう日本’電子黒板特集で生中継(2005年11月18日)をした時の鐘淵中学校の校長先生でもありました。

◇研究授業:14:00~14:50
Bunka018今日の研究授業は、中野真理教諭による国語科『相手を意識して伝えよう「わかりやすく話す」』です。3年4組の生徒は6つの班に分かれていました。最初は各班の「発表練習」、そして中野先生による「評価方法の説明」、「発表方法」の説明がありました。そして、6つの班の内、今日は2つの班が発表しました。

◇研究協議:15:00~15:45
Bunka022先生方と企業からの参加者による研究協議がありました。

私は、「発表をすること(プレゼンテーション)は社会人にとっても一つの重要な技能(スキル)である。今日の授業の評価項目である関心・意欲・態度という観点では、’授業に積極的に参加すること’という点では充分に達成できていた。また、’話すときに、聞きやすい話し方をしている’という観点では、『本番では緊張するので、もっと練習すればいい発表ができた』『声が小さかった』『操作をしっかり確認しておけばよかった』などの’気づき’が得られたことは大きな成果であったので、そういう意味でとてもいい授業だったと思う。」と感想を述べました。

◇講義&ディスカッション:15:45~16:30
Bunka020Bunka026講師:光村図書 黒川弘一氏、中川珠貴氏
「国語科におけるICTの効果的な活用をめぐって ~デジタル教科書と電子黒板を活用して~」

デジタル教科書による授業改善
・生徒とのコミュニケーション力がアップ
・学習情報の共有化で分かる授業が実現
・教材の視覚化により理解力がアップ
・学年を超えた活用により系統性を意識した学習が可能に
・授業準備の効率化と教材研究の活性化

最後に・・・
・はじめに授業(デザイン)ありき
・教科書を立体的に活用できます
・ぜひ、先生方の創意工夫でお使いください


◆その他:
電子黒板(スマートボード)の提供&協力:日本スマートテクノロジーズ)針生社長。
他に光村図書の堅田さん、スカイの久山さんが参加されていました。

教員の方がほとんど全員参加されていたとのこと。とても素晴らしい校内研修会でした。このような先生方の熱心な取組みがいい学校を創り、いい生徒を育むのだと思います。
渡部校長は、学校を変わられてもリーダーシップを大いに発揮されて、ICT活用においても中学校における最先端の実践に挑戦されている様子を垣間見ることができました。
(頑張ってください。応援しています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

【多摩動物公園日記:番外編】マオ、5歳のお誕生日祝い

大曽根さんから、盛岡市動物公園に行った小象マオの「5歳のお誕生日祝い」の写真と近況報告を送っていただきました。
---------------------------------------------------------
Mao0029_2Mao0003_1Mao0004_16月13日はマオ5歳のお誕生日、10日の日曜には「お誕生日祝い」が行われました。

Mao0033特訓の成果があり、ありがとうのくす玉割りもバッチリ
!!!







只今1470kg・・・学習もし、色々できるようになりました。良く成長していますよ。☆み

---------------------------------------------------------
いまだに、多摩動物公園にマオを見にこられるお客さんがいらっしゃいます。
先日も、「マオはどれですか?」と質問されました。(関)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

多摩動物公園の情報テント担当:今日はクジャクとハトが応援に来てくれました

Tzoo1113Tzoo1127_1Tzoo1139今日は久しぶりに多摩動物公園に来ています。今日は正面の情報テントの担当です。さっそく、クジャクさんが遊びに来てくれました。ハトさんも応援(?)に来てくれました。

Tzoo1133Tzoo1137_1Tzoo1144とてもいい天気ですが、暑いので11時を過ぎるとお客さんは少なくなりました。

Tzoo1123Tzoo1146Tzoo1154クジャクさんはそのあと、情報テント前のお土産店’Collection'の屋根の上に登って、プレゼンテーションを始めました。放し飼いにされているいつもの’お散歩クジャク’です。それを見上げるお客様もビックリです。

Tzoo1109多摩動物公園駅の裏山には、明星大学があります。ここの学生さんは、親切でマナーがよいとガイド仲間には評判がいいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

浜離宮恩賜庭園の花、鳥、そして人

Hama0006Hama0118今日は汐留の富士通本社に9:00と12:50に用があったので、間の時間に近くの浜離宮恩賜庭園で時を過ごしました。一度訪ねてみたかったのです。

Hama0053Hama0091旧浜離宮公園は、もと将軍家鷹狩の場所そうです。維新後は宮内省所管となり、皇室宴遊にあてられ、名も浜離宮と改められたとのこと。諸外交貴賓来訪の際にはその迎賓館にあてられました。

Hama0060_1Hama0026Hama0025Hama0012ここでも今は、アジサイとショウブが見ごろでした。

Hama0028Hama0029Hama0105Hama0099ほかにも色とりどりの花が咲いていました。(オレンジのはハナザクロです)

Hama0081Hama0088Hama0094池の岩の上で水鳥が羽根を乾かしていました。カラスやスズメものんびりとしていました。

Hama0038Hama0043Hana0106木陰で涼む老夫婦や、若者、そして二人の娘さん。


Hama0086Hama0071Hama0112私は日陰のベンチで寝っころがって木漏れ日と「そよ風」に時を忘れました。ネコも床下で目をつぶっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

37年と81日目:埼玉県総合教育センターでの初任者研修講師「教育の目的は何ですか?」

今日は退職の日。入社した1970年4月1日から数えて’37年と81日目’にあたります。

Fukaya16Fukaya19埼玉県総合教育センター(深谷支所)での教科「情報」担当教員向け研修の第2日目の90分を担当させていただきました。(写真はレンガ作りの深谷駅と埼玉県総合教育センター深谷支所)
埼玉県では情報教育にたいへんな力を入れており、教科「情報」担当教員として採用されるのは大変な難関で、選ばれた先生方は「超エリート」ということでした。

私はテーマを、’高度情報化社会の人材育成と 教科「情報」の役割’としました。
目次は、
-----------------------
0.自己紹介(経歴と最近の活動)

1.高度情報化社会のこれから
1.1 最近の情報技術のキーワード(フィールド・イノベーション、環境&ユニバーサルデザイン)
1.2 人類の危機・・・、そして情報教育の意義と役割
1.3 IT新改革戦略(u-Japan計画)における「教育の情報化」

2.授業改革への挑戦(教育現場のフィールド・イノベーション)
2.1 電子黒板とデジタル教科書
2.2 タブレットPC

3.企業が期待する人材像と教科「情報」の意義
3.1 企業が期待する人材像(システム・エンジニアの場合)
3.2 ITスキル+人間力
3.3 教科「情報」の意義

4.まとめ
4.1  教育の「目的」と「目標」
-----------------------
です。

第1章「高度情報化社会のこれから」では、最近の情報技術のキーワードとして「フィールド・イノベーション」と「環境&ユニバーサルデザイン」を取り上げました。

Fukaya24第2章「授業改革への挑戦」では教育現場のフィールド・イノベーション、すなわち、「教育現場の改革」「教育現場からの改革」として、「電子黒板とデジタル教科書」や「タブレットPC」の授業での活用の有効性・重要性についてビデオを見せながら訴えていきました。

Fukaya23第3章「企業が期待する人材像と教科「情報」の意義」では、企業が期待する人材像として「システム・エンジニアの場合」を例にとり、「ITスキル」だけでなく「+人間力」が必要であることを強調しました。教科「情報」の3つの柱、「情報活用の実践力」「情報の科学的な理解」「情報社会に参画する態度」と企業が期待する人間力としての「コミュニケーション力」「論理的思考力(こうすれば、こうなるはずだ)」「社会常識的判断力(モラル)」を関連付けて説明しました。

先生方に質問しました。「教育の目的は何ですか?」と。先生方の回答は次のようなものでした。
◇A先生:「人間が共に生きていくために必要な知識・態度を身につける⇒幸せに生きていくため」
◇B先生:「豊かに暮らしていけるようになるため」
◇C先生:「社会に出てから出会うであろう困難に立ち向かって、自己実現すること」
◇D先生:「人は一人では生きていけないから困らないように、みんなが協力していける社会をつくるため」
さすが、選ばれた先生方だと感心しました。

「コンピュータの天才」と言われた池田敏雄氏の言葉「すべて感動から始まる!」という言葉を紹介し、「感動ある授業を!」というメッセージを伝えました。

そして、私の夢ーー
「私には夢があります。 ’未来の教室’を協働で創りあげていくことです。」と締めくくりました。

社会人となって、37年と81日目の出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

向島百花園の花々&堀切菖蒲園のショウブ、そして浅草

Hyaku688Hyaku001Hyaku027今日は妻と二人で、まず最初は向島百花園を目指しました。直通電車で1時間。東向島駅下車7分のところに向島百花園はありました。アジサイとショウブが見ごろでした。

Hyaku006Hyaku714Hyaku750他にもハスやキキョウやユリなども綺麗に咲いていました。


Hyaku004Hyaku009_1Hyaku744カモやハトやハチにも会いました。



Hyaku013Hyaku044Hyaku064次に向かったのは、堀切菖蒲園。堀切というので東武伊勢崎線の堀切駅で降りたのですが、堀切菖蒲園までは荒川を渡る堀切橋と小さな川を渡る小堀切橋を渡って徒歩25分。色とりどりのショウブが咲き誇っていました。「葛飾 菖蒲まつり」といことでたいへんな賑わいでした。

帰りは堀切菖蒲園駅から浅草に行きました。雷門前の通りに面した寿司店’まぐろ人(びと)’で新鮮なお寿司の立ち食い。二人とも大いに満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

文科省「先導的教育情報化推進プログラム」実施団体決まる:MSN毎日インタラクティブニュースより

文科省の公募「先導的教育情報化推進プログラム」の採択結果について、12日18時現在でも文科省のページには正式な発表が出ないのですが、MSN毎日インタラクティブニュースに記事が掲載されましたので、引用してお知らせします。(岡礼子記者の記事です。)

---------------------------
文科省「先導的教育情報化推進プログラム」 実施団体決まる

文部科学省は11日、「先導的教育情報化推進プログラム」事業の実施14団体を発表した。

同事業は、ICT(情報コミュニケーション技術)教育で先導役になる実践的な調査研究を公募したもので、「ICT教育の充実」「学校の先進的なICT環境の整備」「教員のICT指導力向上」「校務の情報化」の4項目に計109団体の応募があった。2007年度政府予算に5億3600万円が盛り込まれ、1団体1年あたり3500万円程度の配分になる見通し。事業の実施期間は3年間だが、1年ごとに見直す。【岡礼子】

実施団体は次の通り。

1.ICT教育の充実
◇NPO「情報ネットワーク活用研究協議会」(ネット上で児童生徒の情報活用能力を検証できる標準テストの開発)
◇千歳科学技術大学(小中高が連携した理数系一貫教育のためのeラーニングシステム開発)
◇東京工科大学(シミュレーションゲームとウェブ上の意見交換を利用した学習方法を開発)
◇日立製作所(デジタルペンを使った教育法開発)
◇日本放送教育協会(テレビ番組とICTを連動した探求型学習の効果研究)

2.学校の先進的なICT環境の整備
◇「ICTの活用による長期欠席の児童生徒に対する支援プロジェクト」(PHSとソーシャル・ネットワーキング・サービス=SNSを使った学習の仕組み研究)
◇NPO「パソコンキッズ」(任天堂DSを使った学習効果研究)
◇財団法人「日本視聴覚教育協会」(教室などでIT機器を操作する簡易型コントローラーの開発)

3.教員のICT指導力向上
◇教育情報化推進協議会(文部科学省の「教員のICT活用指導力チェックリスト」に対応した評価法開発)
◇日本教育工学協会(管理職向けICT研修カリキュラム開発)
◇メディア教育開発センター(ICT指導力向上のためのウェブ学習システム開発)

4.校務の情報化
◇「NTT西日本-岐阜」(岐阜市立小中学校と連携し、外部からアクセス可能な校務システムを開発)
◇熊本県教育委員会(校務支援ウェブシステム開発)
◇日本支援教育実践学会(特別支援教育のための校務システム構築)

2007年6月11日
-------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

雨の薬師池公園:アヤメとアジサイ

Yakusi38Yakusi83Yakusi92アヤメが見ごろというので、先週に続いて薬師池公園にやって来ました。
車を降りた時から雨が降り出しました。傘の花も咲いていました。

Yakusi62Yakusi59Yakusi54Yakusi52池には、白、黄色、紫と色とりどりのアヤメが見事に咲いていました。

Yakusi06Yakusi77Yakusi93Yakusi47降り出した雨に、アジサイの色も冴えていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

New Education Expo 2007の3日目:ICTを活用した国語と算数の公開授業

今日は、New Education Expo 2007の3日目(最終日)です。
午前中は公開授業「普通教室でのICTを活用した国語・算数」に参加しました。

Nee07027Nee07029◆【国語】筑波大学附属小学校の青山由紀先生による光村図書のデジタル教科書を活用した「アップとルーズ」という単元です。青山先生の授業は、「くじら雲」など光村図書さんのDVDを見て感動していましたが、児童も参加した実物の授業はさらに迫力があり、ますます感動しました。

Nee07034Nee07035◆【算数】筑波大学附属小学校の山本良和先生による内田洋行の教材提示ソフト「スクールプレゼンター」を活用した「いろいろな形(直線でできる形)」です。山本先生は「私の授業観に合うものでないと使えない」という信念から教材は全て自作だそうです。

どちらも、日本で最高レベルの授業力のある先生と優秀な子どもたちが創り上げる最高の授業でした。
一番驚いたのは、会場いっぱいで立ち見も出るほどの観衆の中、集中して普段通りの授業を繰り広げる子どもたちの姿です。

Nee07036Nee07041午後は、メディア教育開発センターの中川一史教授のコーディネイトで、秋田大学教育文化学部の阿部昇教授、筑波大学大学院の清水静海准教授に、午前中公開授業をした青山由紀先生と山本良和先生も加わったパネルディスカッション「教科教育におけるICTの効果的な活用」です。
阿部教授があえて挑戦的な論評をされ、その意見に対して現場のお二人が自論で応酬するという展開で、緊張感のあるディスカッションになりました。

◆「ICT活用は、教師の授業デザインおよび子どもの学びをどう変えるのか?」
◇山本先生:単純にPCを使うだけでも子どもは食いついてくれるが、「動かせる」など内発的なものを引き出すことが大事。
◇青山先生:①マーカーの引き方など(教師主体)と②子どもたちの思考に合わせてその場で授業デザインを変えていくやり方の両方ができる。
◇清水先生:「最初に全てを見せない」ことは重要。私は私の授業観に会わないものでないと使わない。(自分で工夫する)。算数は概念の形式だから、ICT+さわったり・触れたり。
◇阿部先生:「まずICTありき」ではない。必要なものを必要な場面で使う。「教科教育論」「指導論」そして「板書」も必要。共同研究で体系をつくる必要がある。

青山先生は午前の公開授業終了時に集められたアンケートの質問に答える形で、子どもたち同士のやりとりや話し合い(議論)には「話題の共有化」が重要であること、またこの学級の子どもたちは「話し出しの言葉」を持っていると話されました。「話し出しの言葉」は議論を円滑にする技術ですが、社会人でもなかなか持っていないしその必要性すら認識していません。小学4年生がそのコミュニケーションスキルを持っていて、使いこなしているというのは驚きです。

Nee07043中川一史先生の予め準備されたストーリーとキーワード、そして臨機応変なコーディネートと、手品のように瞬時に「まとめのスライド」を作って表示する技にはいつも驚嘆させられます。今回は画面の切り替え操作も担当されていました。
中川一史先生の「まとめのスライド」をご紹介します。

◆学習効果の方程式
 教師の活用意図、授業の活用シーン、(ICTの)特徴理解
 ⇒(教師の実感) ⇒学習効果

◆あらためてICT活用効果
○イメージをふくらませ言語化へ
 →映像と言葉の行き来
○思考を深める手助けに
 →調べる、比較する、構成する、試行錯誤する、情報共有する
○「わかる」から「できる」への展開へ
 →モデル化、見通し
○伝えたいことをよりわかりやすく・効果的に
 →拡大提示、プレゼンテーション
○ねらいに直結する知識・理解の補完に
 →繰り返し、履歴
○関心・意欲の高まりに
 →焦点化、インパクト
○負担の軽減・効率化のために
 →時間短縮

◆学校でできること 地域でできること
 学習効果の周知
 より使いやすいICT環境の充実・工夫

-------------------------------
企業展示のコーナーで堀田龍也先生とすれ違いました。「関さん、ブログ見ましたよ。陰山先生の講演、とても参考になりました。」と嬉しい言葉をかけていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

陰山英男氏講演:「私には夢があります。小学校入学時に一人一台のマイパソコンとしてタブレットPCが渡されるということです」

Nee07002Nee07003本日から3日間、東京お台場のファッションタウンビルでNew Education Expo 2007が開催されています。
今日は朝から一日中会場にいました。次の3つのセッションに参加しました。

(1)新しい教育の仕組みづくりのための文部科学省の取組み(新教育システム開発プログラム)【文科省 澤川和宏氏 他】
(2)21世紀の日本と教育の再生 【日本学術振興会 小野元之氏】
(3)学力問題の新たな展開とICT 【立命館 陰山英男氏】

Nee07046一番インパクトがあったのは、15:00からの陰山英男先生の講演でした。
講演の最後に、「私には夢があります。小学校入学時に一人一台のマイパソコンとしてタブレットPCが渡される。そしてそのパソコンにそれぞれの子どもたちの学習履歴が保管され、一人一人に応じた学習指導や自己学習が可能となります。」と言われました。私はこのメッセージに感激しました。
陰山先生のことですから、「夢」を語られたということはすでにプランがあり目処がついているということかもしれませんね。それは、同じ「夢」を持っている私としては、とても心強いことです。

陰山英男先生の講演の概要を報告します。
---------------------------------
テーマ:学力問題の新たな展開とICT 「教育再生の新たな動き」
講師:立命館小学校副校長 教育再生会議有識者 陰山英男氏

◆教育再生会議第2次報告の意味するもの
(1)「学校5日制」を基本とすることに
 「学校5日制」については、趣旨を尊重すべきである。土曜日に授業をすることで授業時間を増やし、学力低下問題の解決を図ろうという議論があるが、10数年前に詰め込み教育への批判から国民の総意を受けて「学校5日制」に移行した経緯がある。ここで、「ゆとり教育」に批判があるからといって安易にもとに戻すべきではない。
(2)ICT機器活用を積極的に推進
 ICT活用については前向きな表現が多い。電子黒板やプロジェクター、そして任天堂DSの活用も積極的に推進すべき 
(3)メリハリのある財政基盤
 マインドや国民の総意が大事。総額を増やすべき。どのように増やしていくかが課題。
(4)小坂前文部科学大臣とビル・ゲイツの会話
 ネット環境は、日本は学校の手前までは世界最高レベル(光ファイバー)であるが、学校にあるPCは古い。
(5)免許の更新制や教育委員会評価と改革
(6)打開の評価糸口は社会に評価される実践
 私が総理大臣の前で話せる。それはきちんと実績を出せば認めてもらえるということだと思う。山陽小野田での実践でもいい結果が出た。プロジェクトを仕掛けて成功させているから(総理大臣にも)話を聞いてもらえる。

◆学力や偏差値に関する統計データ
◇教育費の対GDP比率(1999年)
 日本は3.5%で主要国で最低水準。その割りには私費負担率は高い。ただし、少ない教育費の中から教職員の給与に充てられている。教職員の給与はきちんと支給した方がよい。先生方ががんばりやすいい状況になっている。
◇学習時間とTVを視聴する時間
 日本は、家庭学習をする時間は1時間/1日で、主要国の中で最低時間。TVを視聴する時間は2.7時間/1日で一番多い。すなわち、「勉強する時間が一番短く、TVを見ている時間が一番長い」。それでも、学力調査の結果は中の上と頑張っている。これは先生方の指導力の高さといえる。
◇学力は短期勝負でこそ伸びる(山陽小野田の事例)
 3700人の児童の調査結果で、知能指数の平均は102(平成18年5月)⇒110(平成19年2月)に、算数の偏差値の平均は約48⇒約53に伸びた。その要因は「生活習慣の改善」が大きい。
9時までに寝る子の偏差値が一番高い。就寝時間数との関連も驚くほど相関関係があることがわかった。
 一食あたりの摂取食品数と学習成績との相関も調査結果で明らかになっている。「いろいろなものを食べさせると学力も知能指数もそして体力も高い」という結果が出ている。

◆生活習慣の崩れは学力低下への片道特急券
 「早寝、早起き、朝ごはん」の反対の生活、すなわち睡眠不足や食事など食生活の乱れが学力低下の原因となっている。「早寝、早起き、朝ごはん」を文部科学省が取り入れてくれた。
 朝食と知能指数の関係は明らかである。
・毎日食べない:90
・ときどき食べる:98
・毎日食べる:103
朝食を食べさせていない親は、これは虐待に等しい。
 TVは1日に2時間以上視聴していると偏差値は落ちる。(特に算数)。TVを見る時間が多いということは、寝る時間、勉強する時間、読書をする時間、親子の会話の時間が減るということでもある。
 TVの見過ぎはよくない。社会総がかりでの教育再生が必要。教育的配慮のメッセージを出していかなければならない。

◆脳をトレーニングするという考え方
 簡単な計算の方が難しい問題を解くよりも賢くなる理由は、脳が活性化しているからである。本を音読しているときも同じように脳が活性化しているということが、最近の脳の研究で分かってきている。

◆学力作りのポイント
○もっとも重要なのは言語能力
○冬休みと2月は学力向上のポイント
 (冬休みはお正月などでお父さん・お母さんが家にいるから。2月は学校行事がないから。←講演後のQ&Aより)
○成功する詰め込み教育の条件
→早寝、早起き、朝ごはん
→一つのことに短期間集中させること
→教材は基礎基本に限る
→定着期間を大切に(定着期間を含めると、1ヶ月半必要)
○漢字脳の形成が必要
○詰め込みがいいことが分かった(一時期に一つに絞る。基礎基本で定着につながる)
 きちっと定着させることが、学力向上につながる。

◇ニンテンドーDSのいいところ
京都でDSを学習に活用している子どもたちに聞いた。「DSのどこがいい?」
すると意外な答えが返ってきた。「ほめてくれるところがいい!」と。
これは、教育・学習の本質かもしれない。

◆徹底反復がICTと相性がよい
○限られた内容を単純方法で、徹底的に反復
→陰山メソッド(徹底反復学習)
○単純な方法の反復←PCは得意
○パソコンの可能性
→学習履歴が記録可能
→タブレットPC(「書く」という作業)とIQの相性→デジタル学習の本命
○効率的な学習、計画的な学習
→漢字前倒し学習への応用(協力 富士通
 「新出漢字指導時の評価」:従来のノートによる方法と「手書き電子教材」による方法では、「手書き電子教材」では1時限に倍の漢字習得が可能であるという結果が得られた。

◆まとめ
○今後10年間で若手教員に替わっていくので、PC活用は有効
○単純なことはPCに任せて、教師は教師でしかできないことをやる。ムダをなくす。すなわちこれはトヨタ方式(カイゼン)である。
○「私は隠れ’ゆとり派’」です。

◆デジタル学習の可能性
○電子黒板
 板書の時間が省ける
○タブレットPC
 究極の個別指導が可能(学習履歴が残る)
○テレビ会議の活用

◆私の夢(I have a dream)
 「私には夢があります。小学校入学時に一人一台のマイパソコンとしてタブレットPCが渡される。そしてそのパソコンにそれぞれの子どもたちの学習履歴が保管され、一人一人に応じた学習指導や学習の参考データとなるということです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

埼玉県総合教育センター訪問

今日は、埼玉県総合教育センター深谷支所を訪問しました。
Fukaya45最寄り駅の深谷駅は煉瓦(れんが)で造られています。明治の実業家・渋沢栄一は、当時の東京改造計画に使う煉瓦を大量生産するために日本初機械式煉瓦工場をこの地に設立したそうです。駅前に立派な銅像も立っていました。平成8年8月、2年の歳月を費やして、東京駅に似たすばらしい深谷駅(ミニ東京駅)が完成しということだそうです。

Fukaya506月20日に予定している、教科「情報」の初任者研修の講師を頼まれていて、その事前打合せです。
未来を担う子どもたちに教える若い先生方に私からのメッセージを伝えることができるということで、張り切って準備しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

【おすすめサイト】岡礼子記者の赤堀侃司先生へのインタビュー:「学力とは何か」読者の反響特集

以前ご紹介した’【おすすめサイト】岡礼子記者の赤堀侃司先生へのインタビュー:もっと先生を褒めて応援してほしい!’に対する’読者の反響特集’が掲載されました。
岡記者から直々のお知らせメールが届きましたので、この記事も【おすすめサイト】として紹介させていただきます。
------------------------------
◇子供には勉強してほしい(東京都 子年の母 34歳女性)
◇中国の学生のモチベーション高い(中国・上海市 Y.Yongquan 20代女性)
◇生徒ひとりひとりの能力に気づくことが必要(米ワシントン州 ちえ・大澤-BRINGMAN 30代女性)
◇「スーパーマン」育てるシステムない(京都府 おっさん先生 50代男性)
◇基本は「師弟関係」(東京都 矢崎千 65歳男性)
◇企業が求める人材と、学生の間にギャップ感じる(島根県 納賀良一 60代男性)
◇底辺の大学の状況、認識してほしい(東京都 石川勝 40代男性)
------------------------------
詳細は岡記者の記事をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

汐留シティセンター、東京タワー、芝公園ビル、赤門前、そして新橋のニコラス

午前中は汐留(本社)、午後は芝公園ビルでFLMと打合せおよび総合デザインセンター訪問、夕方は東大の赤門前の通りに面したラティオ・インターナショナルで打合せ、そして夜は新橋のピザハウス’ニコラス’で昔の仕事仲間との懇親会でした。

070604141007060414030706041407昼休みに時間があったので’東京タワーの展望台(150m)’に上りました。お台場や皇居、六本木ヒルズなどが見えました.東京タワーに上ったのは随分久しぶりです。35年振りくらいです.東京タワーはお誕生日の人は無料で展望台に入れるそうです。(お誕生日には、証明書を持ってぜひどうぞ)

070604142507060514290706041435新橋のピザハウス’ニコラス’では、27年前にスタートしたプロジェクト(司法書士専用機’FACOM司’プロジェクト)の関係者17名が集いました。プロジェクト終了後も毎年忘年会が続いている不思議な会です。今日は、中山さんと私の’還暦祝い’の会となりました。「みなさん、本当にありがとうございました!」

0706041439家に帰ると、いただいた花束を妻が花瓶に飾ってくれました。

今日も、とても幸せな一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

寺家ふるさと村&薬師池公園でザリガニ釣り

今日はいつも我が家に遊びにきてくれるお友だち(小学4年生)と三人で、寺家ふるさと村薬師池公園に出かけてザリガニ釣りをしました。

Jike3009Jike3008Jike3007Jike3001寺家ふるさと村では、アメンボウやタニシやカエルを見つけました。

Jike3013Jike3014Jike3016エサのイカを糸に吊るしてザリガニを釣り上げます。ザリガニはエサに食いつくものの、吊り上げようとするとすぐにエサを放すのでなかなか釣り上げられません。岩陰から追い出して網ですくったりして、2匹ゲットしました!(左の写真は、ザリガニがエサに食いついた決定的瞬間です。クリックすると拡大できます。)

Jike3022Jike3025Jike3024薬師池公園では、ハスの池でザリガニ釣りに挑戦しましたが釣ることはできませんでした。

Jike3026Jike3027Jike3028そのあと、讃岐うどん「かいと」でランチ、私は’あなごテンプラうどん’です。デザートには、初めて’アイスクリームの天ぷら’を食べました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

多摩動物公園の紙芝居&百草園の紫陽花

Tzoo8061Tzoo8086Tzoo8091今日は土曜日。久しぶりに多摩動物公園のサービス・ガイド(ボランティア)に行きました。前回に引き続き’ゾウ担当’です。
今日のパートナーは紙芝居の名人の先輩です。私がいつも読んでいるのは市販の紙芝居ですが、先輩はストーリーも絵も自作です。去年、盛岡の動物園に行ってしまった’小象マオ’のドキュメンタリー風の物語です。そして、語りも心がこもっていて、わかりやすく、しかも臨機応変です。まだまだ、新米の私には足元にも及びません。

多摩動物公園の帰りに、途中下車して’京王 百草園(もぐさえん)’に行ってみることにしました。電車の中の広告を見たからです。
Mogu0100Mogu0103Mogu0104百草園駅徒歩10分とありましたが、百草園駅からは急な上り坂が続きます。
「あとひといき」という看板からは、もっと急勾配の坂道です。
やっと入り口に着くと中は、またさらに急な階段を登っていきます。
Mogu0111Mogu0122Mogu0128Mogu0124山の中にたしかに綺麗な紫陽花が咲いていました。名も知らない白い花も咲いていました。団地の見慣れたアジザイもいいけれど、フーフーと言いながら坂道歩いて見る山の中の野性味あふれる紫陽花もいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »