« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

’こまばエミナース’での特別支援教育講演会&たまプラーザの’夏祭り’

Komaba02Komaba05今日は、13:30からの’こまばエミナース’での、親の会「けやき」7月例会・特別支援教育講演会に参加しました。


講師は東京都教育庁指導部 特別支援教育担当 主任指導主事の太田裕子氏です。
東京都の特別支援教育
 -1学期が経過した時点での反響や実績などー
 (発達障害への支援を中心に)と題して、お話をされました。

◆「一人一人輝くための特別支援教育が始まる」
◆「特別支援教育とは」
◆東京都における第1次実施計画(平成16年度~19年度)
 ・北区、調布市、あきる野市、八王子市のモデル事業の取組から
◆第1次実施期間における課題
 ・障害者に対する理解・啓発は充分か?
 ・システムは機能しているか?
 ・中身は充実しているか?
◆東京都特別支援教育推進計画第2次実施計画案(7月17日にHPに公開したばかり)
 ・区市町村における特別支援教育の充実の支援(連携)
◆発達障害の教育を今後どのように位置づけていけばよいのか?
 ・特別な障害として位置づけていくのがよいのか?
 ・一つの個性としてみていくことがよいのか?
 ・早期教育において/高等教育において/就労・社会的自立に向けて

◇最近、知的障害・情緒障害が急激に増えており、「新しい先生」のところはうまくいかないことが多い
◇全国LD親の会・会員調査<本人アンケートから>
 ・いじめられた:39.5% (「どちらかというと、いじめられた」を含めると:63.2%)
 ・自分の考えを説明したり、意見を発表するのが苦手という子どもが多い
 ・楽しみな授業は? ⇒「数学」「体育」(数学の授業では板書してくれるのでわかりやすい。逆に「国語」は、板書が少なく、何が要点かわからない)
 ・学校に希望することは? ⇒「先生に話をじっくり聞いてほしい」と「一人になって落ち着ける場所がほしい」が第一位

太田裕子氏のお話は、「豊かな経験」と「障害をもつ子どもたちとその家族への愛情」にあふれた、分かりやすくて次のステップへの希望がもてるいいお話だったと感じました。

(8月24日(金)に御殿場養護学校の先生方を対象にした研修会で講師をする予定になっているので、特別支援教育の最近の状況について勉強したく、この講演会に参加しました。)
---------------------------------------

夜は’たまプラーザの夏祭り’がありました。今日(土曜日)と明日(日曜日)の2日間です。美しが丘1丁目のあちらこちらでイベントが開催されています。

Tamap911Tamap914Tamap927_2メインイベントはやっぱり、美しが丘公園の少年野球場での’盆踊り’でしょう。子どもたちから、若者、そしてお年寄りまで、輪になって踊ります。

Tamap908夜店もたくさん出ています。
今年は特に、若い人たちの浴衣姿が目立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

群馬県総合教育センター:授業におけるICT活用研修講座

Gunma334Gunma335今日は、群馬県総合教育センターに来ています。「授業におけるICT活用研修講座」において、「授業改革とタブレットPC」というテーマで、プレゼンテーションをさせていただきました。2グループに対してそれぞれ30分です。

------------------------------
「授業改革とタブレットPC」(プレゼンテーション概要)

Gunma3401.高度情報化社会のこれから
1.1 最近の情報技術のキーワード
(1)フィールド・イノベーション
(2)環境&ユニバーサルデザイン
1.2 IT新改革戦略(u-Japan計画)における「教育の情報化」
◇次世代を見据えた人的基盤つくり
 -全ての教員へのIT機器の整備、IT活用による学力向上ー
 「IT新改革戦略」(2006年1月19日公開)
○目標
(1)教員一人に一台のコンピュータ及びネットワーク環境の整備
(2)教員のIT指導力の評価等により教員のIT活用能力を向上させる
(3)自ら学ぶ意欲に応えるような、ITを活用した学習機会を提供する
(4)教科指導におけるITの活用、小学校における情報モラル教育等を通じ、児童生徒の情報モラルを含む情報活用能力を向上させる

Gunma342Gunma3452.授業改革への挑戦(教育現場のフィールド・イノベーション)
2.1 電子黒板とデジタル教科書
2.2 タブレットPC
タブレットPC活用で授業が変わる、学習が変わる
(1)タブレットPCの活用(シンガポールの学校)
(2)手書きソフトの事例(手書き電子教材他)
(3)特別支援教育の事例(キッズタッチシリーズ

3.まとめ
3.1  私には夢があります
「未来の教室」を協働で創りあげていくことです
-----------------------------------

齋藤先生からは、「タブレットPCの良さが参加者に伝わったようです」との嬉しいメールをいただきました。そして、さっそくプレゼンテーションの様子を齋藤先生のブログに写真入で掲載していただきました。
また、今回の研修にお招きいただいた小池先生からは、「タブレットPCもどんどん進化しているのを、実感しました」とメールをいただきました。
齋藤先生、小池先生、このような機会を与えていただきたいへんありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

【本紹介】コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス

Unplag
「コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス」のご紹介です。

監訳者:兼宗進
翻訳者:正田良、鎌田敏之、紅林秀治
翻訳協力者:西田知博、井戸坂幸男、保福やよい
追補執筆者:久野靖
ISBN978-4-904013-00-7 C3037
¥1,500E
7月25日製了予定

目次
第1部 データ:情報を表す素材
 学習1 点を数える (2進数)
 学習2 色を数で表す (画像表現)
 学習3 それ、さっきも言った (テキスト圧縮)
 学習4 カード交換の手品 (エラー検出とエラー訂正)
 学習5 20の扉 (情報理論)
第2部 コンピュータを働かせる:アルゴリズム
 学習6 戦艦 (探索アルゴリズム)
 学習7 いちばん軽いと一番重い (整列アルゴリズム)
 学習8 時間内に仕事を終えろ (並び替えネットワーク)
 学習9 マッディ市プロジェクト (最小全域木)
 学習10 みかんゲーム (ネットワークにおけるルーティングとデッドロック)
第3部 コンピュータに何をすべきか教える:手続の表現
 学習11 宝探し (有限状態オートマトン)
 学習12 出発進行 (プログラミング言語)

---------------------------------------
 21世紀の情報社会を迎え、人々はコンピュータを使いながら生活するようになりました。これからの社会を生きていく子どもたちには、単に「コンピュータを使える」というだけでなく、「コンピュータを使いこなして生きていく」力が求められています。

 原著者たちは普段、コンピュータアルゴリズムの専門家として数式に囲まれながら研究を進めているはずですが、この本では10年以上前に、ティム・ベル博士が当時小学生だったお嬢さんに教えたときの体験を元に書かれているため、とても楽しく、わかりやすい内容になっています。
その後、この教具を使った学習法は多くの学校で改良を重ね、各国で公開されてきました。このたび、日本でもこの効果的な学習法を出版することができ、とても光栄に感じています。国内で行った実験授業では、小学生でも理解できるというだけでなく、特に中学校と高校の技術や情報の授業で大きな効果があることがわかりました。

(『日本語版発刊にあたって』より抜粋引用)
---------------------------------------

原久太郎さんが社長をしている株式会社 イーテキスト研究所の出版部の発行です。
ご注文は、⇒こちらから。
なお、私(関 幸一)もイーテキスト研究所の関係者ですので、この本がたくさん売れることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

今日の多摩動物公園:クジャクの羽根が抜けてしまいました

多摩動物公園に来ています。今日は正面の情報テントの担当です。

Tzoo7001Tzoo7007Tzoo7005天気予報が’雨’だったためか、夏休み初日で土曜日にもかかわらずお客さんは少なかったです。正門前の’情報テント’には、いつものクジャクが遊びに来てくれました。クジャクのあの素晴らしい羽根は先週すっかり抜けて、短くなってしまっていました。
(今日は、動物園に来て見た動物は、このクジャクとハトだけでした・・・。)

----------------------
’日経トレンディ’8月号に、日本の動物園の「ビックリ度」格付けが掲載されていましたが、多摩動物公園は数多い動物園の中で第三位でした!!
第一位はあの旭山動物園。第二位は恩賜上野動物園でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

川崎大師の’風鈴市’に行ってきました

Fuurin20Fuurin28Fuurin37Fuurin56今日は、川崎大師の風鈴市に行ってきました。
浴衣姿の女性たちが輪になって踊っているのが、とても風情がありました。

Fuurin23Fuurin26Fuurin39Fuurin43仲見世通りと境内では、いろいろな種類の風鈴が売られていました。

Fuurin36Fuurin53Fuurin48Fuurin50川崎大師のオリジナル’だるま風鈴’や、’南部鉄風鈴’、’高知くじら風鈴’、’長野諏訪ガラス風鈴’など地方色豊かなものもありました。

Fuurin67Fuurin62Fuurin73Fuurin77猿回しも頑張っていました。14才の高齢のサルは芸達者で、背丈の1.5倍のバーをジャンプして、拍手喝采を受けていました。(写真をクリックすると、少し大きく表示されます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

【イベント参加報告】JAPET「ICT教育利用研究開発委員会全体会」

Japet202_1Japet204今日は、四ツ谷駅前の婦人会館で実施された、日本教育工学振興会(JAPET)の「ICT教育利用研究開発委員会全体会」に参加しました。


Japet213Japet206最初に、JAPETの坂元昂会長によるミニセミナ「ネットワーク教材活用をめぐる最新の動向」がありましたので、キーワードと感想を報告します。

1. 21世紀のスキル
・21世紀のスキルの枠組み
・ISTEのNETS・S(生徒用の米国教育技術標準)の改訂版
(1)Creativity and Innovation(創造性と革新)
(2)Communication and Collaboration(コミュニケーションと協働)
(3)Reseach and Information Fluency(研究と情報能力)
(4)Critical Thinking,Problem-solving & Decision-Making(批判的な思考、問題解決能力、意思決定)
(5)Dijital Citizenship(情報モラル)
(6)Technology Operations and Concept(情報技術と情報リテラシー)
・ISTEのNETS・T(教師用の米国教育技術標準)改訂作業
 教師用の米国教育技術標準は、旧来のままである。現在はこれをどう変えていくかを議論しているところ。生徒用の米国教育技術標準のような内容・優先順位に変えられると予想される。

2. デジタル教材
◆充実するアメリカのオンライン教材(3つの事例)
(1)Verison財団が支援するThinkfinity
 超一流教育関連専門団体(スミソニアンアメリカ史博物館など)が、連邦及び各州のカリキュラム基準に準拠した教材を学校に無料提供している。
(2)Discovery EDUCATION のunitedstreaming
 ビデオストリーミングで、K-12(幼稚園から高校まで)向けカリキュラム基準準拠の優れたマルチメディア教材を学校に提供している。4,000点のデジタルビデオ、4万点のコンテンツが全教科にわたって用意されている。
(3)アニメ教材を活かしたポケモンLearning League
 人気アニメ、ポケモンが、連邦や各州のカリキュラムに準拠したオンライン教材となって人気を集めている。
 3年から6年生向けの算数、理科、国語の子どもにやる気を起こさせるコンテンツとなっている。

3. アニメ・ゲームソフトの教育利用
 米国のポケモンLearning Leagueの他に、’ムーミンのフィンランド紹介ソフト’も好評である。

4. PDの新しい動き

5. 平成20年度に向けての予算対策
◆日本でも、政府主導によるデジタル・オンライン・コンテンツの開発・配信・活用を充実させるべく施策や予算化の措置が大いに期待される。

(坂元昂JAPET会長の言われるように、日本政府が教育の情報化にもっと力を入れて、デジタル教科書をはじめとする教育用デジタル・コンテンツの開発・配信・活用が促進されるような政策立案と予算化が期待される。そのためにも、JAPETのこのような活動は重要であると思う。坂元会長のリーダーシップや影響力にも期待している。)

-------------------------------

JAPETの会員企業を就中心とするメンバーが自主的に4つのプロジェクトで活動しています。
・第1プロジェクト:「ネットワークにおける教育コンテンツの流通に関する調査研究」
・第2プロジェクト:「教育用ソフトウェア・コンテンツの活用に関する調査研究」
・第3プロジェクト:「教育用コンピュータ等に関する調査研究」
・第4プロジェクト:「掲示用ICT機器とデジタル教科書などのデジタルコンテンツの有効活用事例の調査研究」
私は、去年から始まった第4プロジェクトに委員として参加しています。今回は、日本電子情報ボード普及協議会(JEIBA)の広報担当として参加しました。

平成19年度の活動方針や各プロジェクトごとの討議と報告がありました。(クローズドな会議なので、報告は省略します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

京都の旅:鞍馬山・貴船神社&京都市立動物園

神戸・大阪・和歌山・奈良・京都の旅の最終日です。

Kyoto060Kyoto063Kyoto106Kyoto095出町柳駅から叡山電鉄に乗り換えて終点の鞍馬駅で下車して、鞍馬山に向かいました。
梅雨の晴れ間にホトトギスの鳴き声が不意に響きます。
今は緑の季節。山も谷も深い緑に覆われています。

Kyoto069Kyoto091Kyoto121Kyoto148鞍馬山ケーブルに乗らずに、仁王門、由岐神社、本殿金堂、霊宝殿と山道を登りました。

Kyoto105Kyoto127鞍馬駅から本殿金堂までは約1.3km、結構きつい上り坂がつづきます。
夏とは言えど’いと涼しい’鞍馬山のハイキングは、それでも汗をいっぱいかきました。

霊宝殿から貴船神社へは山を下ります。

Kyoto146Kyoto159Kyoto147まず出会うのは、牛若丸がこの地を離れるときに名残を惜しんで背を比べたといわれる’背比べ石’です。このあたりは岩盤が固いため地下に根を張れない木の根が地表を這う’木の根道’がつづきます。下り坂なので、つい途中で休憩をとるのを忘れてしまいます。

Kyoto177Kyoto187Kyoto186貴船神社では鴨川の上流にあたり、水の神様などをまつり、水にかかわる人々からの信仰をあつめているようです。川沿いに川床料理のお店がたくさん並んでいました。ちょっと贅沢な夏の涼み方なんでしょう。
(次は妻と来たい。)

貴船口まで下りて、叡山電鉄に乗り出町柳駅にもどりました。
-------------------------------------
思い出深い’嵯峨野・天竜寺’と、国宝第1号の弥勒菩薩半跏思惟像がある’広隆寺’を訪れる予定でしたが、山歩きがきつかったので、近くの京都市立動物園に予定を変更しました。また次の機会に訪れてみたいと思います。

この動物園は、こじんまりとした普通の動物園でした。目立つ展示はないが子どもたちにはゾウやキリンはやっぱり人気者でした。

Kyoto017Kyoto015Kyoto027ゾウの名前は’美都(みと)ちゃん’(1971年生まれ)。特技はお客さんにハナで水をかけることのようでした。少しねばって、その特技を目撃できました。
他にペンギンやフクロウも人気者でした。

Kyoto053Kyo050キリンの写真はちょっと工夫しました。
網の下の方からデジカメのレンズだけ出して、上を向けてシャッターを切ったのです。
うまく撮れたと思います。

(それぞれの写真は、画像をクリックすると少し拡大表示できます。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

世界遺産の旅(奈良県編):興福寺・奈良公園・東大寺・法隆寺そして吉野山

神戸・大阪・和歌山・奈良・京都の旅の第6日目です。(昨日は天気予報が雨だったので旅行は休みにしました。)

Nara0010Nara0009真っ先に向かったのは近鉄奈良駅に近い興福寺です。五重塔(東寺の五重塔に次ぐ高さ50.1m)、阿修羅像が人気の国宝館、そして八角円堂の南円堂が有名です。

Nara0035Nara0046Nara0052Nara0049次に向かったのは奈良公園。鹿に会うためです。たくさん撮った写真の中から、若草山をバックにしたもの、おかあさんシカとあかちゃん、池をバックにしたもの、そして、エサを持った女性をおいかけるシカとカラスの写真を選びました。

Nara0060Nara0067Nara0075東大寺は大仏殿と大仏です。そして、修学旅行に来ていた幼稚園の団体を撮りました。実は、私も幼稚園の修学旅行で奈良(東大寺)に来たことを思い出したからです。丁度、55年前になりますね。

奈良公園のバス停に法隆寺行きの市内循環バスが来たので、それに飛び乗りました。(今回の旅は、だいたいこんな感じです。)

Nara0097Nara0102斑鳩の里にある法隆寺は、世界で一番古い木造建築が伝わることで知られています。708年頃に再建されたそうです。それが、今に伝わる金堂・五重塔・中門・回廊です。そして法隆寺は日本で最初に世界遺産に登録されました。東院の中心伽藍である夢殿は、八角円堂の美しい姿を見せています。

Nara0114Nara0129Nara0134Nara0141今日は奈良県の最南端に位置する吉野山にまで足を伸ばしました。近鉄の吉野駅からロープウェイとマイクロバスを乗り継いで、下千本、中千本、上千本、そして奥千本とある’千本桜’の一番奥まで行きました。
さすがに涼しいです。吉野山には、ぜひ一度来てみたかったのです。やっと夢が叶いました。

きょうもずいぶん歩きました。坂道もたくさんありました。これで夢である’屋久島’でも’マチュピチュ’でも行けるような自信が少しだけついてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

世界遺産の旅(和歌山県編):那智の滝、熊野本宮大社と熊野古道

Nachi123Nchi148Nachi157










---------------------------------------------------------------
今日は6時から旅の宿の朝風呂に入りました。広い浴槽にただ一人です。
窓からは勝浦湾が一望できます。
Nachi119隣の露天風呂にも行って見ました。のんびりと、ゆったりと朝から最高の気分です。

Nachi143Nachi782Nachi790今日は、世界遺産である「那智の滝や熊野本宮大社を見てみたい」、そして「熊野古道も歩いて見たい」と思ったのです。

Nachi122Nachi771Nachi795朝は雨で山も霞がかかっていましたが、午後からは薄日もさしてむし暑くなってきました。
今日は1日、バスに乗り、ひたすら山道を歩き、そして階段を上り下りきました。
「熊野本宮大社」の脇の茶屋で、そよ風とともにいただいた「抹茶付き’もうで餅’」(315円)が美味しかったです。

---------------------------------------------------------------
(「ふたごのパンダ」も、「世界遺産」も、すばらいい観光資源だと思うのですが観光客が少ないですね。どこに行ってもお客さんはマバラらで、バスはどれも私一人で貸切状態でした。「みんな、もっと’日本の旅’を楽しんだらいいのに」と思いました。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

南紀白浜:アドベンチャーワールドのふたごのパンダ(愛浜&明浜)、三段壁&三段壁洞窟

Panda007

Panda516おかあさんパンダ「梅梅(メイメイ)」と去年の12月23日に生まれたふたごの「愛浜(アイヒン)」と「明浜(メイヒン)」を見に、南紀白浜のアドベンチャーワールドに行きました。「梅梅と愛浜&明浜」の部屋の前で、時の経つのを忘れて写真を撮っていました。

Panda020Panda547_1Panda548愛浜と明浜は、いい遊び相手です。「プロレスごっこ」をしているようにいつもジャレあっています。力が拮抗していて、いつも勝負がつきません。

Panda017Panda015Panda018明浜はやんちゃ坊主です。木の上に登っていろんなポーズをとります。そして、遂には’ドーン’と固いコンクリートの床に落ちてしまいました。フラフラしながら、それでもまた木に登ります。

Panda027Panda022おかあさんの梅梅は、2頭のこどもを公平に同じ時間づつ・同じように接しているように見えました。ジャレあったり、甘えさせたり、おっぱいを飲ませたり、ほったらかしにしたりです。

Panda010Panda036Panda042愛浜と明浜が2頭で遊んでいる間は、竹を一生懸命食べていました。食べ終わると’おっぱい’の時間になりました。そして、たっぷりと飲んだあとは3頭とも寝てしまいました。

Panda066Panda082Panda097そのあと、市内循環バスに乗って、三段壁と三段壁洞窟などを見学しました。
三段壁洞窟は、有名な熊野水軍の’船隠し洞窟’だったそうです。

夕方、白浜駅に到着。急遽、地図に載っていた紀伊勝浦の「サンかつうら」を予約しました。明日は、「那智の滝」と「熊野本宮大社」に行くことにしたのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »