« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

昼は「アンプラグドコンピュータサイエンス」の原著者Tim Bellさんと昼食会、夜はASO二子玉川店でディナー

【本紹介】で紹介した「コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス」の原著者であるTim Bellさんが来日されたということで、日本語版の監訳者である兼宗進さんと発行所(イーテキスト研究所)の代表取締役である原久太郎さん、そして関係者のみなさんとで昼食会があり、私も参加させていただきました。
Timbell1_2Timbell4_2Tim Bellさんは、想像していたよりも若い先生でした。
New ZealandのChristchurchにある、University of CanterburyのSenior Lecturerです。
昼食会の会場は京橋の美々卯です。

Timbell6_2Timbell8_2食事後、みんなで京橋から銀座4丁目まで銀ブラを楽しみました。
途中、「伊藤屋」で思い思いのお買い物をしました。
その後、私は銀座4丁目でみなさんと別れました。


Aso0053Aso0049夜は、玉川高島屋S・C南館11階の‘代官山ASO チェレステ 二子玉川店’でディナーです。
私たち夫婦と長男&次男の夫婦、6人で久しぶりの食事会です。
それぞれの、再就職祝い、誕生日の祝い、結婚式一周年のお祝いをしました。
料理もおいしくいただき、幸せな語らいのひとときを過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

久しぶりにCECとJAPETに行きました:今日は中秋の名月

今日は久しぶりにCEC(白金高輪)とJAPET(溜池山王)に行きました。
学校に再就職して、3週間が経過しました。(日々のお仕事や、学園際などの学校のイベントもブログで紹介したい気持ちはあるのですが、学校の迷惑になってはいけないと思い、ブログには掲載しないことにしています。)

Cec15813:30にCEC(財団法人コンピュータ教育開発センター)を訪問しました。2年前までの6年間、勤務したところです。「教育の情報化の推進」が私のミッションでしたが、IT機器や教育用ソフト&コンテンツの‘普及’という観点で活動をしていました。今は、学校現場にいますので‘活用’という視点に立っています。「電子黒板」「デジタル教科書」そして「タブレットPC」などの活用事例や「ネット社会の歩き方」などのデジタル・コンテンツは、学校にとってとても貴重な情報でありノウハウです。「何を」「いつ」「どのような方法で」学内に知らしめ活用していこうかと考えています。
今日、CECに訪問したのは、10月20日(土)に予定されている『宮島サロン』(宮島龍興先生を中心とした勉強会)の下準備のため、CECの赤松さん・南さんと打合せをするためです。私は事務局(世話役)を担当しています。

Japet16315:00にはJAPET(社団法人日本教育工学振興会)を訪問しました。今年度の自主事業である「第4プロジェクト」の会議に出席するためです。一応、JEIBA(日本電子情報ボード普及協議会)の広報担当という立場での参加です。
「提示用ICT機器とデジタル教科書などデジタルコンテンツの有効活用事例の調査研究プロジェクト」ということで、電子黒板とデジタル教科書の普及がテーマです。平日の15:00から会議が行われるので普段は参加できないのですが、今日は学園際の代休日(全校休校日)ということで久しぶりに参加しました。
こちらも、‘普及’という観点から‘活用’という視点に見方が変わっている自分を発見しました。

会議後、大輪プロジェクトリーダーとサブリーダーの高田さん、畠田さん、黒川さんを含む7名が参加して、虎ノ門の飲み屋でざっくばらんな懇親会がありました。「日本の教育工学を今後どうしていくのか?」などというまじめな話題に終始していました。やっぱり、みんな‘素敵な仲間’です。

Moon5180帰り道空を見上げると、満月が出ていました。
そうです。今日は‘中秋の名月’です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

京都に来ています:嵯峨野のトロッコ列車と天龍寺

今日は神戸から横浜に帰る途中、京都・嵯峨野に来ています。

7月 6日の京都の旅で行けなかった嵯峨野のトロッコ列車天龍寺への旅を楽しみました。
Sagano25


Sagano06Sagano12阪急「六甲」から阪急「嵐山」まで約1時間半、嵐山に着きました。
‘渡月橋’を急いで渡り、トロッコ嵯峨駅までは徒歩12分。9:50発の‘嵯峨野1号’(休日のみ運行の始発列車)に乗ることができました。

ほぼ満席でしたが、一人席が一つだけ空いていました。あとは立ち見席です。3連休の最終日、とても賑わっていました。
列車が走り出すと、「とって~~も涼しい」です!!
Sagano20Sagano18終着のトロッコ亀岡駅まで25分。前半は、列車の左側に保津川が見えます。ときどき‘保津川下り’の船が見えます。列車に手を振ってくれています。後半は、列車の右側が保津川です。
途中で2回、眺めのいいところで、列車が止まってくれます。「運転手の特別サービス」だそうです。

Sagano33もう一つ、特別サービスがあります。‘鬼の出現!’です。
鬼は、台湾からの観光客には中国語で話しかけていました。
小さな子どもが顔見て泣くので、「機関車トーマスのお面」を鬼のお面の上にかぶったりもしていました。

Sagano39トロッコ亀岡駅に着くと、5分間の乗降の時間ですぐに折り返し運転となります。多くの人たちは降りました。きっと‘保津川下り’を楽しんだりするのでしょう。私は、往復ともトロッコ列車です。帰りは、どこにどんな景色があるかわかっているので、シャッターチャンスを逃しません。タヌキの置物がなんともひょうきんでした。

----------------
Sagano87帰りは、終着の‘トロッコ嵯峨駅’ではなく、一つ手前の‘トロッコ嵐山駅’で降りました。
すぐ隣が目指す天龍寺だからです。

Sagano84Sagano73Sagano89Sagano66天龍寺は、40年前に当時館長だった関牧翁さんにお手紙を書いて、「今、あなたが与えられている場所で全力を尽くしなさい」というお返事をもらったことがあり、特別に思い出深いお寺なんです。

(庭のキノコが、‘もののけ姫’に出てくる‘コダマ’のようでした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

日野原重明先生のビデオメッセージ:若い人たちには「ビジョンとモデルをもちなさい!」と言いたい

Kgjh5002今日は、大阪国際会議場で開催されている関西学院中学部『創立60周年記念合同同窓会』に参加しています。
関西学院中学部は、1889年(明治22年)に原田の森(現在の神戸市王子公園)に誕生しました。今年は戦後の1947年(私が生まれた年)に新制中学部となってから創立60周年を迎えます。

午後3時半から記念式典が始まりました。
Kgjh5015関西学院のルーツを辿る』と題して、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生(関西学院旧制中学部卒業生)のビデオメッセージで始まりました。
◇よい教育をするには‘感化力’を持つ先生が必要
若い人たちには「ビジョンとモデルをもちなさい」と言いたい
◇Vision Venture & Victory
◇人は人の役に立つ仕事(天職)を見つけたとき、強くなれる(睡眠時間の短い生活でも耐えられる)
◇ゲーテいわく「私の作品は誰かから与えられ、それを勤勉に編成しただけである」
◇成長した自分が今あるのは、誰かに負うところが大きい
など、心に響くメッセージをいただきました。
特に学校に勤めることになった今、「ビジョンとモデルをもちなさい」というメッセージが一番心に響きました。
日野原先生は、危篤の母に対しすばやく往診に駆けつけてくれたり、貧しい家計を思って治療費を請求しなかった家族医に感動し、「あのようなお医者さんになりたい」という思いが医学を志した動機となったそうです。
今話題の‘ハニカミ王子’こと石川遼くんの‘ビジョン’は「マスターズで優勝すること」であり、‘モデル’は「タイガー・ウッズ」ということになるでしょう。そういえば、昔は小学生に「偉人伝」を読ませることが多かったように思います。それはきっと、「ビジョンとモデルをもちなさい」ということに繋がっているのでしょう。

Kgjh5019Kgjh5020続いて、加藤隆正代表・尾崎八郎校長・平松一夫学長・安田栄三中学部長(写真、右から)による座談会です。
(平松一夫関西学院学長は、私の中学部・高等部時代の同級生で、大学ももちろん同じ関西学院で10年間同じ学校だったのです。中高の同窓会や東京地区での同窓会でもよくお会いしている48年来の友人です。2年前にはインタビューをさせていただいたこともあります。)

Kgjh5023午後5時半からは、全回生合同の懇親会が始まりました。
全体で約1200名の参加。われわれの同期生・第14回生は32名の参加があったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和田中学校校長藤原和博氏講演:「ネットワーク型の授業・教師・学校経営」

今日は大阪に来ています。
富士通関西システムラボラトリで開催されている、JAPET主催の情報教育対応教育研修全国セミナー:Educational Solution Seminar 2007 in 大阪です。

Fgs4980Fgs497812:00からの展示を見学しています。
昨日の「ペン入力コミュニティ」キックオフセミナーでお会いした小学館の伊藤編集長にこのイベントのチラシをもらいました。15:30からの合同同窓会まで少し時間があり、場所も近いので参加することにしました。伊藤編集長は「デジタルドラゼミ」を展示されています。昨日、講演された富士通研究所は「手書き電子教材」を展示されています。タブレットPCや手書きインターフェイスに焦点が当てられているようです。

Fgs4984Fgs498213:00からは、JAPETの高橋事務局次長のご挨拶、杉並区立和田中学校の藤原和博校長の講演、尾道市立土堂小学校の山根僚介教諭の事例発表などがありました。

Fgs4992_2Fgs4987Fgs49901.学校改革「公教育の未来」と情報教育(概要)
 講師:杉並区立和田中学校校長 藤原和博氏

◆ネットワーク型の授業・教師・学校経営
「ネットワーク型の授業」「ネットワーク型の教師」「ネットワーク型の学校経営」が大事
7年間で5000人以上の見学者。「よのなか」科の授業で子どもたちは何をいったい学んでいるのか?
日本の教育の現状は、‘レッテル型の教育’が降ってくるという状況

・「外とつながった」学校経営ができる校長先生の育成
・「外のエネルギーを内に!」
・約60名の地域に人に1部屋与えている
・‘土曜寺子屋(ドテラ)’の実践:約150名が自主登校
・団塊世代がパワーになる
・外の力を借りる⇒先生の生徒に向き合う時間が増える

◇「よのなか」科の授業体験:「ハンバーガー屋さんの店長になってみよう!」
新しいお店の出店場所を考える。着眼点は「稼働率」:朝・昼・晩それぞれ別の客層が来店する場所を見つける

◇外のエネルギーを常に中(学校)で活用できること

◆情報処理力と情報編集力
ネットワーク脳:自分の知恵だけでなく、人とつながっている方が進化する
①情報処理力⇒「正解の導き方」→ジグゾーパズル型(狭義の学力)
 世界観が示された時だけ、力が発揮できる力。高度成長期には必要とされた力。
②情報編集力⇒「納得解の導き方」→レゴ型(真の学力)
 自分自身が納得し、関わる人たちが納得する解を見つける能力。答はたくさんある。
現代社会で必要とされる力。成熟社会を生き抜く力である。

◆なぜITが活用されないのか? どうすれば、ITが活用されるようになるのか
◇教師の手間を省くものでないとダメ
◇「英語のボキュブラリーを増やす学習」「漢字の学習」「計算力をつける学習」など、反復が大事なものにITが向いている
◇メール:CCで情報共有したり、脳の拡張としてITを使えている先生は少ない
◇準備に時間がかかるものはダメ(プロジェクターに接続するまでに時間がかかるなど)
◇発光する薄いディスプレイが出来ないか。「引き」がないといけないプロジェクターはダメ
◇コーディネーターが大事。教員になりたい大学生の活用
◇全国の中学校に「学校支援本部を!」 来年度予算の概算要求
◇SimCityClassicは政治を教えるのによいゲーム。政治とは、「税金をどのように集め、どのように分けるか」ということ。20分で体感できる。

ーーーーーー
藤原校長の講演が終わったところで、私は退席しました。
15:30から大阪国際会議場で、母校(関西学院中学部)の創立60周年記念合同同窓会が始まるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベント参加報告】「ペン入力コミュニティ」キックオフ・セミナー2007

Todai936Todai969東京大学の望月さんにご連絡いただき、「ペン入力コミュニティ」キックオフ・セミナー2007に参加しましたので、ご報告します。
場所は東大理学部の7号館214教室に、定員40名を超える参加者がありました。

「ウルトラモバイルPC(UMPC)、W-Zero3[es]、NintendoDSなど新しいモバイル型インターフェイスとして‘ペン入力’が大変注目されてきている中、このペン入力の可能性をさらに追求するべく、最新のペン入力技術や、ペン入力で便利な道具、面白いソフトウェアをご紹介したり、体験談を交換したりしていただきながら、どうしたらペン入力がより有効に使えるか、もっとペン入力が便利になるには何が必要かなどを考えるためのコミュニティをキックオフします。」というのが望月さんのメッセージです。

‘ペン入力’をキーワードに、ユーザ、メーカーなど企業の人たち、そして技術者・研究者が交流し、いろいろな事例を共有して,未来を語り合う場です。

--------------------------------
■日時:2007年9月14日(金) 15:00~17:30
■場所:東京大学本郷キャンパス 理学部7号館 214教室(2階)
■定員:40名
■プログラム
15:00-15:10 開会挨拶

Odai952Todai95515:10-15:50 手書き電子カルテの活用
中沢一雄氏・国立循環器病センター研究所
◆ペン入力インタフェースの利点
1・文章と図が混在する診察記事のように情報の規格化がしにくい、従来の電子カルテのシステムの枠組みでは上手く入力できない情報が入力できる。
2.片手だけで操作が可能であり、診察時など入力だけに集中できない場合でも簡便に入力することができる。
3.手書き入力によって記載時の臨場感や緊迫感などの状況が伝わり易い。
4.完全な文章ではない直感的メモや連想記憶にも有効であり、思考過程を補助することができる。
5.手書き入力と既存のオーダリングシステムのを組み合わせにより、病院の規模や目的などに応じた柔軟なシステム構築が可能である。
6.電子ペンにIDをつけることで、ユビキタス環境やセキュリティ機能の向上につなげられる。

◆ペン入力インタフェースの課題・問題点
1.電子ペンの操作になれる必要がある
 (やはり実際、紙にペンで書くようなわけにはいかない)
2..電子カルテシステムとしての実績がない
  →当面はオプション機能の一つ
3.ややコスト高である
(4.汚い字はどうするんや!)

Todai960Todai95916:00-17:00 富士通研究所が取り組むペン入力の活用
-教育・自治体・公共サービス-
石垣一司氏・富士通研究所

◆富士通研究所のペン入力への取組(公共、自治体、教育)
・手書きでしかできないこと
 手書き外字検索 自治体向け応用
・手書きが本質的に必要なこと
 手書き電子教材 教育応用
 「書く」う行為による学習支援→ 「書いて覚える」
・手書きでないとできないこと
 手書き電子黒板(@Board) 教育/会議向け応用

Todai96417:00-17:30 ディスカッション
4人ずつのグループに分かれて、意見交換をしました。我々のグループでは、自己紹介からはじめました。
いろいろな立場の人がいて、有意義な時間を過ごせました。

私には、石垣さんが最後に紹介した、吉田松陰の言葉がとても印象的でした。

「書を読むものは其の精力の半ばを筆記に費やすべし」(吉田松陰)
  -「ひとすじの蛍火 吉田松陰 人とことば」関 厚夫 文春新書ー

人間にとって、‘手書き’ってとても大切だと思うんです。
これを機会に、‘ペン入力コミュニティ’がますます発展していくことを願っています。

懇親会 18:00-20:00 ルヴェソン・ベール@本郷(フォーレスト本郷内)

(懇親会には参加せず、神戸に向かいました。3連休の前日のためか、東京駅は人であふれていました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

【本紹介】教師のためのExcel活用術

Excel4l教師のためのExcel活用術ーこれだけわかれば使える! 』(単行本) 冨永 敦子 (著)

教師がすぐに使えて便利なエクセルの技を難しい専門用語を使わずに、図解で分かりやすく解説されています。
これで事務作業の時間も一気に短縮。これだけはマスターしたいという‘関数’も多数紹介されています。

CONTENTS
第1章 表の見栄えを良くする書式設定
第2章 これだけはマスターしたい! 関数10種類
 (1)合計を求める (2)平均をもとめる (3)最大値と最小値を求める (4)順位を求める (5)点数によって合格・不合格を求める (6)件数を数える (7)欠席数を数える (8)ふりがなを自動入力する (9)年齢を求める (10)時間を計算する
第3章 すぐに使える実践例 -名簿の作成
第4章 すぐに使える実践例 -成績表の作成
第5章 すぐに使える実践例 -成績表の分析
第6章 困ったときのQ&A

------------------
学校に就職し事務のお仕事をするようになって、まず最初に購入したのがこの本。
著者の冨永敦子さんは、テクニカルライターで、文教大学情報学部非常勤講師/聖心女子専門学校非常勤講師をされていますが、今年から早稲田大学大学院で学生としても学ばれています。
私は一度、冨永さんにインタビューをしたことがあります。

Exc_wrdこの本と同時に購入したのが、『速効!図解 Word & Excel 2003 基本編―WindowsXP・Office2003対応』です。
著者は富永敦子, 渡辺香, 土谷謙三の共著です。こちらは約500ページもあって全ページ・カラー印刷。それで定価が1869円(税込み)ととってもお買い得。
WordとExcelは日常的に使っていますが、一度もきちっと勉強したことがありません。この2冊で勉強を始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

多摩動物公園:ウサモル担当です。オランウータンとレッサーパンダご紹介

Tzoo4896Tzoo4932今日は久しぶりに多摩動物公園に来ています。
今日はウサモルの担当です。
今日もたくさんの子どもたちが「ウサギとモルモットのふれあい広場」に来てくれました。

Tzoo4901Tzoo4898とても暑いので、水を入れた器と、氷を入れた入れたペットボトルを人口芝の上に載せています。
8月は暑いので、「モルモットのダッコ」は休止していました。
今日も暑かったので、午前中(10:30~11:30)は実施しましたが、午後の部(13:00~14:00)は「触るだけ」でヒザの上でダッコするのは中止になりました。モルモットのストレスを考えての処置です。

Tzoo4033お昼休みに、オランウータンとレッサーパンダを見に行きました。
多摩動物公園では現在9頭のボルネオオランウータンを飼育していますが、その中でも「薬を飲むオランウータン」としてTVでも紹介されたジプシー(♀推定51歳)が人気物です。

Tzoo4904そして、今もっとも見どころになっているのは、ミンピー(♀昨年12月20日生まれ)の成長です。最近は母親チャッピー(34歳)ダッコされたり、ロープをつかんで木登りの練習をしたりしています。ジプシーの孫娘になります。

Tzoo4921Tzoo49286月28日生まれのレッサーパンダの赤ちゃん2頭はもうすぐお披露目されるようです。9月15日(土)に命名式が予定されています。今日見ることができたのは、昨年6月22日に生まれたコータロウ(♂)とアジサイ(♀)のふたごのレッサーパンダです。2匹はずーとじゃれあっていましたが、次の瞬間コータロウは木の高いところに登ってしまいました。

短い昼休み時間に、アップダウンが激しくて広大な多摩動物公園を歩きまわると、汗をいっぱいかきます。でも、「そよ風」に触れるとそれがとても心地よく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

再就職初日:新たなスタートです

先週の8月28日に某私立中学・高等学校の‘面接試験’を受け、翌日には内定の連絡をもらいました。
そして今日から、新しい職場で働いてます。教員ではなく事務職員で‘パソコンとネットワークのサポート’の仕事ですが、一応フルタイムの再就職です。パソコンやネットワークのことを1から勉強し直して、新しい職場で役に立つ人材になりたいと思っています。

以前は通勤時間が往復で4時間かかっていましたが、新しい職場は往復1時間です。1日3時間の通勤時間短縮は大きいですね。

そして、私の夢(「未来の教室」を協働で創ること)は少し遠のいてしまったようですが、逆に意外と身近になったのかもしれません。(^_^)
フィールド・イノベーションがキーワードですから、「未来の教室」の創造にも現場(教育現場)が大切だと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »