« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

8月31日の朝顔

10090138 10090133 10090127

10090131 10090132 10090140

今日は一つの区切りの日。さて、明日からはどんな生活が待っているのでしょうか?
校門を入ってすぐの銅像のまわりには、8月の終わりとしては珍しくたくさんの朝顔が咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

目黒駅近くにある光村図書出版に来ています

10082612

今日は休暇を取ってJAPET(社団法人 日本教育工学振興会)の第3プロジェクト(デジタル教科書と電子黒板の活用促進プロジェクト)の会議にJEIBA(日本電子情報ボード普及協議会)として参加しています。

10082607月1回の定例会議の会場は会員企業の会議室を巡っていますが、今回は目黒にある光村図書出版さんです。
レンガ造りの立派な建物です。

(一番上の写真は、5階の会議室から見える景色です。六本木ヒルズから東京タワーまで一望できます。)

10082614 10082611最近、「デジタル教科書」が注目されている影響もあって、今回はデジタル教科書や電子黒板等を制作・販売している企業等からなんと39名も集まりました。

今日の議題は、
1.「デジタル教科書」や「教育の情報化」に関する動向についての情報交換
2.「ICTの教育活用を推進する実践研究」のご案内
3.学校視察の日程調整
4.ブログ「デジタル教室日記」の記事掲載について
等でした。
熱心な説明と質疑が続き、予定時間をオーバーするほど熱気がありました。

ご参考:
文部科学省が先ほど発表した「教育の情報化ビジョン(骨子)」は、→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

多摩川花火大会・世田谷たまがわ花火大会:二子玉川近くのマンションの屋上で楽しみました

10082123 10082152 10082162

10082121 10082198 10082106
今日は箱根の旅から帰って来て夜には、「多摩川花火大会・世田谷たまがわ花火大会」を二子玉川近くのマンションの屋上で楽しみました。
次男に招待されたのです。涼しい風が吹く中、家族7人で真夏の花火ショウを楽しみました。
夜7時から8時までの丁度1時間、息つく間もなく花火が打ち上げられました。
屋上には、たくさんの住民と関係者が集いました。2箇所の花火を同時に楽しむことができました。
特に最後の5分間は圧巻でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

写せる・触れる「カブトムシ・クワガタ展」

10081769100817641008176810081762
センター北駅にあるノースポート6階で、「カブトムシ・クワガタ展」が開催されていました。
写真撮影OKで、なんとカブトムシやクワガタに触れるというのです。
500円のところ、400円でいいというので、入ってみました。

10081766 10081799_3世界中のカブトムシやクワガタが大集合。
ヘラクレスオオカブトもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

映画「ベスト・キッド」見たよ!(★★★★★)

10081751今日は夏期休暇中の出勤日でしたが、仕事は2時には終わったので、前から見たかった「ベスト・キッド」を見にいきました。
センター北駅にあるノースポート7階の「ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン」。シニアは1000円でした。(ラッキー!)

10081758'84年のヒット作『ベスト・キッド』(もちろん見ました!)を、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスを主役に、ジャッキー・チェンを師匠役に据えてリメイク。
母親の仕事の都合で北京に移住したアメリカ人少年のドレ。慣れない土地でイジめられてしまう彼に、カンフーの達人ハンが救いの手を差し伸べる。
ドレはハンの指導のもと、武術を学びながら逞しく成長していく。

ジェイデン・スミスがカンフーを上達させていく過程や武道大会の壮絶な試合も見事に演じきっているし、もちろん師匠役のジャッキー・チェンもかっこいい。
「勧善懲悪」の分かりやすい展開が心地よい!
見終えたときは、「気分爽快!」
映画はこれでなくては・・・。と思います。

カンフーの達人ハン(ジャッキー・チェン)のセリフ:「人生のどん底に落ちたとき、這い上がるか、這い上がらないかは自分次第だ!」

スカッとしたい方には、是非おすすめの星5つ(★★★★★)

余談:ブラジルから帰国して、「日本人なら空手を習わなくては!」と思い立って、会社の空手同好会で1年間修行(?)をしたこともあるのです。
流派は、「少林寺流空手」。寸止めなしというルールでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

神戸・三ノ宮で「ミニ同窓会」:恩師と懐かしい友たちに会いました!

今月初めに、高校の同級生から「ひょっとしてお盆を神戸で・・・って方はおられませんか?」と、メールがきました。
「ミニ同期会のお知らせ」です。

10081440 10081441会場は、神戸・三ノ宮駅近くのキッチンバー「天」です。
とても雰囲気もよく、料理も美味しかったです。

恩師と共に懐かしい友10人がが集いました。
高校を卒業してから44年。中高一貫校でしたから、中学入学から数えて50年が経ちます。

みんなの近況報告に耳を傾けました。
私だけでなく、「孫のはなし」も多かったです。happy01

<ご参考>キッチンバー「天」:北長狭通り2-5 タイシンサンセットビル5階
TEL 078-333-1077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸に来ています:お盆の墓参り

10081401母とお盆の墓参りです。
家族のために、深夜残業・休日出勤・夜勤とよく働いた父でした。
定年後も永く働いていました。
戦争にも行きました。(7年も・・・。)
趣味は囲碁。帰るといつも囲碁でした。そんな時のニコニコとした笑顔が忘れられません。

4年半前の日記(ブログ)「きっと会いに行きます」に私は、こんなことを書いています。
通夜の説教で、「倶会一所(くえいっしょ)」、すなわち、永遠の別れではなく再び浄土で再会できるという教えがあるということを聴いた。そう思うと「別れ」がそれほど悲しくない。
きっと、それは悲しみを和らげる先人の知恵に違いない。・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

亀崎直樹園長のいる須磨海浜水族園にやってきました!

10081387

JR須磨海浜公園駅から徒歩5分、須磨海浜水族園に来ています。
小学生の頃、この近くに住んでいたのです。
NHKでやっていた連続TVドラマ「ウェルカメ」はカメのお話でしたが、須磨海浜水族園の亀崎直樹園長は、このドラマの監修もされた世界的なウミガメ学者としても知られています。日本ウミガメ協議会会長、国際ウミガメ学会理事、米国西部太平洋区漁業管理評議会ウミガメ諮問委員などもつとめています。
NHKラジオ深夜便で亀崎館長のお話を聞いて、いつかまた須磨海浜水族館に行ってみたいと思っていたのです。

10081396_2 10081305 10081309今日はとてもラッキーなことに亀崎園長が直々に案内してくれる須磨水族園探訪ツアーに参加することができました!
10081389今日の亀崎園長の言葉で印象に残ったのは、「鹿は、子育ての上手なメスがたくさん子孫を残す」という言葉でした。他にも、「南洋の魚はなぜ色が鮮やかなのか?」等についてもいろいろと興味深い説明をしてくれました。



10081323 10081328 10081336「ウミガメプール」の他にも、「イルカライブ館」「ラッコ館」「アマゾン館」「アザラシ・ペンギン館」「世界のさかな館」や「大水槽」「生きざま水槽」などがあって、見せ方にもいろいろと工夫が凝らされています。
今では珍しくなくなった「トンネル型水槽」は、須磨海浜水族園が日本の水族館で最初だったそうです。

10081317 10081311ツアーの最後には、園長室にも案内してくれました。
部屋には、全国から寄せられた「外来種など、飼えなくなったカメたち」がたくさんいました。
ちなみに、淡水ガメ保護研究施設「亀楽園」で展示されているカメたちのエサは、すぐ近くの自動販売機で100円で入園者が買って与えるシステムになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

ほっと、くつろげる「すなづか珈琲店」(たまプラーザ1丁目店)

10081044
今日は連休中の出勤日でしたが、お仕事が早く終わったので、自宅近くの「すなづか珈琲店」(たまプラーザ1丁目店)に立ち寄りました。

10081051_3同じ町内(美しが丘1丁目)にあって、自家焙煎の珈琲店です。夏祭りの日に入ろうと思ったら、満員で入れなかったので今日は立ち寄って見ました。
さっそく、「ブラジル サントス」を注文しました。実はコーヒーの味はよくわからないのですが、懐かしい35年前の「サントス」の町の香りがしました。
奥さんとの会話も懐かしかったです。すぐにたくさんのお客さんで賑わってきました。

冷房がきいて、涼しくて、いい雰囲気でした。時間を見つけて、また来たいと思いました。

近くに漢字で「砂塚」と書く、「砂塚珈琲店(たまプラーザ2丁目店)」もあります。
こちらは以前はプロ野球の話でよく盛り上がっていた、ご主人の方が店をきりもりしています。アイスクリームがおいしいことで有名です。地元のTVで紹介されたりもしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

孫、1歳のお誕生日!笑顔が嬉しい

今日は孫の1歳のお誕生日。
10080933いつもは遊びに来てくれるのですが、今日は二人で家を訪ねました。
私は音の出る「お誕生日カード」と、はめ込み式の「くだものの絵本」をプレゼントしました。
どちらにも、興味を持ってくれたようで嬉しかったです。

誕生日の二日前に、「今日は4歩、歩きました!」と妻にメールがきました。
いつも妻に写メールが届き、転送してもらっています。
お母さんならではの貴重な一瞬を捉えた生き生きとしたショットです。

先日は来るなり、「ジジ。ジジ。」と言ってくれました。きっとお母さんが一生懸命練習させたのでしょう。
それでもとても嬉しかったです。(^_^)
会うといつも笑顔を見せてくれます。なによりもその笑顔が嬉しいです。
幸せな気分にさせてくれます。
健やかに育ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

公開3日目「アムールトラの赤ちゃん撮ったドー」&アフリカゾウにスイカのプレゼント

10080796_2 10080758_2 10080722

今日は、久しぶりに多摩動物公園のボランティア・ガイドに参加しました。
担当はアフリカ・ゾウでした。

暑いので、ゾウも水浴びをしたり、砂浴びをしていました。
1時半から、「ゾウにスイカのプレゼント!」というイベントがありました。
なかなか人が集まりそうになかったので、急遽、近くのライオンバスの出口とアフリカ園の食堂で、
「1時半からアフリカゾウにスイカのプレゼントをします。どうぞ、見に来てください!」と大きな声でお知らせしました。

10080786
その効果があって、たくさんの人たちが集まってくれました。

10080795マコ(体つきが丸く、胸が大きい。日本最長寿のアフリカゾウ)とチーキ(面倒見がよく、ルールに厳しい)がいます。
どちらも、スイカを足で(力を加減しながら)踏みつけて、割って食べていました。


100807172時に店じまいをして、アムールトラの赤ちゃんを見に行きました。
8月5日(三日前)から室内で公開されています。
我々が着いたときは、赤ちゃんは出ていませんでしたが、お母さんが1匹の赤ちゃんをくわえて連れ出してくれました。
網越しなので、うまく写真がとれませんでしたが、それでも「公開3日目・アムールトラの赤ちゃん撮ったドー!」ということで、大満足です。
アムールトラの赤ちゃんは3匹生まれて、命名募集中! 今年(2010年)活躍している日本のスポーツ選手にちなんだ名前を付けて欲しいそうです。メスには「アイ」とか「サクラ」、オスには「ケイスケ」とか「リョウ」といった名前がつくのでしょうか?
ちなみに「イチロー」という名前のトラは多摩動物公園にいたのです。そして、2006年に亡くなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日からの夏休み16連休をデザインする:テーマは「現在・過去・未来」?

学校に勤めているので夏休みが長いです。今日(7日)から22日までの16連休となります。(^_^)

10日(火)と17日(火)は半日づつ出勤します。停電対応でサーバのシャットダウンと立ち上げです。
そこで、前半・中盤・後半の三部構成になる夏休みをどのように過ごそうかと考えてます。

・前半は、多摩動物公園のボランティア活動があり、孫の1歳の誕生日があります。
テーマは、「今を楽しむ!」でしょうか。
・中盤は、中学・高校の同級生たちとの飲み会があり、お盆の墓参りを予定しています。
テーマは、「過去と出会う」。
・後半は、次の活動のことを考えたり・・・、計画中の小旅行もあります。
「未来を見つめる」をテーマにしてみます。

アマゾンで買ってまだ読んでいない本が何冊かあります。
とにかく、ワクワクとする楽しみな「夏休みのスタート」です。

とは言っても、あまり欲張らずに、健康に気をつけて楽しく時を過ごしたいです!
メインテーマはやっぱり、「今を楽しむ!」でしょうか。(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

多摩動物公園で「アムールトラ、3頭誕生!」

多摩動物公園日記の番外編です。
多摩動物公園で「アムールトラ、3頭誕生!」というニュースが、
多摩動物公園公式ホームページに掲載されていました。
かわいいトラのあかちゃんの写真も載っています。
ただし、「しばらくの間は非公開です。公開時期が決まりましたら、お知らせします。」とのことです。

公開が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」:電子書籍版

510もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本の紹介です。
著者は、岩崎夏海。
作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として「とんねねるずのみなさんのおかげでした」等のテレビ番組の制作に参加。アイドルグループ「AKB48」のプロデュース等にも携わる。

私が影響を受けたのは大学卒業前年に書かれたピーター・F・ドラッカー著『断絶の時代――来たるべき知識社会の構想』(ダイヤモンド社、1969年) です。
こちらの本は、知識社会の到来、起業家の時代、経済のグローバル化などを予言。1980年代にイギリスのサッチャー政権が推し進めた民営化政策はこの著書が大きな動機を与えたといわれる。
関西学院大学理学部の理論物理学専攻でしたが、大鹿譲先生・金野正先生から薦められた本でした。
分厚い本でしたが、一気に読んだ記憶があります。

ドラッカーの『マネジメント』はその5年後の1974年に書かれた本です。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本は、名も無い都立高校の野球部の女子マネージャーが、ドラッカーの『マネジメント』を読んでマネージメントを実践して、選抜高校野球の東京都予選を勝ち抜き甲子園に出るというお話です。
ストーリーとしては無理があると思いますが、ドラッカーの『マネジメント』理論を実践しながら高校野球の地区予選を勝ち抜くという設定の中でその理論のエッセンスを紹介しています。

そのエッセンスとは、たとえば、
『企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。顧客によって事業は定義される。』
『企業の目的は、顧客の創造である。したがって、企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケッティングとイノベーションである。マーケッティングとイノベーションだけが成果をもたらす。』
『働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。そのためには、①生産的な仕事、②フィードバック情報、③継続学習が不可欠である。』
『そのようなマネージメントの正統性の根拠は一つしかない。すなわち、人の強みを生産的なものにすることである。それが組織の目的である。組織とは、個としての人間一人ひとりに対して、何らかの貢献を行わせ、自己実現させるための手段である。』
等です。

この本は、ブログから生まれたそうです。それが書籍になり、そして電子ブックになったのです。
私はこの本をiPadで一気に読みました。
著者自身が、ドラッカーの『マネジメント』を読んで、「人間への深い洞察。人間とは、あるいは社会とは何かを知る上で重要だと思われることが書かれていた。心を揺すぶられた。涙さえ流れた。」と‘あとがき’に書いています。

実は、私はこの本を涙を流しながら読みました。
「私はいまだかつて、『組織とは、個としての人間一人ひとりに対して、何らかの貢献を行わせ、自己実現させるための手段である。』と意識してマネージメントしたことがあっただろうか?」とこの歳になって反省しているのです。(63歳とはドラッカーが『マネジメント』を書いた歳でもあります。)

でも、今からでも遅くない!
この本を読んで、「組織の一員として、その組織のメンバーが活き活きと生きれるようにという視点で組織や人を見ていきたい」と思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »