« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

Coredo室町、文花中、スカイツリー

神戸に帰っていました。
文花中の渡部昭先生にインタビューするために、品川→日本橋→押上に来ています。

10102852 10102854 10102859‘COREDO日本橋’併設の‘COREDO室町’は本日オープンというのをTVでやっていたので、日本橋で途中下車してお昼を食べることにしました。
また、上島珈琲でランチセットでした。

10102881 10102876_2 10102880押上駅からタクシーに乗って文花中学校にやってきました。
ブログ「でじたる教室日記」のインタビューで渡部昭先生にお会いするためです。
渡部先生は、文化中の元校長です。今は墨田区教育委員会事務局で庶務課・教育情報担当をされています。
そして、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・修士課程で学ばれています。
1時間ほどお話を聞いて、そのあとでいくつかの電子黒板が設置されている教室を見せていただきました。
(インタビュー記事のアップまでには、まだまだ日数がかかりそうです。)

10102882 10102887あいにくの雨でしたが、「スカイツリー」の超地元である押上駅近くで何枚か写真を撮りました。

次は、晴れた日に「逆さスカイツリー」の写真を撮りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

昭和記念公園の「コスモスの丘」に来ています

今日は土曜日なので多摩動物公園のボランティアに参加していました。
モノレールの駅に「昭和記念公園のコスモスまつり」のお知らせが出ていたので、
多摩動物公園からの帰り、モノレールに乗りいつもとは逆方向に乗りました。
立川北駅で降りて、昭和記念公園に向かったのです。

10102392

「咲き誇る550万本の秋桜 コスモスまつり」を楽しむことにしたのです。

10102336 10102332 10102331
昭和記念公園はとても広いです。門を入って、歩いても、歩いても、目指す「コスモスの丘」には行き着きません。
歩き疲れたころ、目の前で‘パークトレーン’を見つけました。
待っている人がたくさんいたので、「とても乗れない」と思っていたら、偶然にもたくさんのお客さんが降りたのですぐに乗ることができました。とてもラッキーでした。

10102314101023171010231210102327_2
あとは、‘パークトレーン’に乗ったままで、「コスモスの丘」をぐるっと一巡りして、出口の「立川口」までいくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

本日オープンした羽田空港新国際線ターミナルに来ています

10102119_2 10102173_2たまプラーザから羽田行きのリムジンバスに乗って直通で約1時間。本日オープンした羽田空港新国際線ターミナルに来ています。利用客だけでなく、マスコミや見物客でいっぱいでした。

10102158_2 10102146_23階は出発ロビー。予定表を見ると今日の出発便は、北京、上海、ソウル(金浦)、香港、ホノルル行き。中でもソウル(金浦)行きが5便と多かったです。

1010213010102139101021694階は‘EDO MARKET PLACE’です。
江戸前横丁、江戸小路、仲通り、広小路、江戸舞台などがあります。
歌舞伎小屋(中村座)の看板はユニークです。
伊藤屋で、おみやげに「おりがみセット」と本を買いました。

10102147_2 10102148_25階にはショップがあり、Trape Frapeにはスタジオジブリの各種キャラクター雑貨と日テレグッズがありました。
「ぬいぐるみ大トトロ 特大」(37,800円)はさすがに大きかったです。(写真をクリックすると大きく表示されます。)

1010214210102167展望デッキから、発着する飛行機が見えます。
期待して行ったプラネタリウムが見れるというPLANETARIUM Starry Cafeでは、残念ながら映写時間は午後からでした。そしてプラネタリウムが見れるという部屋は思ったより小さかったです。

10102176 10102172お昼は、2階の上島珈琲店でモノレールや京急電車を眺めながらサービスランチをいただきました。

帰りのリムジンバスでは、警報ブザーが鳴り止まないというトラブルがあり、途中、車両を交換するなどで45分遅れのたまプラーザ到着となりました。でもまた行ってみたいと思いました。

若者よ、世界に飛び出そう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

竪川中学校の授業見学と東工大訪問

10101498 10101400_3今日は午前中は墨田区立竪川中学校が学校公開日ということで、三橋秋彦先生の授業を見学しに行きました。錦糸町駅前のビルの間から、初めてスカイツリーを見ることができました。(次はもっと近くから見たいものです。)

101014033時間目の1年生の社会科の時間は、多目的教室での授業でした。
電子黒板を「教材提示」に使っていました。資料集を写して、文字や線を書き込んで分かりやすく説明されていました。特に「弥生時代の遺跡」のところでは、拡大表示した地図に学校のある場所から本郷の「弥生遺跡あと」までの道順を書き込んでいくところなどは、とても生徒たちの興味を引いたと思います。「弥生時代の遺跡」は生徒たちにとって「歴史」でもあり、「身近な場所」でもあったのです。

4時間目の授業は、3年生の社会科の授業でした。パソコンや電子黒板などはいっさい使わない授業でした。
いつも電子黒板を使った授業ばかり見ている私には、それがかえって新鮮でした。
3年生ともなると1年生とちがって、全員が先生の話に集中してくれるというわけにはいかないようです。
それでも三橋先生は受験生となる生徒たちに、受験のためのアドバイスを随所に入れながら愛情をもって授業をすすめておられたのが印象的でした。
「先生という職業も、なかなかたいへんだな~」と思いました。


10101411 101014104時間目の授業が済むとすぐに東工大のある大岡山に移動しました。
駅近くのマックで昼食をとりながら、準備した資料でインタビューのシミュレーションをしました。

お約束の3時に東工大に行き、清水康敬先生のお部屋でインタビューがはじまりました。
テーマは「教育の情報化の推進 -感動の授業、効果の検証、そして‘フューチャースクール’へ-」(仮題)です。その内容は後日、ブログ「デジタル教室日記」で公開予定ですが、公開までにはとても時間がかかりそうです・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

たまプラーザ テラス:本日Grand Open!

10100792 10100703 10100795たまプラーザ駅周辺の再開発事業として2006年度より着工したたまプラーザ テラスは、サウスプラザ 2007年1月19日ゲートプラザ(1期)、 2007年10月2日ゲートプラザ(2期)、を経て49店舗の専門店が集積したオープンモール型の新商業施設「たまプラーザ テラス ゲートプラザ(3期)」が完成し本日Grand Open!となりました。

これでまた、駅から自宅まで以前と同じように東急百貨店を通り抜けて帰れます。

◇ファッション・生活雑貨
・フランフラン(家具・生活雑貨)
・センスオブライフ(雑貨・レディス)
・キャトル・セゾン(生活雑貨)
・ラゲッドワークス(キッズ)
・銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン(CD・DVD・楽器・楽譜・音楽教室)
・メーカーズシャツ鎌倉(レディス・メンズ)
◇食料品
・ヴィノスやまざき(ワイン・チーズ)
・ベルグの4月(パティスリー)
◇サービス
・ボーネルンドあそびのせかい(あそび道具・親子のあそび場)
・東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ(相談窓口)
・東急セミナーBEたまプラーザ(カルチャースクール)
・キッズベースキャンプ(学童保育)
などが入っています。

10100700東急百貨店に入っていた、マクドナルドもこちらに移りました。
お昼は、結局マクドナルドで「てりやきマックバーガーセット」でした。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

本紹介:デジタル教科書革命(中村伊知哉・石戸奈々子 共著)

101001059月23日のNew Education Expoでの中村伊知哉氏の講演の最後に、「『デジタル教育は日本を滅ぼす』という本が話題になっていますが、本日『デジタル教科書革命』という本が出ました。」と著者自らが紹介してくださった本です。
冗談で「『デジタル教育は日本を救う』というタイトルにしたかったのですが、さすがにそれはできませんでした」とおっしゃっていました。

さっそく読もうとAmazonで注文したのです。
資料としてはなかなかよくまとまっていると思いました。
デジタル教科書が軸になって、日本の「教育の情報化」が正しい方向に進展していくことを願っています。

◆本の帯には「デジタル教育の後進国になってはいけない」と書いてありました。

◆「おわりに」で、2008年度の「文部科学白書」は「高度情報通信ネットワーク社会における新たな展開」と題し、教育の情報化施策を規定している。
第2節 将来の情報教育社会を担う子どもたちのために」の2番目に
2.「わかる授業」の実現と、子どもたちの興味・関心を高めるために
◇ICTを活用した教育の推進のための環境整備
◇教員のICT活用指導力の向上
◇「確かな学力」の向上につながるICT活用
◇先導的かつ効果的な取り組みに関する実践的な調査研究の実施
◇教育コンテンツの充実・普及
◇教育情報ナショナルセンター(NICER)の整備
◇デジタルテレビの教育活用の促進等
とまとめています。

◆また、「第5章 これからの課題」で、「デジタル教科書教材協議会がその発足に当たり、今後の議論のたたき台として、以下の目標と条件を公表した。」と書かれています。
「デジタル教科書・教材で実現する3つの目標」
1.どこに住んでいても世界中の知識に触れる機会を。
2.創造力、表現力、コミュニケーション力を育む最高の環境を。
3.友人、先生、家族とつながる手段を。

「デジタル教科書・教材の機材が備えるべき10の条件
1.小学1年生が持ち運べるほど軽く、濡らしても、落としても壊れにくい。
2.タッチパネル
3.8ポイントの文字がしっかり読めて、カラー動画と音楽が楽しめる。
4.無線でインターネットにアクセスできる。
5.学年別に全ての教科書が収まる。
6.作文、計算、お絵かき、動画制作、作曲・演奏ができる。
7.学校でも家庭でも使える。
8.学校でも家庭でも手に入れやすい価格。
9.電池が長持ちする。
10.セキュリティ・プライバシー面で安心して使える。

よくまとまった目標と条件だと思うのですが、「デジタル教科書教材協議会」に日本のデジタル教科書に早くから、そして大きな実績のある「東京書籍」や「光村図書出版」が加わっていないことがとても気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

多摩動物公園のふれあいコーナーとあざみ野の山内図書館

10100208今日は多摩動物公園のサービスガイド(ボランティア)に参加しました。
最近は、バス(たまプラーザ→新百合ヶ丘)、小田急(→多摩センター)、モノレール(→多摩動物公園)というルートで通っていますが、モノレールの多摩センター駅の多摩動物公園の大きなポスターが貼ってありました。
アムールトラの赤ちゃんがかわいいです。
最近は午後から公開されているそうですが、残念ながら見に行く時間がありませんでした。

10100214 10100210今日の担当は、ふれあいコーナー。午前は10:30~11:30、午後は13:00~14:00のどんぐり広場に行くとモルモットをだっこすることができます。子どもたちにはとても人気のコーナーです。私は2年ぶりです。

以前はウサギもいたので、「ウサギとモルモットのふれあいコーナー」と言っていましたが、今はモルモットだけです。
今日は午前の部は比較的すいていて、モルモットをだっこする時間は無制限でしたが、午後は1回13~15人で制限時間は3分。砂時計で計ります。
1時間で12回転ぐらいしたでしょうか。担当は二人だったので、てんてこ舞いの忙しさでした。

10100218 10100219帰りは、モノレール(多摩動物公園→多摩センター)、小田急(→新百合ヶ丘)、バスはあざみ野行きに乗りました。
最近よく行っている山内図書館に行くためです。本を一人6冊までで2週間借りれます。
そして、返す時は駅(たまプラーザ駅)に返却ポストがあるので便利です。


10100221今日は、紙芝居とブルーナーの本など6冊借りました。
(孫に読んで聞かせるのが楽しみです。でも、まだちょっと早いですね。きっと。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

今日からブログ「デジタル教室日記」の編集長になります

学校勤務は継続していますが少し負荷が軽くなりましたので、私の夢(未来の教室を協働で創ること)に関連する仕事として、今日(10月1日)から日本教育工学振興会(JAPET)の第3プロジェクトが運用しているブログ「デジタル教室日記」の編集長をさせていただくことになりました。

まだまだ注目度もアクセス数も少ないブログですが、このブログを通じて日本の「教育の情報化の推進」、具体的には「デジタル教科書等のデジタルコンテンツと電子黒板の活用促進」に役立ちたいと思っています。

少し張り切りすぎて「空回り」を自覚していますので、1年後に振り返った時に成果が見えるように、じっくりと取り組みたいと考えています。
みなさま投稿・情報提供・アドバイス等をよろしくお願いします。

<ご参考>
◆ブログ「デジタル教室日記」改造計画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.目的:
1.1 教育の情報化の推進(デジタル教科書等のデジタルコンテンツと電子黒板の活用促進)
1.1.1 教育の情報化の推進
  -デジタル教科書の活用促進
  -電子黒板の活用促進
1.1.2 会員の要求の把握と実現
  -会員と会話する
  -会員アンケート

2.目標:
  -アクセス数の増加:1年後に月間10倍

3.方法:
3.1 記事の質の充実
3.1.1 動画のリンク
  -電子黒板&デジタル教科書を活用した授業のビデオ
  -電子黒板&デジタル教科書の操作方法の説明ビデオ
3.1.2 カテゴリーの見直し
  ①月:実践事例(レポート/ 動画へのリンク)
  ②火:製品紹介(会社訪問/ 動画へのリンク)
  ③水:ブックマーク(お役立ちURLのご紹介)
  ④木:ニュース(「教育の情報化関連ニュース」へのリンク)
  ⑤金:日本の動向・世界の動向(解説記事、投稿を含む)
  ⑥土:イベントのお知らせと報告(投稿を含む)
  ⑦日:有識者インタビュー(「私はこう思う」、「こうしたら上手くいく」、「こんないい物があるよ」)
3.1.3 タイムリーな情報提供
  -話題のテーマを掘り下げる
   例:デジタル教科書特集(現状と今後の計画)
3.1.4 キーマンからの情報収集
  -アンケート
  -教育界の人脈作り
3.1.5 会員の希望を聞く
  -訪問・インタビュー
  -メールで意見交換
3.1.6 デザイン・レイアウトの変更
  -タイトルを文字列にし、キーワードを並べる
   (検索で見つけやすくする)
  -色を変える(黄色&赤は読みにくい)
    →案:黒板とチョークの色(緑地に白文字)は?

3.2 記事の量の拡大
  -記者を増やす
  -アンテナを張り巡らす
  -メール&メールマガジンで情報収集
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »