« スカイツリーと東京タワー | トップページ | コアラ担当&クリスマス・ケーキ »

2010年12月23日 (木)

日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは?

10122310 10122311東京タワー前の機械振興会館で、「日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム」がありました。
日比谷高校の天良先生から、数日前にメールでお知らせがあったので、参加してみることにしました。

日本情報科教育学会のページを見てみると会長の岡本敏雄教授や理事の小泉力一先生、中川正樹先生、顧問の坂元昂先生、清水康敬先生、評議員の佐藤万寿美、中條道雄先生、天良和男先生、松田稔樹先生など懐かしい名前が並んでいました。
電子黒板やデジタル教科書のさらなる普及をはかる上においても日本情報科教育学会の活動に参加してみたいと考えたのです。

10122318今回のフォーラムのテーマは、「情報科教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは?」です。
招待講演は、文部科学省生涯学習局の齋藤晴加参事官でした。
「学びのイノベーションの実現に向けて」というテーマでお話をされました。
内容は、「1.教育の情報科ビジョン(骨子)について」→PDFはこちら、「2.予算関係(学びのイノベーション事業、英語をはじめとした先導的デジタル教材の研究開発)」、「3.今後の検討について」というお話をされました。

10122322次は、スペシャル鼎談。
テーマは「情報通信技術と情報科教育」 日本復活のキーストーン ~「日はまた昇る」か~ です。
NEC特別顧問・前副社長の相澤正俊氏と東北大学教授・情報処理学会会長の白鳥則郎教授です。そしてナビゲータは岡本会長。

10122326休憩を挟んで、パネルディスカッションのパネリストとして尚美学園の小泉力一教授、滋賀大学の松原伸一教授、経済産業省の石田照幸氏、日比谷高等学校の天良和男教諭です。
日本情報科教育学会が設立されて3年が経過したそうです。将来の日本を背負う子どもたちに「新しい生きる力」を身に付けてもらうために、情報科が創られたのだと思います。
今後ますますその重要性は増してくることでしょう。その活動は日本の将来にとってもとても大切です。

10122338 D10122339フォーラム終了後、大門の東海飯店に場所を移して懇親会が行われました。
ここでも、和やかな雰囲気の中で、今後の「情報科をどうしていくべきか」について熱心な議論が行われました。

|

« スカイツリーと東京タワー | トップページ | コアラ担当&クリスマス・ケーキ »

コメント

はじめまして。懇親会はもりあがったみたいですね~。授業の都合で参加できなくて残念です。
また、機会がありましたら、ご挨拶させてください。TB頂戴致します。

投稿: にしばたりつこ | 2010年12月26日 (日) 12時13分

はじめまして、mathitkenです。
コメントありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: mathitken | 2010年12月28日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126340/50381501

この記事へのトラックバック一覧です: 日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは?:

« スカイツリーと東京タワー | トップページ | コアラ担当&クリスマス・ケーキ »