« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

本紹介:「くじけないで」柴田トヨ

10123116NHKの朝のTV番組「“くじけないで”2010日本の心に響く詩」(99歳の新人作家の素顔)を、もうすぐ89歳になる母といっしょにみました。神戸に来ています。

この本を読んだ読者から著者にたくさんのお礼のはがきが届いているそうです。

ーーーーーーーーーー
「くじけないで」

ねえ 不幸だなんて
溜息をつかないで

日射しやそよ風は
えこひいきしない

夢は
平等に見られるのよ

私、辛いことが
あったけれど
生きていてよかった

あなたもくじけずに
ーーーーーーーーーー

産経新聞「朝の詩」にも掲載された35点を含む詩が載っています。

本の帯に、「今、悲しいことや辛いことと闘っている人に、そっと差し出したい」という書店の人の声が載っていました。人生の応援歌(詩)になっているようです。

さっそく、六甲道駅前の書店でこの本を買ってきました。

私のブログの「そよ風」という名前は、山に登っている途中でひと休みしている時に感じた「そよ風」からとっています。疲れた時に「そよ風」が体と心を癒してくれました。このブログもそんな場所を目指していたことを思い出しました。

来年から、また初心にもどって書き続けたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

相棒-劇場版II:見たよ!

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで、「相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」を見ました!

警視庁特命係の刑事コンビ(相棒)としては、今の杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)よりも以前の亀山薫(寺脇康文)とのコンビの方が好きです。
いずれにしても、毎回練りに練ったストーリー展開で楽しませてくれます。今回も警視庁が占拠されるという奇想天外な場面展開と最後の想定外の結末・・・。楽しめましたヨ。

「相棒-劇場版II」のPRのためか、TV朝日ではこの年末・年始に「相棒」の再放送が多いです。
最近、TVで再放送の「相棒」に嵌っています。録画して、よく見ています。
録画を見るのは、「好きな時間に見れること」と「コマーシャルを飛ばして見れるところ」がいいですネ。

これでは、スポンサーもつかなくなるので、TV業界はますます衰退しますね。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

コアラ担当&クリスマス・ケーキ

10122556_2 10122585 10122573_2

土曜日なので多摩動物公園に来ています。
今日はコアラ担当。いつも13:30にエサ替えをするので、2匹のコアラは起きて歩き回ります。コアラ館に行くのはこの時間がいいです。

10122583 10122582お昼休みはコアラ館近くのレストランで‘ヤキソバセット’を食べました。
ここにはよく放し飼いのクジャクが遊びに来ます。今日も来ていました。

10122596 10122505 10122550

10122517 10122543 10122545

休憩時間には、オーストラリア園から近くのアジア園に行って、トラ、オーカミ、オランウータン、レッサーパンダ、ユキヒョウなどを見ました。
トラは、母親のシズカと今年7月に生まれたアイ、マオ、ケイスケのフォーショットが撮れました。

10122593 10122594事務所に帰って反省会。今日はクリスマスなので園からクリスマス・ケーキがプレゼントされました。
まず、明日の担当グループの分を残すために2等分。さらに今日の参加者8名のために8等分しました。
それでも食べきれないくらいの大きなケーキになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは?

10122310 10122311東京タワー前の機械振興会館で、「日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム」がありました。
日比谷高校の天良先生から、数日前にメールでお知らせがあったので、参加してみることにしました。

日本情報科教育学会のページを見てみると会長の岡本敏雄教授や理事の小泉力一先生、中川正樹先生、顧問の坂元昂先生、清水康敬先生、評議員の佐藤万寿美、中條道雄先生、天良和男先生、松田稔樹先生など懐かしい名前が並んでいました。
電子黒板やデジタル教科書のさらなる普及をはかる上においても日本情報科教育学会の活動に参加してみたいと考えたのです。

10122318今回のフォーラムのテーマは、「情報科教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは?」です。
招待講演は、文部科学省生涯学習局の齋藤晴加参事官でした。
「学びのイノベーションの実現に向けて」というテーマでお話をされました。
内容は、「1.教育の情報科ビジョン(骨子)について」→PDFはこちら、「2.予算関係(学びのイノベーション事業、英語をはじめとした先導的デジタル教材の研究開発)」、「3.今後の検討について」というお話をされました。

10122322次は、スペシャル鼎談。
テーマは「情報通信技術と情報科教育」 日本復活のキーストーン ~「日はまた昇る」か~ です。
NEC特別顧問・前副社長の相澤正俊氏と東北大学教授・情報処理学会会長の白鳥則郎教授です。そしてナビゲータは岡本会長。

10122326休憩を挟んで、パネルディスカッションのパネリストとして尚美学園の小泉力一教授、滋賀大学の松原伸一教授、経済産業省の石田照幸氏、日比谷高等学校の天良和男教諭です。
日本情報科教育学会が設立されて3年が経過したそうです。将来の日本を背負う子どもたちに「新しい生きる力」を身に付けてもらうために、情報科が創られたのだと思います。
今後ますますその重要性は増してくることでしょう。その活動は日本の将来にとってもとても大切です。

10122338 D10122339フォーラム終了後、大門の東海飯店に場所を移して懇親会が行われました。
ここでも、和やかな雰囲気の中で、今後の「情報科をどうしていくべきか」について熱心な議論が行われました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカイツリーと東京タワー

10122377_3 10122380_2 10122386_4 10122393_3
今日は午後から東京タワー前の機械振興会館で、「日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム」がありました。
そこで、いままでスカイツリーのいい写真が取れなかったので、まず押上(たまプラーザから乗換なしで行ける)まで行って、晴れた日のスカイツリーの写真を撮り、神谷町まで戻ってきて、東京タワーの写真を撮って並べてみたいと思ったのです。

10122307_2 10122394_2 10122398_2
「うまくいけば、東京タワーの展望台からのスカイツリーの写真も撮ってやろう!」と考えました。

東京タワーからのスカイツリーの写真も撮れただけでなく、日本情報教育学会のフォーラムが終わってから、大門の懇親会会場に向かうときには、ライトアップされた東京タワーやイルミネーションの写真も撮ることができました。

10122332 10122337 10122335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

多摩動物公園でゾウ担当&本郷事務所で開所祝い

10121821 10121809土曜日なので多摩動物公園に来ています。
今日はゾウ担当です。紙芝居(市販の「ゾウだぞ、大きいゾウ!」)を10回くらいしました。(^_^)

101218123 10121851 10121857お昼はアジア園の食堂で、ビーフカレーを食べました。
キリンといっしょに大きな鳥がいました。
門を入ってすぐのウォッチングセンターでは、来年の干支にちなんで白ウサギの展示がされています。
--------------------------------------------------

10121865

そのあと、本郷三丁目駅の上に開設された事務所の開室祝いがあり、関係者9名が集まりました。
‘忘年会’というよりは、新しいチャレンジと希望に燃えた‘新年会’という雰囲気でした。
来年はきっと新たな展開が開けると思います。みんなで頑張りましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

表参道のイルミネーションを見に来ています!

10121764

10121792 10121769 10121757

昨日も、今日も、明日も忘年会。
仕事を終わって時間が少しあったので、表参道のイルミネーションを見に来ています。
地下鉄の表参道駅から、明治神宮前駅に向かって歩きます。

10121777_2

10121779 10121785 10121778_2

途中、SWAROVSKIのお店に立ち寄りました。
クリスマス・デコレーションがキラキラと輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

日立ソリューションズでJAPET第3プロジェクトの会議&忘年会

10121648 10121647今日は日立ソリューションズでJAPET第3プロジェクト(デジタル教科書と電子黒板の活用促進プロジェクト)の月例会議&忘年会がありました。
28名が参加しました。

会議では私はブログ「でじたる教室日記」の11月の月次報告をしました。

10121650忘年会では、いろいろな会社の人と「教育の情報化」について突っ込んだ意見交換ができました。
「電子黒板、デジタル教科書、タブレットPC」がキーワードだったように思います。
森下さんの「韓国視察」のお話がとても興味深かったです。
会議での報告を聞くだけでなく、忘年会でもたくさんの人と意見交換ができたのが良かったです。

1月1日(元旦)の16:30~18:00に、TV東京系列で、爆笑問題の「爆笑スクール ~子どもにだって言わせろ!(仮題)~」というフューチャースクール関連の番組が放映されるということを聞きました。
この日は神戸に帰っているので、「録画予約」をしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の「でじたる教室日記」の記事

私が編集長をしている「でじたる教室日記」の今週の記事は以下の通りです。ぜひご覧ください。

・12月13日 (月):JAET上越大会参加報告
・12月15日 (水):デジタル教科書の基礎知識【第4回 「指導者用デジタル教科書」】
・12月16日 (木):教育ICT活用実践研究-関東・甲信越ブロック発表会 「横浜市立茅ヶ崎小学校」

今後の掲載予定
・12月17日 (金):研究授業公開 「相模原市立相原中学校」

皆さまからのご意見・情報提供および投稿をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

「世田谷ボロ市」に行ってきました!

10121542
毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。今年も今日から始まりました。430年以上にわたる歴史のある伝統の市で、東京都指定無形民俗文化財にも指定されているそうです。

10121520 10121522 10121537
駅の入り口も、ホームも、もちろん世田谷ボロ市会場となっている通りも、とにかく、人・人・人・・・です。

世田谷線は、今日は特別に6分間隔で運転されているそうです。
10121527_2 10121530それでも超満員です。2両編成ですが、運転席からモニタで両車両の出口が見えるようになっているのですね。
三軒茶屋から世田谷線に乗って世田谷駅で降りました。

10121535 10121536 10121533
「ボロ市」というだけあって、古着や布切れなども売られていました。
小物や陶器、ガラス工芸品などもありました。
「ボロ市まんじゅう」をおみやげに買いました。6個入り500円です。

------------------------------------------
世田谷ボロ市の名の由来より抜粋:
戦国時代に楽市として世田谷新宿に開かれた市は、徳川時代になって市町という名のもとに開かれていましたが、後に農家の作業者のつくろいや草鞋に編みこむボロが安く売られるようになって、いつとはなしにボロの名が生まれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

映画「武士の家計簿」見たよ!

友人の丸谷さんの映画評で、「最初に書いてしまうが、この映画はお薦め」と書かれた「武士の家計簿」を見てきました!
映画館は、いつもの港北ニュータウンのワーナー・マイカル。

見ての感想は、「よくできた映画だ!」の一言です。
主人公の下級武士、猪山直之(堺雅人)の妻(仲間由紀恵)が、新婚早々に「算盤(そろばん)こそが私の唯一の生きる術(すべ)です」という夫に対して、「(あなたの)‘生きる術(すべ)’の中に、私も加えてください」というセリフがとても印象的でした。

日本国の借金が累積して、財政の破綻が迫っているこの時期にタイムリーなテーマを取り上げたと思います。
「日本国(藩)の財政もそうだが、我が家(猪山家)の財政についても真剣に考えなければならない・・・。」と思いながら、見てしまいました。

私は37年くらい前にブラジルやアルゼンチンで、年率200%とか1000%というとてつもないインフレを体験しているのです。
日本でも(私の記憶ありませんが)終戦直後の経済状態は、さぞ過酷&異常だったに違いありません。団塊の世代が年金受給者になり、若年人口が減っているだけではなく就職できない若者も増えてきています。国の財政や経済が貧窮するのは目に見えています。

自分のことで考えてみると、今年の9月からはフルタイム勤務からパートタイムになって、収入は激減しているのです。
それでも、この11月は同窓会と食事会が7回、12月は忘年会と食事会が8回もあり、赤字であることはまちがいありません。同窓会・忘年会や食事会は意味のある(大切な)支出だと思うし、今年は特別だといえますが、「無駄な支出」に鈍感になっている昨今です。
たとえば、読まなくなった月刊誌の購読を止めるのを面倒に思っているし、母にプレゼントした「カンタン携帯」は今後も使われる様子はありません。年間契約なので、「次年度はキャンセルしなくては」と思います。
「入るを計って、出を制す」ですよネ。治世者も頑張って欲しいものです。

今は借金があるわけではありませんが、収入より支出が多い生活は早急に見直さなければならないでしょう。
さっそく、「私の家計簿」を付けようと思って、帰り道で金銭出納帳を買いました。coldsweats01
そして私はいつまで、「私の家計簿」がつけられるでしょうか?

ーーーーーー(追記)ーーーーーーーーー
現金出納帳を買って来たのですが、実はパソコンで(EXCELで)家計簿をつけることにしました。
映画「武士の家計簿」はそろばんの達人の話ですが、いざやろうとしてみると金額の集計や費目ごとの分類はパソコンの方が明らかに便利なんです。
無駄づかいをなくそうとして、さっそく無駄づかいをしてしまいました。
日々の細かい出金のメモは100均で買った120枚100円のポストイットに書いて、それをEXCELに転記する方法です。
昨日の出金は、映画代(シニア割引で1000円)と電車代とランチ代だけでした。
「私の家計簿」は、本当にいつ迄続けられるでしょうネ。「神のみぞ知る」ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

多摩動物公園、多摩センター、そして、たまプラーザのイルミネーション

10121141_2 10121156_2 10121168
今日は土曜日なので、多摩動物公園のサービス・ガイド(SG)に来ています。今日の担当は「ふれあい広場」、午前10:30~11:30と午後1:00~2:00に「ふれあい広場」でモルモットを抱っこできます。
1回に出すモルモットは約16匹~20匹。いつもは午後の方がお客さんが多いので、午後は20匹出します。
それを順番にひざの上でだっこするのですが、混雑していると時は‘砂時計’で3分経つと交代します。でも、今日は‘砂時計’を使うことはありませんでした。
入り口を入ってすぐのところに、ゾウとキリンのイルミネーションの準備が進んでいました。

10121177午後4時からは、サービス・ガイド(SG)土曜班の忘年会が、多摩動物公園の正門前のレストランでありました。
集まったのは16人。新人の3人は自己紹介。あとの人は「ボランティアを始めた理由」とか「仲間の話」とか「いろいろなエピソード」などを話しました。
一巡すると2時間半が経っていました。「みんないい仲間だな~!」というのが感想です。とても楽しいひと時でした。

帰りはいつものようにモノレール(多摩動物公園→新百合丘)、小田急線(→新百合丘)、小田急バス(→あざみ野)、東急(→たまプラーザ)と乗り継いで帰宅しました。
新百合丘では駅前のクリスマス・イルミネーションがとてもきれいでした。
10121195

さすがにサンリオのピューロランドのある街です。キティちゃんやシナモロールが目立っていました。
10121181 10121190 10121196






10121135 10121100_2たまプラーザでも、駅と駅前の東急デパートのイルミネーションが年末の雰囲気を醸し出していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

「特別展 ダ・ヴィンチ」と「司プロジェクトの忘年会」

①「特別展 ダ・ヴィンチ」
10120920 10120922今日は、毎年恒例の「司プロジェクトの忘年会」が「銀座 個室 四季野菜酒房ばんげや」であるのでその前に、すぐ近くの日比谷公園内に特設された「ダ・ヴィンチ ミュージアム」で開催されている「特別展 ダ・ヴィンチ」~モナ・リザ25の秘密~に来ています。「モナリザ」と「最後の晩餐」を中心に、ダ・ヴィンチに興味のある人にとってはとても中身の濃い展示会に仕上がっています。
(写真をクリックすると、大きく表示されます。)

②「司プロジェクトの忘年会」
10120931 10120933「銀座 個室 四季野菜酒房ばんげや」に10人がそろいました。司法書士専用機’FACOM司(つかさ)’を開発・販売・サポートしたメンバーが毎年集まります。
今年は高美さん、荒井さん、亀井 さん、北村さん、熊谷さん、栗林さん、田代さん、町田さん、そして三浦さん、そして私の10人が集いました。

昨年は12月10日、一昨年は12月4日、3年前は12月 6日4年前は12月7日にありました。私がこのプロジェクトにたずさわったのは、1980年からですから30年になるわけです。

幹事の高美さん&みなさん、楽しい時間をありがとうございました。またお会いしましょう!来年は、12月8日(木)の予定です。みなさま、またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

映画「悪人」見たよ!

10120807 10120808今日は、以前から見たかった「悪人」をニュー八王子シネマで見ました。
今まで、アクション映画か宮崎アニメしか見ていない私にとっては始めてのジャンルです。

友人(同窓で先輩)の丸谷嘉彦さんは映画評論もされているのですが、この前お会いした時に推薦する映画として「悪人」を挙げてくれました。
その後、この映画がモントリオール映画祭で最優秀女優賞を受賞したというのは知っていましたが、このたびは、日刊スポーツ映画大賞の作品賞・主演男優賞(妻夫木聡)・主演女優賞(深津絵里)の3部門を制覇とか。
また、先日発表された第35回報知映画賞でも作品賞、主演女優賞、助演男優賞の3部門で受賞を果たしていて、映画賞を総なめといった感じです。

深津絵里さんは気になる女優さんで、これはぜひ見なくてはと思い、上映スケジュールや映画館を調べましたがなかなか見つからず困っていたところ、また丸谷さんがニュー八王子シネマで明日までやっていることを教えてくれたのです。

見終わって・・・。アクション映画のような激しい興奮もなく、「ポカン」とした感じでした。

「この映画のメッセージは何だったんだろう」と帰りの電車のなかで考えましたが、何も思い浮かびません。
一つ、映画の中で出てきたフレーズが耳に残っていました。「あなたには‘大切な人’がいますか?」というセリフです。

もちろん私には‘大切な人’がいます。一番大切な人は妻ですが、親も兄弟(弟)も子ども達も、新しい家族となった孫も・・・。血のつながりはなくても、友人たち、同窓生や先輩・後輩、仕事の仲間や近所の人たち・・・。
思えばみんな‘大切な人’です。

そんな‘大切な人’達を大切にしなくては・・・。と、この映画を見て感じました。
また映画では、「‘お金持ち’だから、‘美人’だから素晴らしいのではない」と言っているように思いました。
一期一会ではないですが、この映画(「悪人」)を見て、「今、会っている人を大切にしたい」と私は感じました。
今はそれが、この映画の私へのメッセージだったように思います。

10120812映画の帰りに、たまプラーザ駅のフードコートの「くじら軒」で塩ラーメンを食べたのですが、食べ終えて食器を返すときに、いつもより大きな声で「ありがとうございました!!」と言いました。
「美味しいラーメンを作ってくれてありがとう」という感謝の気持ちです。映画「悪人」を見た影響かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

快晴の多摩動物公園:iPadでコアラの鳴き声を聞かせました!

10120456_2今日は土曜日なので多摩動物公園のガイド・ボランティアに来ています。
途中、モノレールから珍しく富士山が見えました!

10120490_2 10120400_2コアラ館の担当です。
「コアラはどんな声で鳴くのですか?」という質問があったので、持っていたiPadで「コアラ 鳴き声」でYou Tubeを検索すると、オーストラリアのコアラの鳴き声の動画が見つかりました。
ギャー・ギャーと高い声で鳴いていました。

10120443_3 10120424_4 10120428
お昼の休憩時間にアジア園を回ってみました。
動物では、レッサーパンダ(ダイズとアズキ)、オランウータンの親子、ユキヒョウの写真が撮れました。

10120401_2 10120468_2 10120472_2
植物では、ハナミズキ、キキョウ、紅葉などの写真が撮れました。
とても穏やかで気分のいい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

六義園の紅葉とライトアップ

TVのニュースで「六義園の紅葉とライトアップ」が紹介されていたので、本郷事務所に立ち寄ったついでに、久しぶりに行ってみました。

10120122_3 10120126_3駒込駅からすぐのところに六義園の染井門があります。通常は閉門なのですが、この時期は開いていました。
門を入ってすぐのところで、「ガイド・ボランティア」の方が旗を持っていらっしゃいました。丁度2時からスターするところでしたので、とりあえずついていくことにしました。

六義園は五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、元禄8年(1695年)に7年の歳月をかけて造り上げた「回遊式築山泉水庭園」とのことです。
六義とは、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来するそうです。
明治時代にり、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となった当園は、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになりました。

10120144_2 10120192_2 10120162

10120157_2

ライトアップは16:30からということで、一度門を出て再入場しました。
16:30だとまだ明るいと思っていましたが、12月ということで結構暗くなっていました。
ライトアップされた池と紅葉は、さっきとは違う庭のようです。

10120151_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公開初日の‘SPACE BATTLESHIP ヤマト’を見てきました!

10120119 10120117昨日、港北ニュータウンのワーナー・マイカルで、公開初日の‘SPACE BATTLESHIP ヤマト’を見てきました。
結構楽しめました。

私は理論物理学専攻だったので、宇宙船艦ヤマトのストーリーには昔からついていけないのです。とくに、‘ワープ’とか‘波動砲’とか‘放射線除去装置’にはどうしても・・・。

登場人物は、ほとんど‘SPACE BATTLESHIP ヤマト’の乗組員だけで、敵が見えません。何と戦っているのかが分からないというモドカシサがあります。

キムタクをはじめ多くの有名俳優を使い、多くの制作費を使っているのに、作品のメッセージが、「キムタクを使って実写版宇宙船艦ヤマトを作りました。見てください。」というだけになっているのが残念です。

TVで公開前日に、ある小学校で特別公開をして、サプライズゲストでキムタクが登場するというのを放映していましたが、あの子どもたちは何に感動していたのでしょう?
CGによる宇宙戦争場面の迫力でしょうか?
古代進の‘自己犠牲’でしょうか?
それとも、ラストシーンの‘感動’でしょうか?

お客さんは20人程度ととても少なかったです。平日だったこともあるかもしれません。

けっこう楽しめたのです。本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »