« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

「国語と情報教育を追及する冬季セミナー2011」に参加しました

11012914今日は、八丁堀駅近くの内田洋行CANVASで行われた「国語と情報教育を追及する冬季セミナー2011」に参加しました。
総括パネルディスカッション、ワークショップ、パネルディスカッションがありました。

11012973総括パネルディスカッション「国語科教育における各国のデジタル教科書事情」では、コーディネーターの中川一史先生(放送大学)がこのプロジェクトの歩みを紹介されました。
続いて、パネリストの黒川弘一氏(光村図書出版)が「韓国のデジタル教科書の状況」を、藤森裕治先生(信州大学)が「英国のデジタル教科書事情」を解説されました。
11012982

11012998
午後からのワークショップでは私はワークショップA:「デジタル教科書を活用した国語科の授業」に参加しました。
5つのグループに分かれて、それぞれ小学校1年~5年の国語のデジタル教科書を使った授業の指導案を作成し、実際に電子黒板とデジタル教科書を使った授業の進め方を各グループが発表します。
私のグループは、第2グループでCEC時代から活躍されている福岡の倉斗先生と愛知の丹羽先生がいらっしゃいました。お二人は「教育の情報化」に永くかかわっておられるベテランですが、今もさらにこのように研鑽をつまれている姿勢には頭が下がります。

グループごとの発表では、「デジタル教科書は使ったことがない」というお二人の先生が担当されました。説明は福島の猪狩先生がチャレンジされました。しっかりとした授業観をお持ちの先生です。操作は甲斐先生が担当されました。高校の先生だそうです。倉斗先生と丹羽先生のアドバイスもあり、見事な発表ができました。
場違いな存在の私は、ただ感動するばかりです。(^_^)

11012910実践パネルディスカッション 「大解剖!デジタル教科書活用」では、石川等先生(甲府市立大国小学校)がコーディネータを鈴木彰先生(横浜市立大網小学校)、前田康裕先生(熊本市教育センター)、森下耕治氏(光村図書出版)がパネリストを務められました。

最後に司会進行係の佐藤幸江先生から、この研究会は手作りの研究会であること、また、「教師の仕掛けで子どもたちの思考力が高まるのでお互いに切磋琢磨して頑張りましょう」とのまとめの言葉がありました。
参加してみて、草の根的な活動であるこのセミナーが「日本の教育の情報化の推進」に大きく役立っていることを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

「タッチおじさんロボット」開発者の同窓会(予告のページ)

この一つ前の記事に‘こうへい父’さんが、「タッチおじさんロボット開発者の同窓会を開きませんか?」とのコメントを寄せられました。そこで、この記事を書きました。

タッチおじさんロボット」で検索すると、パソコン生活応援部 タッチおじさんロボットというページが見つかります。写真付です。

当時のニュース記事は⇒こちらです。
「タッチおじさんロボット」発売 --マウスに合わせて動く、眠る・・・とあります。(1998年11月16日)

他に、4枚の写真付きのこんなページも・・・。

チャットにあわせて「タッチおじさんロボット」がおしゃべりでは、「富士通研究所は15日、チャットとマスコットロボットを連携するシステムを開発したと発表した。チャット内容にあわせて、相手のパソコンに接続されたロボットにおしゃべりをさせたり、身ぶりをさせることができる。」とあります。

ボクラのカケラ .85 "タッチおじさんロボット"では、「タッチおじさんロボット」の写真に加えて、その続編として作った「キティちゃんロボット」の写真も載っているので、必見です。

「キティちゃんロボット」はUSBインターフェースにもしたし、売れると思ったのですが・・・。
発案者の私は、関係者のみなさんに大変ご迷惑をおかけしました。
当時はパソコンとキティちゃんは、(まだ女性のパソコンユーザが少ない時代には)ミスマッチだったようです。時代が早すぎたのですね。

関係者のみなさん:もし見てくれたらコメントください!
(なお、私のメアドは、<関ドットこういち@ニフティドットコム>です。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

今日の担当は、「どんぐり広場のふれあいコーナー」

土曜日なので、多摩動物公園に来ています。
今月から学校勤務がまた週5日となったので、溝の口までの定期券を買っています。
最近は、たまプラーザ⇒(バス)⇒新百合ヶ丘⇒(小田急線)⇒多摩センター⇒(モノレール)⇒多摩動物公園 というルートで通っていたのですが定期券があると、たまプラーザ⇒(田園都市線:定期)⇒武蔵溝ノ口⇒(南武線)⇒分倍河原⇒(京王線)⇒高幡不動⇒多摩動物公園のルートの方が往復で460円も安いことがわかったのです。(^_^)

11012173 11012172 11012171
久しぶりにライオンやキリンやコアラの絵が書かれた電車に乗りました。

11012174 11012177 11012178今日も青空いっぱいの晴天でした。でも、池には大きな氷が張っていました。眠っているイノシシがいました。

11012179
そして、あちらを向いてオシリを並べているシカの群もいました。

11012193 11012198今日の担当は「どんぐり広場のふれあいコーナー」でした。午前は10:30~11:30、午後は13:00~14:00の2回、「どんぐり広場」でモルモットをだっこすることができます。
たくさんのおともだちが来てくれました。

11012184以前は、‘うさぎ’もだっこできたので、「ウサモル」コーナーと呼んでいましたが、最近はモルモットだけになっていました。
でも、「どんぐり広場」の前面のカゴの中にとてもかわいい2匹の‘うさぎのあかちゃん’がいました。もう少し大きくなったら、デビューするかもしれませんネ。

11012102 11012181 11012191お昼は、正門の前のレストラン‘ずーぷらざ’でカキフライ定食を食べました。
「どんぐり広場」を覗き込むヤギさん、向かい側にはオオムがいました。

いつものように、とてものどかな土曜日の多摩動物公園でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

21世紀にふさわしい学び:光村図書出版でJAPET第3プロジェクト会議

11011963 11011962今年から洗足学園の勤務がまた以前のように週5日(毎日)となり、午後はお休みをとりました。
サンマルクカフェで、目黒駅前の通りを眺めながらサンドイッチとコーヒーで遅めのランチです。

11011965今日は、光村図書出版で今年第1回目のJAPET第3プロジェクト(デジタル教科書と電子黒板の活用促進プロジェクト)の会議があり、参加しました。会議には各社から28名が参加しました。このプロジェクトは毎回大勢の参加があり、盛り上がっています。

今日の議題は、
1.学校教育の情報化に関する懇談会について
2.平成23年度当初予算案について
3.「でじたる教室日記」について
4.上記以外のプロジェクトの活動について、本年の協働企画について
です。
私はブログ「でじたる教室日記」の12月のアクセス数などの解析と今後の掲載予定記事について報告をしました。

前回に続いて森下さんから「韓国視察報告」があり、とても興味深かったです。特に「韓国のデジタル教科書の状況」については、今後の日本の針路にも大いに参考になる報告だと感じました。
また、「韓国では、e-textbook(電子教科書)とd-textbook(デジタル教科書)があり、e-textbookは教科書をPDF化しただけのもので、d-textbookは動画コンテンツ等も含まれるデジタルならではの特徴を生かした教科書」という解説を聞いて、‘なるほど!’と思いました。森下さん、ありがとうございました。

次の資料が配布されました。
・文部科学省の資料「教育の情報化ビジョン(骨子) ~21世紀にふさわしい学びと学校の創造を目指して~
<要約版「参考資料1 教育の情報化ビジョン(骨子)ポイント(PDF資料)」は⇒こちら
・CEC(コンピュータ教育開発センター)がまとめた「21世紀にふさわしい学校教育の実現に向けて ~児童生徒一人一台情報端末の時代を迎えるにあたって~
・文部科学省の予算関連資料

11011975今日は満月。
会議室の窓から真ん丸いお月様が覗いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

第19回「メディア教育研究会」:「子どもたちと共に創り上げる授業~中学年の映像と言葉~

110114541101143011011440_2横浜開港記念会館にて実施された第19回「メディア教育研究会」に参加しました。約60名が集いました。


11011432 11011433 11011434「今月の連載」では、千葉教生先生の「イメージマップの活用」と平野大二郎先生の「子どもがとらえる自然」の発表がありました。司会は北見俊則先生でした。

11011441_2 11011442「今月の特集」としては、佐藤幸江先生先生(横浜市立高田小学校主幹教諭)が、 「子どもたちと共に創り上げる授業~中学年の映像と言葉~」と題して、国語の物語的な教材を取り上げ、国語科が担う内容は「連続的テキスト」のみでなく、「非連続のテキスト」にまで拡張していく必要があるということ、そして子どもたちと共に創り上げていく授業づくりのおもしろさなどをお話されました。

「深めるタイム」では、4~6人のグループにわかれてそれぞれ自己紹介・感想・意見などを交わしました。私のグループでは、佐藤先生がいらっしゃる高田小学校の松井校長やJEIBAの大輪会長とご一緒させていただきました。
大輪会長は、「佐藤先生のお話にあった‘昔の学習指導要領の頃<昭和26年>’にはまさに小学生中学年(3・4年生)だったこと」「当時はTVもなくラジオが唯一の情報源だったこと」を話されたました。60年前と現在では、子どもたちを取り巻く‘メディア’の環境が大きく変わっていることをみんなで実感しました。

恒例の「中川先生タイム」では中川一史先生より、即製スライドによる総括コメントがありました。「挿絵(写真)の扱いの軽重」「学びの二層」「あなたはどれ?」「佐藤実践に学ぶ」「授業を分析するということ」です。
11011446 11011448 11011450 11011451

11011452 11011453そして、最後に藤岡完治さんの資料からの引用「授業デザイン6つの構成要素」では、「ねがい」が中心にあって、「目標」「学習者の実態」「教材の研究」「学習環境・条件」「教授方略」がバランスよく取り囲んでいるべきところを、最近は「教授方略」と「学習環境・条件」が大きくなってしまっている傾向があると警鐘を鳴らされていました。

中川先生は毎回、手品のように短時間でまとめのスライドを作成されます。
簡潔なまとめと適切な引用、そして提言・・・。これには毎回感動!させられます。


場所を湘南茅ヶ崎「道」日本大通り店に移して、懇親会が行われましたが残念ながら私は参加できませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

YouTubeに初めて動画をアップしました!(ゾウの丸太回し)

先ほど、YouTubeに初めて動画をアップしました!
1月8日のブログにもアップした「ゾウの丸太回し」です。
みなさん、見てくださいネ!!

ちなみに、
・タイトル:ゾウの丸太回し:多摩動物公園のアフリカゾウ
・URL:http://www.youtube.com/watch?v=tO2JEhWB0SA
です。

ゾウって、ひとりで(1匹で)遊ぶのですね!

意外と簡単にYouTubeにアップできました!(^_^)
------------------------------------
◆YouTubeに動画をアップする方法

まず、YouTube
http://www.youtube.com/
に接続して、
①サインアップ(会員登録)をします。
すると、
②アップロードができるようになります。

①You Tubeサインアップ(会員登録)の方法
http://youtube.kaigai-life.net/item_11_catid_11.html

②スタートガイド: アップロードの方法
http://www.google.com/support/youtube/bin/answer.py?hl=jp&answer=57924

以上です。
簡単でしょう。(^_^)

ただし、圧縮していない画像は約1GBありましたので、アップに約1時間かかりました。
この時間は環境によると思います。自宅は、無線LANです。

著作権・肖像権などに留意して、YouTubeを楽しみましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

多摩動物公園:ゾウの曲芸_丸太回し

今日の担当はアフリカゾウです。

11010887_2 11010895多摩動物公園のアフリカゾウ(チーキ)が曲芸を見せてくれました

大きな丸太をハナで回しました。 これは凄いです!!


11010899私は市販の「ぞうだぞー、おおきいぞー」とい紙芝居をしましたが、 先輩は自作の「マコとマオのお話」(実話)の紙芝居をしました。
とても上手です。


11010867_2 11010856_2 11010811_2 11010806_2

休み時間には、近くの「ライオン」「ピューマ」「キリン」「チンパンジー」などを見に行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

叔父さんの余暇の過ごし方:「囲碁とカラオケ、そしていろいろな仲間と話をすること」

お正月に、実家で叔父さん(母の弟)に会いました。
私よりほぼ一回り年上です。10年くらい一緒に住んでいたことがあるので、「お兄さん」と呼んでいました。いろんな面で尊敬しています。それで、定年退職後の余暇の過ごし方を聞いてみました。

「囲碁とカラオケ、そしていろいろな仲間と話をすること」ということでした。
私はよく、亡くなった父の囲碁の相手をしていました。叔父さんとも数えることができる程少ない回数ですが、相手をしてもらったことがあります。
その他には、近所のちょっと年上の人とお休みの日に囲碁を楽しむことがあります。その他の人とは囲碁を打った記憶がありません。
(そうそう、最近はiPadが先生であり、対戦相手です。お陰でちょっと強くなった気がしています。)

11010541今日は思い切って近所の碁会所に行ってみました。20人くらいの人が楽しんでいました。
まず最初に、「腕前は?」と聞かれましたが、まったく素人で検討もつきません。適当に「3級か4級くらいだと思います」と答えました。
最初に師範代みたいな人と対局しました。もちろん「井目(9目置いて)」での対戦です。途中まで打って、ほぼ私の実力が分かったようです。‘2級くらい’との判定でしたが、とりあえず‘3級’ということで対局させてもらうことになりました。

次も、有段者(5段?)だったので、8目置いて対戦しました。1勝1敗でした。
その次は1級の人で、2目置いて対戦しました。2勝0敗でした。
緊張が続いて少し疲れたので、今日は3勝1敗で終えることにしました。

明日は、カラオケに挑戦してみようと考えています。
(お正月休みも、あと1日となりました。明後日から3月までは、また学校の仕事で忙しい日々が続きそうです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

朝靄の関が原

11010333

4泊5日の帰郷でしたが、神戸から横浜に向かっています。
関が原付近は朝靄がかかっていました。

「次に帰るまで大丈夫だろうか?」と、神戸に一人おいてきた年老いた母が気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

初詣:六甲八幡神社と屋根の上のハト

神戸に来ています。

11010221 11010223去年のお正月と同じように、弟の家族4人と近くの六甲八幡神社に初詣に行きました。
晴天で暖かですです。

ふと見上げると、社の屋根の上のハトが目を瞑って黙想しているような表情が微笑ましかったです。
私は、穏やかな一年となることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »