« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

野毛山動物園に行ってきました&「リアル熟議よこはま」参加

土曜日は、多摩動物公園でボランティア・ガイドをしていますが、今日は1時から横浜・石川町の‘かながわ労働プラザ’で「リアル熟議よこはま」があるので参加することにしました。
たまプラーザから電車に乗り、途中の桜木町で下車して大好きな‘みなと未来’を散歩するつもりでしたが、駅で‘野毛山動物園’のポスターを見て急遽予定を変更しました。
以前から行ってみたかった‘野毛山動物園’に行ってみることにしたのです。

11022628_2 11022629_2桜木町駅から坂道を少し登って行きました。
途中案内板もあり、迷うことなく‘野毛山動物園’に到着しました。
正門を入ると、すぐに植木で作られた動物が迎えてくれました。

11022633 11022640 11022650 11022665
レッサーパンダ、カメ、ダチョウ、ペンギンなどを見ました。

11022659 11022663 11022662 11022634
日本最高齢のフタコブラクダとして「功労動物賞」を受賞した‘ツガル’さんもいました。
大きな池もあり、緑も豊かです。ちょっと先にはみなと未来のランドマークタワーが見えます。

動物園に行くと私はつい、いつも土曜日にボランティアで行っている東京都の多摩動物公園と比較してしまいます。多摩動物園の方が広くて、動物がゆったり・のんびりと暮らしているところがいいと思います。
逆に野毛山道動物園は狭いです。(ほとんどの動物園はこんな感じです。)
でも子ども連れの親御さんにとっては歩き疲れなくていいかもしれません。

11022676 11022680 11022671 11022674
そして、ふれあい広場は多摩動物公園よりも広くて、‘モルモットのだっこ’もゆったりと子どものペースでできる感じです。たくさんのネズミもいました。ヘビも触らせてもらえました。

帰りは、出口を出たところで丁度バスが来たので、桜木町駅まで乗りました。
来るときも乗ればよかったと思いましたが、バスは30分に1本程度なので、今日は幸運だったのだと思います。

----------------------
桜木町から地下鉄に乗り、関内で降りて石川町の‘かながわ労働プラザ’まで歩きました。
今日の主目的である「リアル熟議よこはま」のレポートはこれから書きます。

11022605約100人が参加し、13の班に分かれてリアル熟議をし、発表しました。
我々の班は佐藤幸江先生がファシリテーター役となり、みんなで発表資料をまとめました。

そして、最後は寺脇研氏がこうまとめられました。「熟議をして、話をするだけではなく、決意をして実行することに意味がある。」と。

「今日集まった100人が熟議をして、その結果導き出されたそれぞれの思い(決意)を、明日から100人が実行していくことによって世の中が変わるのだ!」というのが熟議のすごいところなんだと思います。

(追記:ブログ「でじたる教室日記」「リアル熟議よこはま」参加報告をアップしました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

スポット・ガイドの研修:ガイドの目的は来園者の興味を動物に向けること

今日の午前中には、我々多摩動物公園SG土曜斑スポットガイドの研修がありました。
場所はコアラ館前。講師はベテランの草野解説員です。

11021974

1.ガイドの目的
草野さんによると、「ガイドの目的は来園者の興味を動物に向けることで、動物のことを‘教える’ことではありません!」
むしろ、「教えてはいけません!」とのことです。
「気づいてもらうこと。納得してもらうこと」が大切だと教えていただきました。

2.ガイドの方法
(1)最初に・・ 声かけ
 【考えること】お客さんを動物へ誘う効果的な声かけとは?
(2)つぎに・・ テーブル(標本やパネル)の説明
 【考えること】お客さんを誘うグッズとは?それで何を伝えるのか?どこにつなげるのか?
(3)そして・・・ 看板の利用
 【考えること】看板をどのように活用すると、効果的か?何が説明できるのか?

3.「引き出しをいっぱい作っておく
引き出しが多いほど、ガイドのスキルが高い
----------------------------------------------

11021991_2 11021993_2
お昼は、コアラ館近くのレストランで、中華丼を食べました。

午後は、それぞれのスポットに移動して、通常のスポット・ガイドを行いました。

11021997 11021973私は、その場に残って、「コアラ館」を担当しました。
草野さんの「ガイドの目的は来園者の興味を動物に向けること」「気づいてもらうこと。納得してもらうことが大切」という言葉を思い出しながら、ガイドをしました。
目からウロコが取れたというのでしょうか?いつもと違った思いで、スポット・ガイドができたと思います。草野さんの指導を受けて、少し進歩したような気がしました。(草野さん、ありがとうございました。)

11021980 11021983 11021907

少し園内を回って、「限りなく干しクサを食べているサイ」「いつもは園内を自由に歩き回っているのに、今日は小屋の近くの木の枝にとまっていたクジャク」、そして、「なぜか、一本足で立っている2羽の鳥」を見ました。(画像をクリックすると大きくなります。)

今日の研修を受けて、ガイドをするのも、動物を眺めるのも少し見方が変わったように思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

雪のあとは、白梅が咲いていました!

雪が解けた後に、団地の窓から見えた‘梅の花’。
慌てて写真を撮ったら、手振れしていたようです。(:^_^:)

11021836_2 11021842_2

仕事から帰って、いざ写真を撮ろうと思ったら、すでに暗闇の世界でした。
仕方なくフラッシュをたいて撮ってみました。
すると、暗黒をバックにちょっといい白梅が撮れました。(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

JAPET第3プロジェクトの会議:フューチャースクールの視察報告など

11021627今日は、JAPET(日本教育工学振興会)のある三会堂ビルの会議室で、JAPET第3プロジェクト(デジタル教科書と電子黒板の活用促進プロジェクト)の会議があり、参加しました。
会議には各社から26名が参加しました。

今日の議題は、
1.学校教育の情報化に関する懇談会について
2.平成23年度当初予算案について
3.フューチャースクールの視察報告
4.「でじたる教室日記」について
5.その他、今後の活動について
です。

私は担当しているブログ「でじたる教室日記」の1月のアクセス数などの解析と、2月の今までの掲載記事の実績等について報告をしました。
・2月16日 (水) 本紹介:「熟議」で日本の教育を変える(鈴木寛著)
・2月10日 (木) 赤堀侃司先生へのインタビュー
・2月 7日 (月) 甲斐市立双葉東小学校の公開授業
・2月 3日 (木) 本紹介:電子黒板・デジタル教材活用事例集(赤堀侃司編集)
・2月 1日 (火) 「国語と情報教育を追究する冬季セミナー2011」参加報告

また、会議で次の資料が配布されました。
平成23年度教育関係地方財政処置予定の状況について
日本教育工学会:2010年度 産学協同セミナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

今年初めての積雪の日:朝早くから雪掻きをしてくださる人々がいる

11021518_2 11021520_2 11021524_2団地の各棟の周り、公園への通り道、駅への通勤・通学路。朝早くから雪掻きをしてくださる人々がいる。
感謝!!

11021522雪にも負けず咲く、ピンクのバラの花を見つけました。

雪掻きをしてくださった人々にささげます。
ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

新幹線の車窓から「富士山の冬景色」

11021304

神戸から横浜に向かっています。

今日は、新幹線のE席(山側の窓側)だったので、富士山のいい写真が撮れました。
ここ数日の雪で、富士山はすっかり白くなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

iPadがあれば、どこでもカラオケルーム

11021193 110211973連休なので、神戸に帰っています。
洗濯したり、掃除をしたり、ご飯を作ったりしています。
今日も私の手料理はカレーライスです。

11021196 11021109iPadがあれば、どこでもカラオケルームになります。
戦前、よく歌謡曲を歌っていたという母のリクエストに応えて、「国境の町(東海林太郎)」、「旅の夜風(霧島昇)」、「啼くな小鳩よ(岡晴夫)」、「この世の花(島倉千代子)」、「旅姿三人姿(ディック・ミネ)」などの曲をiPadで動画再生(YouTube)しました。

母はとても懐かしそうに歌っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

珍しい!オランウータンの冬のスカイウォーク!!

11020538 11020541 11020537 11020542
土曜日なので多摩動物公園のボランティアに来ています。
今日も前回に続いて、多摩動物公園行きの電車は、車体も車内も動物達のイラストとポスターでいっぱいです!

11020574きょうのトピックスはなんといても、「オランウータンのスカイウォーク」です。
多摩動物公園のオランウータンのスカイウォークは、冬場はお休みですが、今日は好天にめぐまれ、例外的にスカイウォークがありました!
ラッキー!!

母親のオランウータンがこどもを連れて、スカイウォークを始めました。こどもの方が先に進みます。でも母親はこどものオランウータンを、しっかり見守ったり、やり方を教えたりしています。

途中で、下からそれを見ていた人から「どこまで行っちゃうんだろう!」という声が上がりました。

YouTubeに動画をアップしました。
「どこまで行っちゃうんだろう」「降り方を教える母親オランウータン」 です。(クリックして見てください!)

なお、多摩動物公園のオランウータンの「スカイウォーク」は2006年5月から始まったそうです。
オランウータン舎から高さ18m、9基のタワーにかかったロープをたどって飛び地放飼場までの約150mを移動します。それは凄いです!
それに、こどもに愛情と忍耐でノウハウと勇気を身を持って教える母親オランウータンの姿にはとても感動させられます!
そのことを地上で見ている人間の母親が我が子にいろいろと解説している姿もほほえましいものです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

赤堀侃司先生へのインタビュー:初台の教育テスト研究センターを訪ねました

11020125 11020128今日は午後に休暇を取って、赤堀侃司先生(白鴎大学教育学部長、財団法人コンピュータ教育開発センター理事長)にインタビューするために、初台の東京オペラタワーにある教育テスト研究センターを訪ねました。

11020131赤堀先生はいつもにこやかな優しい方です。
私がCEC(財団法人コンピュータ教育開発センター)に勤務していたときにいろいろな委員会の委員長をお願いし、たいへんお世話になりました。

11013020_2最近、「電子黒板・デジタル教材活用事例集」(赤堀侃司編集、教育開発研究所刊)を出版をされました。
先生は、この本の中で「現在の教師の指導力を、分かる授業づくりから、子どもたち自身が学び創る授業に変える必要がある。それは、デジタル教材や電子黒板やデジタル教科書を使えば、さらに効果的に実現することができる」と書かれています。目次と執筆者の一覧は⇒こちら

11020135残念ながら今日は上手く写真には写せませんでしたが、窓からは正面に富士山が見える絶好の場所です。インタビューの合間に、昔話や孫のお話で大いに楽しいひと時を過ごしました。

「この本の出版の背景と目的」やCECでまとめられた「21世紀にふさわしい学校教育の実現に向けて(提言書)」を、そして3月に開催される「CECの成果発表会(平成22年度「教育の情報化」推進フォーラム)の見どころ」についてお聞きしました。


このインタビューと本紹介は、私が編集長しているブログ「でじたる教室日記」に掲載される予定です。(インタビュー記事へのリンク本紹介記事へのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »