« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

「スタジオジブリ物語」と「大震災」

東日本大震災の被害を受けて、多くの人たちが困難に立ち向っています。
そして、福島第一原発の復旧の遅れは、人々に大きな不安の陰を落としています。

私も年度末作業と計画停電対応などで多忙な日々を送っていますが、家に帰ってくつろいでいる時間は、録画していた3月21日放送の「スタジオジブリ物語」を繰り返し見ています。
ナレーターの渡辺謙が最後にこういう言葉で締めくくりました。
「そのひと筋の希望を信じて、明日を見つめていきましょう!」と。

------------
私が「ジブリ」と出会ったきっかけは・・・。
長男が高校生の頃だったでしょうか?彼が「アニメージュ」という雑誌を読んでいるのを見て、その時は少しあきれたのですが・・・。
その後、私も宮崎駿のファンになってしまったのです。

映画館で、TV放送で、レンタルビデオで宮崎作品を見るようになりました。
そして、紙粘土でトトロセット(トトロ、中トトロ、小トトロ、メイ、サツキ、ネコバス、マックロクロスケ)を数え切れないくらい作って、子どもたちや職場のお友達に配ったりしました。

Photo_2昨年7月には「プリザーブドフラワー」の作品展で大塚理恵さんが私が作ったトトロたちの紙粘土を使った作品を作って展示してくれました。



◆スタジオジブリ物語(NTV:3月21日放送)
◇キーワード:
「思いを貫く!」「森の発見」「雑誌・アニメージュ」「何も持っていない少年が、少女をひたすら守り抜く物語」「空を飛ぶことへの憧れ」
◇作品:
「パンダコパンダ」「アルプスの少女ハイジ」「トトロ」「風の谷のナウシカ」「天空のラピュタ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「天空の城 ラピュタ」「千と千尋の神隠し」等
◇言葉:
「この人のためなら、何でもやってあげたいと思える人との出会い」
「パクさんにプロデューサーになってもらう(「風の谷のナウシカ」映画化の条件)」
「トトロは、日本の風土そのもの(何もしない)」
「‘こうあって欲しい’ではなく‘こうなんだよなあ’という女の子を描いた(千と千尋の神隠し)」
「答えの出ない問題を、答えのでないまま映画にした(もののけ姫)」
「ファンタジーを作るということは、普段開けることのないない自分の脳みそを開けるということだ」
そして、
「開発。実は破壊 人間は地球の加害者だ! 責めるわけにはいかない。僕らは加担したわけだから・・・。」

ーーーーーーーーー
随想:
「今、何が起きているのか?」:少し前の情報ですが、そして少し長いですが、日曜日にじっくり聞いて一番納得できました。
対応策をきめ細かく示しているところがさすがですね。
地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後(大前研一ライブ579)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

春を待つ‘モクレンのつぼみ’と店員さんの‘笑顔’

11031998_2 11031903_2 11031904_2

年度末の業務と、計画停電対応と、痛勤・・・。
やっとお休みの日になりました。
団地の三角公園には、「春を待つモクレンのつぼみ」と「ピンクと赤の椿の花」が咲いていました。早く暖かい春が来て欲しいです。

11031905朝少し早く起きてコンビニで200ml入りの小さな牛乳パックを買いました。
勇気を振り絞って、店員さんに「3つ買ってもいいですか?」と聞きました。店員さんは、「いいですよ!」と笑顔で答えてくれました。
午後には孫に届けたいと思います。

モクレンのつぼみ、店員さんの笑顔、そして孫の元気な歌声。
私は今、幸せです。

(地震被災地のみなさん、頑張ってください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

今大切なことは・・・

今大切なことは、「私はこう考える」という意見ではなく、「私がまわりの人たちのために何ができるかを考えて、それを行動に移すこと」だと気づきました。

家族のために。友人のために。人々のために。
そしてそれは、今だけではなく常にそうなんだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
あるメーリングリストに
<<ちょっといい話の続きになればいいのですが。地震翌日の土曜夜と、日曜夜と続けて、東京FMがアンパンマンのテーマを流していました。
被災経験のある方から、「子供たちの元気が出るようにアニメソングを」というリクエストだったと思います。>>
という書き込みがありました。

...私も、とても共感します。

ご参考:YouTubeのアンパンマンのテーマ(フルバージョン)は
http://www.youtube.com/watch?v=BUGh-7Y5kZA
です。(再生回数は、現在:8,934,899 回)

Anpanmanこの写真の‘やなしたかし’さんの色紙はご本人から直接、所属部署宛にいただいたものですが、退職時に後輩からプレゼントされました。
私の宝物です。

サインをいただいた当時(1989年~1992年頃)、アンパンマンのキャラクターを使った幼児向け教育ソフトの開発を手がけていました。

子どもたちとみなさんが、元気でいられますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

「第17回マイタウンマップ・コンクール表彰式」:日本の地域を活性化させるために!

11030559_4本日(3月4日)、「第17回マイタウンマップ・コンクール表彰式」がお台場近くの国際交流会館で開催されました。
とてもよいお天気で、ユリカモメの「船の科学館」駅から富士山がきれいに見えていました。

11030562_3 Dscf6252_3以前、マイタウン・マイスター推薦委員などをしていた関係でしょうか、事務局から来賓としての招待状が届いていましたので、参加しました。
国際交流会館の横には、団体で参加したグループがあるのでしょう。バスが横付けされていました。

冒頭、マイタウンマップ・コンクールの坂元昂実行委員会委員長より、「みんなで、日本を、日本の地域を活性化させるために頑張っていきましょう」とのお言葉がありました。

Dscf6187_2そして、村上雅弘審査委員長からは、「マイタウンマップ・コンクールには、楽しい感動や学びがある。見栄えや出来栄えを審査しているのではない。思い・誇り・感動を審査しているのです。」とのお話がありました。

表彰された19作品を順に、写真と共に紹介していきます。
(写真はクリックすると大きく表示されます。)

Dscf6192 Dscf6196 Dscf6198
◇実行委員会特別賞 Asakawaデジタルカルタ
 石川県 金沢市立東浅川小学校 4年生
◇わかば賞 島根でHAPPY!
 島根県 出雲市立神西小学校 平成22年度6年生
◇共同通信社賞 つくば市環境IEC運動Vol.2
 茨城県 つくば市教育委員会

Dscf6199 Dscf6201 Dscf6204
◇時事通信社賞 タイムトラベル小松島
 徳島県 小松島市南小松島小学校 2010年度4年生
◇産経新聞社賞 地域に学び 自分を磨き 社会に尽くし 未来を拓く一年次
 愛知県 小牧市立桃陵中学校1年生
◇日本ユネスコ協会連盟賞 日米 ECO TALK (身近な環境を考える)
 大阪府 羽衣学園高等学校 米国ニュージャージー州 メモリアルミドルスクール

Dscf6208
◇M・A・P 賞(メディア・アンド・ピープル賞) 造 ~意外とすごいぞ関の工業~
 岐阜県 関市立桜ヶ丘中学校 パソコン部

Dscf6211 Dscf6212 Dscf6214
◇上月スポーツ・教育財団賞 地域の歴史「語り人」プロジェクト
 兵庫県 たつの市立小宅小学校 6年生
◇日本科学未来館館長賞 ふるさと学・吉野熊野学
 奈良県 十津川地域中高一貫教育総合ワーキンググループ
◇NHK賞 ししまいのひみつ
 徳島県 東みよし町 足代小学校 平成22年度4年生

Dscf6215 Dscf6218 Dscf6219
◇環境大臣賞 まぼろしのカレー☆すごろく新聞
 北海道 訓子府町立居武士小学校 オロムシチャレンジキッズ
◇国土交通大臣賞 益田がますます気になりマウス2010
 島根県 益田市立吉田小学校 平成22年度6年生
◇経済産業大臣賞 こべっこマップ
 兵庫県 神戸市立神港高等学校(情報処理科)と神戸市の小学校

Dscf6225_2 Dscf6231_3 Dscf6233_3
◇農林水産大臣賞 川辺51ニュースの発信 ~お米作りから広がる世界~
 長野県 上田市立川辺小学校 5年1組
◇厚生労働大臣賞 大垣ユニバーサルデザインマップ
 岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 マルチメディア部
◇文部科学大臣賞 学校教育部門 帰ってきた!笊川クリーン大作戦
 宮城県 仙台市立大野田小学校 6年生

Dscf6240 Dscf6242_2 Dscf6246_5
◇文部科学大臣賞 生涯教育部門 福岡県遠賀郡岡垣町TOWN MAP
 福岡県 福岡女学院大学人文学部現代文化学科 岡垣町活性化プロジェクト
◇外務大臣賞 日本と韓国の教育の未来を考える
 静岡県 《対話・대화》する日韓Educatorの会
◇総務大臣賞 Let's 円joy(えんジョイ)! ~“円頓寺に恋しよう” 名チャリ社会実験とコラボした地域活性化活動~
 愛知県 愛知商業高等学校 商業研究グループ

最後に閉会の辞で赤堀CEC理事長から、「来年度より、新たな出発をさせていただきたい。」との話がありました。運営の方法等が大きく変わるようです。

山本さん、そして木ノ内さん、このような素晴らしいプロジェクトに関わらせてくれてありがとうございました。新たな出発が、さらに素敵なプロジェクトの始まりとなりますように祈っています。
---------------------------------------------
◇参考URL:第17回:入賞作品一覧

◇過去の関連記事:
第13回マイタウンマップ・コンクールの表彰式:「うちのお父さん、お母さんたちはすごいということがわかった」

今日はマイタウンマップ・コンクールのマイスター推薦委員会に参加しました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

CEC成果発表会・平成22年度「教育の情報化」推進フォーラムと第17回マイタウンマップ・コンクール

11030551

お台場近くの国際交流会館で、CEC成果発表会 平成22年度「教育の情報化」推進フォーラムと第17回マイタウンマップ・コンクールが実施されました。

11030557新橋から‘ゆりかもめ’に乗って、「船の科学館」で降りて徒歩3分です。
今日はいいお天気で、「船の科学館」駅から富士山がきれいに見えました。
「江戸時代にはお江戸日本橋から富士山が見えた!」というのも大いに納得できる晴天でした。

CECの「教育の情報化」推進フォーラムについてはテーマ:「すべての先生・子どもにICT活用力を!
ー学校に21世紀にふさわしいICT環境を整えようー というテーマで昨日から実施されています。

11030527_2 11030525_2

(追記2:このイベントの、パネルディスカッション「デジタル教科書の行方」を、JAPET第3プロジェクトのブログ「でじたる教室日記」にアップしました。)

------------------------------------------------------------------
(追記1:「第17回マイタウンマップ・コンクール表彰式」については、このブログ「そよ風」の次の記事:「第17回マイタウンマップ・コンクール表彰式」:日本の地域を活性化させるために!として掲載しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »