« 今朝の散歩 | トップページ | 魔法の美術館 ひかりの玉手箱に来ています(*^_^*) »

2014年12月16日 (火)

「子は親の鏡」

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもは不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

copyright@1972,Dorothy Law Nolte,Ph,D.
訳:石井千春
-----------------

私のブログ「そよ風」から引用2005年10月11日 (火)の記事です(*^^*)

http://seki-kouichi.cocolog-nifty.com/soyokaze/2005/10/post_a296.html

|

« 今朝の散歩 | トップページ | 魔法の美術館 ひかりの玉手箱に来ています(*^_^*) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子は親の鏡」:

« 今朝の散歩 | トップページ | 魔法の美術館 ひかりの玉手箱に来ています(*^_^*) »