« 今朝の散歩は、まんが寺、武蔵中原・・・ | トップページ | 今日の午後の予定(*^_^*) »

2015年1月29日 (木)

囲碁十けつ

1.貪れば勝つを得ず
よくばってはいけません。おたがいのバランスを見ながら打ち進めるのがよい。


2.界に入ればよろしく緩なるべし
相手の力の強いところでは、まず自分が攻められないように、十分考えて打つ。


3.彼を攻むるには我を顧みよ
攻めては一本調子にならないよう、無理な深追いはしないよう心がける。


4.子を棄てて先を争え
石を捨てる場合は、ただ見殺しにするのではなく、先手が取れるように捨てる。


5.小を棄てて大に就け
大局的に価値の高いところを先にうてばよく、細かいところにこだわららない。


6.危うきに逢えばすべからく棄つべし
味方の石が危なくなったら、がんばらないで小さい所を捨てて軽く打てばよい。


7.つつしみて軽速なるなかれ
ゆっくり打てということではなく、一手一手を慎重に考えて打ち進める。


8.動けばすべからく相おおずべし
相手の動きをかんたんに考えてはいけない。動いた石の意味を正しく判断する。


9.彼強ければ自ら保て
相手の勢力の強いところでは、あまり無理をしてはいけないということ。


10.勢孤なれば和を取れ
石の強弱のバランスを大切にして、戦う場所の形勢を正しく読んで打とう。

|

« 今朝の散歩は、まんが寺、武蔵中原・・・ | トップページ | 今日の午後の予定(*^_^*) »

コメント

お早うございます!

 私も今年から囲碁を始めることにしました。
 まだ本やパソコンで楽しんでいるレベルで実際の対局を
したことはありませんが、近い将来の認知機能低下を予防
するための手段として選びました。

 上記の「囲碁十けつ」はかなり上手な方に対する言葉だ
と思います。その段階になるまでには相当の経験が必要だ
と感じています。

投稿: PANDORA | 2015年1月30日 (金) 09時27分

PANDORAさん:コメント、ありがとうございます(*^_^*)
まず、① 貧すれば勝を得ず 「欲張ってはいけません お互いのバランスを見ながら打ちすすめるのがよい」
から始めましょう(*^_^*)

投稿: | 2015年1月31日 (土) 07時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁十けつ:

« 今朝の散歩は、まんが寺、武蔵中原・・・ | トップページ | 今日の午後の予定(*^_^*) »