« タブレットPC告知活動:東京都教育庁&国士舘大学訪問 | トップページ | 【イベントのお知らせ】「Innovative Teachers Day 2006」 »

2006年9月11日 (月)

タブレットPCで使う「書字練習プログラム」が日本LD学会の最優秀賞に!

兵庫教育大学の成田滋教授から、メールとブログへのコメントでお知らせいただきました。
----------------------------------
タブレットPCで使う「書字練習プログラム」日本LD学会より最優秀賞に入賞したとの連絡がありました。
北海道で10月7日(土) 12時30分 より開催される学会総会で表彰されることになりました。
Zu01Zu02Zu03この教材は、フロスティクという研究者の書字の基本に添って作られ、ひらかなと小学1年生の漢字全てを学べるようになっています。
(写真は左から、「児童のログオン画面」「漢字の練習画面」「迷路画面の練習画面」です。いずれも成田教授の了解を得て掲載しています。)

この教材は以下よりダウンロードできます。
また、普通のPCでもお使いいただけます。
http://www.shok.co.jp/cechomepage/
----------------------------------
※LDとは:LEARNING DISABILITIESの略で「学習障害」の意味。

|

« タブレットPC告知活動:東京都教育庁&国士舘大学訪問 | トップページ | 【イベントのお知らせ】「Innovative Teachers Day 2006」 »

コメント

去る10月6日〜8間で札幌市で開かれた日本LD学会で表彰を受けてきました。タブレットPCを使った書字練習用の教材が最優秀作品として認められました。
タブレットPCを子どもに活用する利点は、紙の上での学習と同じ感覚でできることでしょう。この学習は、直接操作とか、"Direct Manupulation"というヒューマンインターフェイスの考え方にそっています。
タブレットPCは、機器う道具に備えておくべき、人間にとって楽に使えること、使い方を考えないで直感的に使い方がわかる、というデザインの基本機能を備えています。

投稿: 成田滋 | 2006年10月15日 (日) 09時38分

成田先生:
関です。
日本LD学会のご報告、ありがとうございました。
そして、最優秀賞の受賞、本当におめでとうございました。

皆様方の、今後のますますのご活躍を大いに期待しています。

投稿: 関 幸一 | 2006年10月15日 (日) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレットPCで使う「書字練習プログラム」が日本LD学会の最優秀賞に!:

« タブレットPC告知活動:東京都教育庁&国士舘大学訪問 | トップページ | 【イベントのお知らせ】「Innovative Teachers Day 2006」 »