« 本紹介:「iPadで教育が変わる」を書きました | トップページ | 日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは? »

2010年11月26日 (金)

今年度の文部科学省の補正予算:英語をはじめとした先導的デジタル教材の研究開発

本日(11月26日)平成22年度の補正予算(経済対策:5.1兆円)が国会で承認されましたが、文部科学省の補正予算案は、文部科学省のホームページ:平成22年度補正予算(第1 号)案の概要に掲載されています。

1.雇用・人材育成
2.新成長戦略の推進・加速
3.育て、医療・介護・福祉等の強化による安心の確保
4.地域活性化、社会資本整備、中小企業対策等
文部科学省関係 計 1,867 億円です。

その中で「教育の情報化」関連として注目されるのは、「新成長戦略の推進・加速」の
--------------------------
○英語をはじめとした先導的デジタル教材の研究開発 2億円
21世紀を生きる子どもたちに求められる力をはぐくむ教育を実現するため、デジタル教材の活用を促進する先導的な研究開発を行う(外国語、国語、算数)
--------------------------
です。

|

« 本紹介:「iPadで教育が変わる」を書きました | トップページ | 日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年度の文部科学省の補正予算:英語をはじめとした先導的デジタル教材の研究開発:

« 本紹介:「iPadで教育が変わる」を書きました | トップページ | 日本情報科教育学会 3周年記念フォーラム:「情報科」教育の質保証・質の向上のためにやるべきことは? »